5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マターリモララーと虐殺モララーの戦争 4th

1 : ◆LOfHzYl1Iw :2006/03/19(日) 22:01:05 ID:XaVIBNSz
            : : : : : : :::: :: : ::: ::::... :: . ,: : :.. , : :, ,,,, : . :. . .. :. : .: :: . : . ... :... :.:: .: :::: .:::. .:.:
  マターリモララー    ;: ; :,. ::; ,. :; :.,: ;:, -、::. .:. :._::. .:.: .: . ... ::. :::: . :. :.: : ... :.:: .: :::: .:::. .:.:
        と     ::. :.:: .:. . . ... : ._ノ   `-‐'  ヽ、_,._, -' ...:::;;;::.. :.:: .: :::: .:::. .:.:
     虐殺モララー  : .. .:: .: .:: :. (,_,           ..,,::::;;:;;:::.. :.:: .: :::: .:::. .:.:
::::;;:..,,       の   ::. . .. : : :. . ... .. `-、_,、_..,__, -、,...;;:: '':::::.. :.:: .: :::: .:::. .:.:
:: :;: ..,,...       戦争 ::;; :::; : ; :. :..   : .: . : :: .: : :.:: :. :: . : : :.:;  .. :.:: .: :::: .:::. .:.:
::::;: .: .:. :... :. . .... ..: .... .:: :::. ... ..:: .... .: : :: : : :::: .: .: :.: :::. :.:.. :.:: .: :::: .:::. .:.:.. :.:: .: :::: .:::. .:.:
 :: :::: ::: ; : ::::::: , : :: ::: :: . :.:::. ' '     基本ルール
: .: . ,,,,,,,,,, , , , :: .: : :.:::      @ 気が付いたらsageる
. . : : . ,''', ',,,    : :::        A ageられても、わめいたり、暴れたりしない
:: ::::...' `,' ',,,,,:: :: ::: ::        .B 荒らさない 荒れてもスルーの方向で
::: ::::... :: . ,:: ::: ::::... :: . ,:       C 作者もギャラリーもプギャも殺伐と仲良くする
; :,. ::; ,. :; :.; :,. ::; ,. : : :: : : :::: .: .: :.: :::. :.:.. :.:: .:: : :: : : :::: .: .: :.: :::. :.:.. :.:: .:: : :: : : :::: .: .: :.: :::. :.:
              ' :: .: :.: ::前スレ ttp://aa5.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1138883570/
               .,. :.:.. :.:: .:: : :: : :::. :.:.. :.:: .:: : :: : : :::: .: .: :.: :::. :.. :.:.. :.:: .:: : :: : :::. :.:..:.

       ∧_∧.                    /
      ( ・∀・)              . /  |
      / ,   l,,._.,,.. -、_,..          '―-|-
   -‐"(__/、二()()            .     |

2 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 22:03:00 ID:XaVIBNSz
                                 ("⌒゙~⌒゙⌒)
   ("⌒~⌒゙⌒)                          ゙ー'ー'ーー"
    ゙ー"ーー''"                                      ("⌒゙~⌒゙⌒)
                 ("⌒゙~⌒゙⌒)          ⌒⌒           ゙ー'ー'ーー"
                   ゙ー'ー'ーー"                   ⌒⌒

                  保管庫 ( 闇の森保管庫 様 &  AA保管庫 様 )
                         ttp://wald.xrea.jp/matagyaku/
                  _/ヽ      ttp://homupi.jp/next/121389.html 
                <,, ・∀).
                 /   |     物語の詳細は
            ¬_と_/( ⌒ヽヽ     ttp://www.geocities.jp/nazonoshisya/page015.html
           〃-------_-゜  し' '           ( 「Curtain call」 白銀の白騎士 氏に感謝! )
,(.)二二二二二二二二二)。| .||   | )|   
      ¬ ¬__|______||___|-----、___    臨時板 (議論 雑談など 強制にあらず)
 ___| ||=◎ 十__|Ξ|_   ≡ ≡≡===__ |_     ttp://jbbs.livedoor.jp/computer/25981/
∠___/_()__()/__/_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__|
 V===\      ̄V=Ξヽ√ヽ √ヽ √ヽ √ヽ √ヽ )
  V===\______V===ヽ() | | ()| | ()| | ()| |()|7
,,, ,, ,,V===ヽ____V===ヽ λヽ λ ヽ λヽ λヽ 7,,, , ,, ,, ,,,,,,,  ,,, ,, ,, ,,, ,,, , , ,, ,, ,,, ,, ,,, ,,,  ,,,, ,,,, ,, ,,, ,,,
     ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ,,..              ,,,,          ,,,, 
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,

3 :1/3:2006/03/19(日) 22:03:30 ID:XaVIBNSz
登場きゃらショーカイ

  ∧_,,,,     = モラーリ ・ モラール =
 ( ・∀・)       バトルスタイル ・・・ 銃技
⊂    つ         主人公の一人
  )  ) )          第1師団第2大隊 - 1中隊所属
 (_)_)          突っ込み役

   ∧∧     = ギッコハニャドゥース ・ ハニャール ( ギコス ) =
  (д゚,, )        バトルスタイル ・・・ 銃技
  ⊂ †.|)           モラーリの友人 ヒロユキ教徒
 〜|  |            第1師団第2大隊 - 1中隊所属
   し`J            天然ボケ

             = フィフサ ・ マドゥギーコ =
 ∧,,∧            バトルスタイル ・・・ 抜刀術
ミ,,・∀・,ミ              モラーリの友人
ミ つ=|========ヽ         第1師団第2大隊 - 1中隊所属
'∪'''∪                ボケ 兼 突っ込み


4 :2/3:2006/03/19(日) 22:04:00 ID:XaVIBNSz
   ∧∧     = アヒャリーナ ・ レイン =
  (*゚∀゚)        バトルスタイル ・・・ 体術 & 投擲 & 魔法
  (__∞_)        突っ込みと思いきや、たまに天然ボケ

  Л_Л    = エクモナス ・ ハトーシェン =
  ( ´∀`)       バトルスタイル ・・・ 基礎格闘術 & 薬術
  (  G )       個性丸潰れの突っ込み、たまにボケる

  ∧ ∧ ∧   = ライタマ(☆)&レフタマ(★) ・ サイターマ=
 ( ゚∀゚)∀゚)      バトルスタイル ・・・ 基礎格闘術 & 精霊術
 (  ☆ )★ )      見た目は明らかにボケだが実はかなり常識的

  円_円    = マルガーニ ・ マーニッシュ =
  \ ・∀・\       バトルスタイル ・・・ 狙撃
  (  $  )       かなり影が薄い突っ込み

  п_п    = カークス ・ モーライト =
  ( ・∀・)       バトルスタイル ・・・ 両手盾格闘術
  (    )       振り回され役

   .,---、    = ヒキール ・ ウツリウス =
  (-_-)        バトルスタイル ・・・ アヒャリーナのサポート
  (   )        ぼそっと突っ込み

5 :3/3:2006/03/19(日) 22:04:30 ID:XaVIBNSz
     こっから先は「 あ、こんなキャラいるんだ 」程度でOK

   ∧∧    = タッカーラ ・ ギコーン =
  (^дメ)        バトルスタイル ・・・ 策術
  (|  |)        その他大勢@ でも元帥

  ∧,,,,,,∧    = アーサー ・ ヒーレクト =
 (-@∀@)       バトルスタイル ・・・ 策術
 (    )       その他大勢A でも中将

 新キャラ
 その1(大勢B) その2(大勢C)
     _ _        __
    i † i_)       (   @)
   (   )      爪    ミ

6 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 22:05:00 ID:XaVIBNSz
  あらすじ的なあれ

    モラ ・ フェイトの防衛戦でDDD連隊にぼろ負けして
    ナカヨシティまで撤退してきたモラーリ達 第1師団第2大隊は
    事後処理やら再編成やらのせいで一般兵はすることがナッシング
    その休みにも似た間、
      モラーリ & フィフサ & エクモナス はフィフサの道場へ
      ギコスは教会へ   サイターマ兄弟は特別施設へ
      マルガーニは実家へ
    とりあえずは暇な間身を置く場所へ移動する
    第7話はこっから

7 :1/121:2006/03/19(日) 22:05:30 ID:XaVIBNSz
  第7話 『 Respectively 』

========================= Morara's War ============================

              擬古杉 鷹山 の言葉より抜粋

    「 成せば成る 成さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 成さぬなりけり 」

====================== Mata-ri VS Genocide =========================

8 :2/121:2006/03/19(日) 22:06:00 ID:XaVIBNSz
  ── 中心都市 ナカヨシティ マドゥギーコ流剣術道場 ──

___________|`:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:::;´|_______________________
///////////||ニニニニニニニニニ.||/////////////////////////////////////////////
~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.|i|_______|i|~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~.゚.~~
            |i|li|            |i|
            |i|li|     ___    |i|
            |i|li|    ( ゚)   ..|i|         ,、,、.,、
            |i|li|    (  )    |i|        (コ` ) )
__ ,、,、__________|i|/    uu    |i|_______(  ) )_________________
  ( ,,゚)                          uu uu       ,、,、
  (  )                                  ミフ'ミ
   uu                                   ミ,,,,ミ

     =======================================================

                  マドゥギーコ流剣術道場

            大戦終了後にいちはやく開かれた剣術道場
        通常の剣道はもちろん、ブーストを使用した特殊な訓練や
      超実戦形式の訓練など、幅広い「 剣 」を教えていることで有名
        門下生もそれなりに居てここから軍に行く者も少なくはない

     =======================================================

9 :3/121:2006/03/19(日) 22:06:30 ID:XaVIBNSz
┌                         __/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__
│ こっちでちこっちでち 〜〜〜   @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
└────v─────────┘                           l」/
─┼─┼─╂─┼─┼─ │ ねぇ、勝手に入っちゃったりして大丈夫なの? ╂
─┼─┼─╂─┼─┼─ └───────v────────────┘
─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  | │@ 居合い切り.   | ..|  |┠─┼─┼─╂
─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  | │A 白羽.∧_,,,,    | ....| Л_Лヒロイナァ …
━┷━ . ∧,,∧ . ┷━┷━┫|  | |B 筋 .(・∀・;,)  | ....|(,;´∀`)...━┷━╋
///// (ヽ,,・∀・,ミ /////// ┃|  | └─── (    つ ┘ ..|( G  )///////┃/
━━━.ミ    ミ...━━━━┛|_|_____  Y 人....___| Y 人 ━━━━┻
二二二.'∪'''∪.二二二二二二二二二二二二  (_)__) .二二  (_)__) .二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,. __o__     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
    /=ニ=ヽ                   ,..,       (´;; ⌒ `)   ,,..

10 :4/121:2006/03/19(日) 22:07:00 ID:XaVIBNSz
.┌─[ フィフサ ]──                           __/__/__/__/__/__
.│ ここは一応ボクの家でちよ?大丈夫に決まってるでち。  ==@==@==@==@==
.│ とりあえずお師匠さまに会いに行くでち 〜〜〜        ...」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/
.└y───────────────────────┘ ..|┠─┼─┼─╂
─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  | ┌─[ 奥義 ]────┐ ..|  |┠─┼─┼─╂
─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  | │@ 居合い切り.   | ..|  |┠─┼─┼─╂
. . Л_Л─╂─┼─┼─┨|  | │A 白羽取り.      | ....|  |┠─┼─┼─╂
. (´∀` ) . ╋━┷━┷━┫|  | |B 筋肉バスター  | ....|  |┣━┷━┷━╋
/( G  ) /┃//////////┃|  | └────────.┘ ..|  |┃//////////┃/
━.Y 人 .━┻━━━━━┛|_|____________|_|┗━━━━━┻
  (_)__).二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,. __o__     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
    /=ニ=ヽ                   ,..,       (´;; ⌒ `)   ,,..

11 :5/121:2006/03/19(日) 22:10:00 ID:XaVIBNSz
.   ┌
_/__ │ ─── この時間ならお師匠さまはここに居るはずでち。   . __/__/__/__
@==...└──v──────────────────────┘ ==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」 │ ここは ─── ? ...」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─ .└───v─────┘─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼ ,,,,_∧ Л_Л... ─╂─┼─┼─┨|  |
━┷━┷ .∧,,∧ . ━┷━╋━ .(・   ,).(`   ,) ━╋━┷━┷━┫|  |
////////.ミ ,,,・∀ミ //////┃///.(    )(    ) ///┃//////////┃|  |
━━━━.ミ  ∪ミ...━━━┻━...| | | | | | .━┻━━━━━┛|_|___
二二二二.'∪'''∪.二二二二二二 .(__)___).(__)___) .二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
┌────^─────────────────────┐ .──────
│ ブースト使用の乱取り用訓練場でち、一番広い部屋でちよ。 . ::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
└.                                       ::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,

12 :6/121:2006/03/19(日) 22:10:30 ID:XaVIBNSz
    ┌
_/__ . │ とりあえず中に入るでちー。   __/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__
@==@..└──v──────────┘ ==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/.│ あっ!ちょっと ───   '' l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/
─= ‐                ┠  └───v───────┘ ....┼─┼─┨|  |
─┨              .‐ =─┠─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┨            ┠─┠─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┨     .∧,,∧      ┠─┠─┼.,,,,_∧  Л_Л... .─╂─┼─┼─┨|  |
━┫  .(ヽミ    ミ/)   ┣━┣━ ..(・;  ,,).(`;  ,,) ━╋━┷━┷━┫|  |
//┃  ..`ミ    ミ'    .┃//┃///.(    ).(    ).///┃//////////┃|  |
━┛   ...'∪'''∪'     ┗━┗━ ..| | | | | | . ━┻━━━━━┛|_|_
二二二二二二二二二二二二二二 . .(__)___).(__)___) 二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,

13 :7/121:2006/03/19(日) 22:11:00 ID:XaVIBNSz
  ── 大道場 ──

                               \WWWWWWWWWWWWWWWWW/
_______ ,___________...≫                   ≪
lill ;; ;i;l; ; i;lil ;i: i llill |i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ≫  でぇぇぇええぇぇいぃ!!
lill llii;; li;: lli; ;;ii;;l ;i ; li     成せば成る 成さ .≫                   ≪
li ii li;;lil; ll;; lil lil lili  |i___________ /MMMMMMMMMMMMMMMMM、
|_||_||_||_||_||_||_||_|_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_
┳━┯━┯━┳┏━┯━┯━┓             ┏━┯━┯━┓┳━┯━┯
╂─┼─┼─╂┠─┼─┼─┨             ┠─┼─┼─┨╂─┼─┼
╂─┼─┼─╂┠─┼─┼─┨             ┠─┼─┼─┨╂─┼─┼
╂─┼─┼─╂┠─┼─┼─ ∧_,,,,____Л.       ┠─┼─┼─┨╂─┼─┼
╂─┼─┼─╂┠─┼─┼─ ( ・∀・;)∀`)     ┠─┼─┼─┨╂─┼─┼
╋━┷━┷━╋┣━┷━┷━と    )と. )  ∧,,∧ ━┷━┷━┫╋━┷━┷
.\WWWWWWWWWWWWWWWW/.| | Y   ミ,,・∀・,,ミ.../////////┃┃////////
.≫                    ≪.人___)__)  ミ   ミ.━━━━━┛┻━━━━
.≫  せいやぁぁあぁぁっ!!  ≪           .∪''∪
.≫                  ≪
./MMMMMMMMMMMMMMMM\     ┌──^────────────┐
                              │ お、やってるでち やってるでち〜
                              └

14 :8/121:2006/03/19(日) 22:11:31 ID:XaVIBNSz
                  _    _ ヾヾ
                  //  .| |         ゞ   /|
                 //    | |         _   //
                 //    |_|         ゝ_/
                                     _
                                 'ノ 从_乂 ̄,、
            __/_                   /、::''゙    //
            //              从  )ッ       //
           .//     .∧_ハ  て‘:`i i  ./l/::....//:..
           //    (^ヽ;・д)^) ).・ ゝ..(д` ,,)' ,)゛::_:..
          `´      ヽ.    Y ./⌒ ´、..(`:..._, ヽ´:..:..:...
                   〉 , - )       (  、 .::_..:..:.-.....
                  (,_,/ し'           ` ー'ヾ,_,.::_..:..:.-...
                            /|
                      \_WW/ |WWWWWWWWWWWWW/
                      ≫                   ≪
                      ≫    でやぁぁあぁ!!!   ≪
                      ≫                   ≪
                      /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\

15 :9/121:2006/03/19(日) 22:12:01 ID:XaVIBNSz
_______ ,____________________, _____
lill ;; ;i;l; ; i;lil ;i: i llill |i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i| l ;; ;i;l; ; i;lil ;i::il
lill llii;; li;: lli; ;;ii;;l ;i ; li     成らぬは人の成さぬなりけり       .il lill llii;; li;: lli; ;i
li ii li;;lil; ll;; lil lil lili  |i____________________i| li ii li;;lil; ll;; lilil
|_||_||.\WWWWWWWWWWWWWWWWW/_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_
... ̄..≫                   ≪ . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽli iil;;/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ...≫  一本! そこまで!!!  ≪                 |l;;ilil|
  ...≫                   ≪             |;li;:li|
  .../MMMMMMMMMMMMMMMMM、\               |lilil;;|
         |l;;ilil|                         |l;;ilil|
         |;li;:li|                         |lilil;;|
    ∧_∧ .|lili∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧∧  ∧_∧
  ∧_∧. ((( )))д.∧.∧.・∀・ ) ( ´∀` ∧_∧  ∧.∧   /´。 `ーァ  ∧__∧
 ( ´д` ) ( ´∀` ) .( ゚д゚ )   ∧__∧   .( ・∀・ ) (*゚ー゚ )  {  々 ゚ l  (゜∀゜;
 (つ  と)( (    .)__.( _∞_ )`)( ( ・∀・ )`)( (    )__(   ,)`)(.| っ●o |___(
 (__`)(´__) (__`)(´__) (_`)(´_)  (    )   (__`)(´__) .(_`)(´_)  (__`)(´__) (__`)(´__

16 :10/121:2006/03/19(日) 22:12:31 ID:XaVIBNSz
__________________________________
ill llii;; li;: lli; ;;ii;;l ;i ;ill l;lil; ll;; lil; ll;; lii;;;lil; ll;; lil; ;lil; ll;; lil; ll;; : l i; l;; lii;;l;; lii;;;lil; ll;; lil; ;l;lil; ll;; lil; ;l
;l ili ii li;;lil; ll;; lii li;;lil; ll;; ;lil; ll;; lil; ll;; lil; ll;; ;lil; ll;; lil; ll;; ;l;; lii;;;lil; ll;; lil; ;llil; ll;; lil; ll;; l;; lii;;;lil; ll;; lil
li ii li;;lil;li ii li;;lil; ll;; li ll;; li li ii.;;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\WWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
|_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|/            ≫                      ≪
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.il;i;l|l;|     =l二二.≫  次!モナイオン!イチリアス! ≪
              |iii;;ll|;;|       | ┌...≫                      ≪
              |;li;iil|i;|       | │.../MM /MMMMMMMMMMMMMMMM\
              |lli;ii;|;;|       | │地│ |..|/     |;;|lli;ii;|
              |;li;iil|:l|       | └─┘ | .       |:l|;li;iil|
              |lil;;ii|l:|     =l二二二二l=.      |l:|lli;ii;|
.   \WWWWWWWWWWW/ ___ . ____...____|;;|iii;;ll|
_ .≫             ≪     .(  @  )        .ヽ|;li;iil|________
.   ≫   はい!!!   ≪     リ ・Д・ ミ          ̄
.   ≫             ≪     .ミ,,,∞,,,ミ
.   /MMMMMMMMMMM、\       ..∪''∪

17 :11/121:2006/03/19(日) 22:13:01 ID:XaVIBNSz
                       \WWWWWWWWWWWWWW/
                       ≫                ≪
        / ̄ ̄  ̄ヽ        ≫   始めぇい!!!   ≪
       /        ヽ       ≫                ≪
       |二ニ二ニニ@ニ|       ノ/MMMMMMMMMMMMM、\
        | | |  ●.┌┐ミ       ´
       ノノ |     ノ___|.ミ
         ´'''',-:.  ..彳,,,,,,,.,,..,,,
         ミ      ミ,,..,,.,,,.,, ヾ     =================================
         ミ  ミ,,、、,, ミ
         ミ,,  ,,,,、ゞ ミ               ファーサ ・ マドゥギーコ
         イ´´   ミ
          ミ   ミ ミ            フィフサの高祖父    年齢不詳
            ミ  ミ.  ミ             マドゥギーコ流剣道場 師範代
            ミ,,  ミミ  ミ
            `´ `´           =================================

18 :12/121:2006/03/19(日) 22:13:31 ID:XaVIBNSz
_______ ,____________________, _____
lill ;; ;i;l; ; i;lil ;i: i llill |i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i| l ;; ;i;l; ; i;lil ;i::il
lill llii;; li;: lli; ;;ii;;l ;i ; li     成せば成る 成さねば成らぬ        il lill llii;; li;: lli; ;i
li ii li;;lil; ll;; lil lil lili  |i____________________i| li ii li;;lil; ll;; lilil
|_||_||_||_||_||_||_||_|_||_||_||_||_||_||_|┌                                 ||_||_
┳━┯━┯━┳┏━┯━┯│ あちゃー、まだ始まったばっかりみたいでち。 .┯
╂─┼─┼─╂┠─┼─┼└────────v───────────┘
╂─┼─┼─╂┠─┼─┼─┨             ┠─┼─┼─┨╂─┼─┼
╂─┼─┼─╂┠─┼─┼─ ∧_,,,,   Л_Л.. ┠─┼─┼─┨╂─┼─┼
╂─┼─┼─╂┠─┼─┼─ ( ・∀・) ( ´д` ) .┠─┼─┼─┨╂─┼─┼
╋━┷━┷━╋┣━┷━┷━ (    ) ( G.∧,,∧ ━┷━┷━┫╋━┷━┷
┃//////////┃┃////////// | | |  |  ミ・∀・;ミ..../////////┃┃////////
┻━━━━━┻┗━━━━━.(___人___) (_ ミ   ミ.━━━━━┛┻━━━━
                                ∪''∪
       ┌───────────────^─────┐
       │ ちょっとだけ時間もらえればと思ったんでちが、
       │ この様子だともうちょっと待ってなきゃ ───
     \_爪・∀・ミWWWWWWWWWWWWWWWWW/
     ≫                         ≪
     ≫  おぉぉ!?フィフサではないか!!  ≪
     ≫                         ≪
     /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM、\


19 :13/121:2006/03/19(日) 22:14:01 ID:XaVIBNSz
  ┌
  │ 戻ってきたのなら戻って来たで
  │ はようワシを呼ばんかい!
  └──────v────────┘
                   │ いや ・・・・・・ お師匠 ・・・・・・
                   │ 乱取り指導中じゃなかったんでちか?
                   └───────v─────────┘
                                コノシーンノハイケイガオモイツカナカッタ …
                                     ハ_,,,,,    Л_Л
         ズザーーー                ハ,,∧    (・∀・;,)  (´∀`;,)
           __               ミ∀-;,ミ   (    )  ( G  )
          ,,,,(   @)               ミ  ∪ミ   | | |   .| | |
≡≡;;;⌒`)≡と´,, 'つ,,・∀ミ               ∪'∪   (___(___.).   (_(__)


20 :14/121:2006/03/19(日) 22:14:31 ID:XaVIBNSz
  ┌
  │ ふぉっふぉっふぉ、指導は一通り気楽にやらせてからでも
  │ 十分じゃよ。それに可愛い玄孫が戻ってきたのに
  │ 時間を取れんわけがなかろうが。
  └─────v────────────────────┘
              │ ・・・ ちょっと適当すぎじゃないでちか?
              └──────v───────────┘

         ___                             ハ_,,,,    Л_Л
        (   @ )           ハ,,∧            (・∀・;,)  (´∀` )
        爪・∀・,ミ         ミ∀・;,ミ          (    )  ( G  )
        ミ∪ ∪ミ         と,   ミ         | | |   .| | |
         '∪'''∪           ∪''∪         (___(___.).   (_(__)


21 :15/121:2006/03/19(日) 22:15:01 ID:XaVIBNSz
  ┌
  │ ─── まぁお師匠の手抜きを追求しててもしかたないでち。
  │ とりあえず紹介を ─── ってどうしたんでちモラーリ?
  └───────────v───────────────┘

                                        ?
         ___                        ハ_,,,,    Л_Л
        (   @ )      ∧,,ハ            ( ∀  )  (∀`  ,)
        爪・∀・,ミ    ミ ・∀ミ          (    )  ( G  )
        ミ∪ ∪ミ     ミ   ミ         | | |   .| | |
         '∪'''∪      ∪''∪         (___(____).   (_(__)


22 :16/121:2006/03/19(日) 22:15:31 ID:XaVIBNSz
                     ┌        ヤシャゴ
                     │ や ・・・・・・ 玄孫ぉ!?
                     └───────v───┘
            │ そうでちよ?             ヤシャゴガナンナノカワカッテナイ
            └───v───┘                ↓  ?
         ___                        ハ_,,,,    .Л_Л  ?
        (   @ )      ∧,,ハ            (д・; ,)   (∀`  ,)
        爪・∀・,ミ    ミ ・∀ミ          と    つ  ( G  )
        ミ ,,,∞,,ミ      .ミ   ミ         ./ / /    | | |
         '∪'''∪      ∪''∪         (___ノヽ__).   (_(__)

          =============================================
                たぶん知らない人が多い豆知識@

           玄孫【ヤシャゴ】 ・・・ 曾孫の子、孫の孫、子の曾孫
            ちなみに
             高祖父【コウソフ】 ・・・ ひいひいおじいさん
          =============================================


23 :17/121:2006/03/19(日) 22:16:01 ID:XaVIBNSz
   ┌
   │ まぁとりあえず紹介でち。ボクのお師匠さまで
   │ ひいひいおじいちゃんのファーサじいちゃんでち。
   └───────────v──────────┘
                      │ 一体おいくつなんですか?
                      └───────v─────┘
                                   ヒイヒイryデヨウヤクキヅク
                                        ↓
         ___                        ハ_,,,,    .Л_Лて
        (   @ )      ハ,,∧            (∀・; ,)   (д`  ,) そ
        爪^∀^,ミ    ミ∀・ ミ           しし  )  .( G  )
        ミ ,,,∞,,ミ      .と   ミ           < <  く    | | |
         '∪'''∪      ∪''∪          (__(_.).  (_(__)

 ┌─────^────────────────────┐
 │ ふぉっふぉっふぉ、高祖父というのはやはり珍しいかの?
 │ 年齢なんてとうの昔に数えるのをやめたわい。
 └

24 :18/121:2006/03/19(日) 22:16:31 ID:XaVIBNSz
           ┌
           │ それでこっちが ───
.\WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
≫                               ≪
.≫      一本! そこまでぇい!!!       ≪
≫  次!ギコリエン!チービス!始めぇい!!! ≪
≫                              ≪
/MMMMMMMM /MMMMMMMMMMMMMMMMMM\
          |/
         ___                    ∧_,,,, て.  Л_Л て
        (   @ )      ハ,,∧              (・д・ ) そ .(´д` ) そ
        爪,゚д゚,ミ     ミ・∀・,,ミ         (    )    ( G  .)
        ミ ,,,∞,,ミ      .と   つ             .| | |     .| | |
         '∪'''∪      ∪''∪           (_(__)    (_(__)

       \WWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
       ≫                     ≪
       ≫   はい!お願いします!!   ≪
       ≫                     ≪
       /MMMMMMMMMMMMMMMMMMM、\


25 :19/121:2006/03/19(日) 22:17:35 ID:XaVIBNSz







         ___                    ∧_,,,,     Л_Л
        (   @ )      ハ,,∧              (・∀・;,)   (´∀`;,)
        爪・∀・,ミ    ミ・∀・,,ミ         (    )    ( G  .)
        ミ ,,,∞,,ミ      .ミ   つ             .| | |     .| | |
         '∪'''∪      ∪''∪           (_(__)    (_(__)

26 :20/121:2006/03/19(日) 22:18:05 ID:XaVIBNSz
      ┌
      │ それでこっちがボクの友だちの
      │ モラーリ ・ モラールとエクモナス ・ ハトーシェンでち。
      └────────v──────────────┘
   │ ほう、戦友かえ。
   └────v───┘

         ___                    ∧_,,,,     Л_Л
        (   @ )      ハ,,∧              ( ∀ ;,)   ( ∀ ;,)
        爪・∀・,ミ    ミ・∀・,,ミ         (    )    ( G  .)
        ミ ,,,∞,,ミ      .ミ   つ             .| | |     .| | |
         '∪'''∪      ∪''∪           (_(__)    (_(__)

               \lil lili li li li li liilil ili l ilil li liiiilil ili lili iiilil iliil li liil ililili li li/
               ≫                               ≪
               ≫        見事流した ── !?         ≪
               ≫  そしてしっかり乱取り続いてた ─── !?   ≪
               ≫                              ≪
               /il il ilil ilil ilili l ili liliil il il il il iliil il il iillil ilil lil lilil il il il iliil\


27 :21/121:2006/03/19(日) 22:18:37 ID:XaVIBNSz


         ┌
         │ ─── ふむ ───
         └─────v─────┘

                     ___        ∧_,,,,     Л_Л
         ∧,,ハ       (   @ )         .(・∀・;,)   (´∀`;,)
        ミ,,・∀・ミ     .爪・∀・,ミ        .(    )    ( G  .)
        ミ   ミ    .ミ    ミ       .| | |     .| | |
         ∪''∪     .(/'''∪          (_(__)    (_(__)

28 :22/121:2006/03/19(日) 22:19:38 ID:XaVIBNSz
┌                               ___
│ モラーリ君 ─── でよいかな?       \   , `‐‐‐‐,,,,,,、
└───────v───────┘     ヽ /     ヾ;;;;;ゝ
                              |        ̄|
          ___                   | ト-イ ●  ,  .|
        /     ヽ               ヽ丶/   ( ) /
       /         ヽ                ゝ..   -‐'、
         |, 二ニ二ニ@ニヽ              /       ヽ
       |/|    ● ト-イ ミ             / i     l  |
       ノノ |.      丶' ミ             /  l     l  |
          ´'''',-:.  ..彳           ┌────^───────┐
          ミ     .ミ,           │ え?あ、はい。
          ミ  ミ,,、、,, ミ、         │ ─── なんでしょうか?
          ミ,,  ,,,,、ゞ;          └

29 :23/121:2006/03/19(日) 22:20:09 ID:XaVIBNSz
       ┌
       │ ─── その左耳は戦争でなくしたのかね?
       └────────v───────────┘
               │ いえ、生まれつきですよ。親の話だと
               │ 祖父も片耳だったようなので隔世遺伝かと。
               └─────────v──────────┘

                       ___        ∧_,,,,      Л_Л
         ∧,,ハ         (   @ )      .(・∀・;,)   (´∀` )
        ミ,,・∀・ミ       .爪・∀・,ミ     .(    )    ( G  .)
        ミ   ミ      .ミ    ミ     .| | |     .| | |
         ∪''∪       .∪'''∪     (_(__)    (_(__)

          =============================================
                 知らなくても問題はない豆知識A

            隔世遺伝【カクセイイデン】
               世代をへだてて遺伝すること。
               親 ・ 祖父母はハゲてないのに曽祖父母が
               ハゲてたせいで自分もハゲになるとか。
          =============================================


30 :24/121:2006/03/19(日) 22:20:40 ID:XaVIBNSz
     ┌
     │ ─── 祖父が?失礼じゃが名前を教えてくれんかの?
     └──────────v──────────────┘
               │ え〜っとたしか ─── ソタロモラです。
               │ 母方のなので姓は違いますが。
               │ ・・・・・・ それがどうかしましたか?
               └─────────v────────┘

                       ___        ∧_,,,,      Л_Л
         ∧,,ハ         (   @ )      .(・∀・ )   (´∀` )
        ミ,,・∀・ミ       .爪・∀・,ミ     .(    )    ( G  .)
        ミ   ミ      .ミ    ミ     .| | |     .| | |
         ∪''∪       .∪'''∪     (_(__)    (_(__)


31 :25/121:2006/03/19(日) 22:21:11 ID:XaVIBNSz
       ┌
       │ そうか ─── いや、大分昔のことじゃがな、
       │ 知り合いに同じように片耳の男が居てな ・・・・・・
       │ 恐ろしく強かったんじゃが ───
       └────────v─────────────┘


                       ___        ∧_,,,,      Л_Л
         ∧,,ハ         (   @ )      .(・∀・ )   (´∀` )
        ミ,,・∀・ミ       .爪‐∀‐,ミ     .(    )    ( G  .)
        ミ   ミ      .ミ    ミ     .| | |     .| | |
         ∪''∪       .∪'''∪     (_(__)    (_(__)

32 :26/121:2006/03/19(日) 22:21:42 ID:XaVIBNSz
.     \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
     ≫                               ≪
.     ≫      一本! そこまでぇい!!!       ≪
     ≫  次!モラガスタ!シィスル!始めぇい!!! ≪
     ≫                              ≪
     /MMMMMMMMMMMMM /MMMMMMMMMMMMM\
                     |/

                   クワッ
                       ___       ∧_,,,,      Л_Л
         ∧,,ハ         (   @ )      (・∀・ )   (´∀` )
        ミ,,・∀・ミ       .爪゚д゚,ミ     .(    )    ( G  )
        ミ   ミ      .ミ    ミ     | | |     .| | |
         ∪''∪       .∪'''∪       (_(__)    (_(__)

            \WWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
            ≫                     ≪
            ≫   はい!お願いします!!   ≪
            ≫                     ≪
            /MMMMMMMMMMMMMMMMMMM、\


33 :27/121:2006/03/19(日) 22:22:13 ID:XaVIBNSz



       慣れてる     仕掛け人          一貫して呆けてた
         ↓          ↓                 ↓
                       ___       ∧_,,,,      Л_Л
         ∧,,ハ         (   @ )      (・∀・ )   (´∀` )
        ミ,,・∀・ミ       .爪゚д゚,ミ     .(    )    ( G  )
        ミ   ミ      .ミ    ミ     | | |     .| | |
         ∪''∪       .∪'''∪       (_(__)    (_(__)

                              ↑
                      道場のほうを向いているので
                         来るのが分かった

34 :28/121:2006/03/19(日) 22:22:44 ID:XaVIBNSz
          \WWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
          ≫                      ≪
          ≫      イチリアス!!!      ≪
          ≫                      ≪
          /MMMMMMMM /MMMMMMMMMM\
                    |/
     流石にびっくりした       予期せぬ事にびっくりした
          ↓                  ↓
                       ___       ∧_,,,, て   Л_Л
         ∧,,ハ   て    (   @ )     (・∀・;,) そ (´∀` )
        ミ;・∀・ミ  そ   .爪゚д゚,ミ     (    )    ( G  )
        ミ   ミ      .ミ    ミ     | | |     .| | |
         ∪''∪       .∪'''∪       (_(__)    (_(__)
                    ↑                 ↑
            先ほど反応が無かったので      一貫して呆けてる
              半ば意地が入ってる

35 :29/121:2006/03/19(日) 22:23:15 ID:XaVIBNSz

│ はい、なんでしょうか?師範代。
└──v────────────┘
          │ うむ、御客人たちを奥の客室までお連れしてくれんかね?
          │ ここでいつまでも待たせとくわけにもいかんしのぅ。
          └────────v─────────────────┘

  ((( )))                __                    ∧_,,,,   Л_Л
  ( ´∀`)               ( @   )         ハ,,∧  (・∀・ ) .(´∀` )
  (    )                リ・∀・,,ミ        ミ・∀・,,ミ .(    ) .( G  )
  人 Y                ミ    ミ       ミ   ミ  | | |  | | |
 (_(_)                    ∪'''∪        ∪''∪  .(_(__) .(_(__)

 ┌─^─────┐
 │ 分かりました。


36 :30/121:2006/03/19(日) 22:23:46 ID:XaVIBNSz
_/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__
@==@==@==@==@==@==@==@=.┌               ==@==@==@==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l.│ どうぞ、こちらですよ。../'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'| l」/''
─┨             ┠─  └───v──────┘ .─┼─┼─┨|  |
─┨ _Л.           ┠─┠─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┨ ´∀`)          ┠─┠─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┨  G ) .∧_,,,,  ┠─┠─┼  ((( ))) ┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
━┫人 Y  ( ・∀・). ┣━┣━┷  (´∀` ) ┷━┷━╋━┷━┷━┫|  |
//┃__(_)  (    ) . ┃//┃/////.と    ) ////////┃//////////┃|  |
━┛      人 Y   . ┗━┗━━━ 人 Y .━━━━━┻━━━━━┛|_|_
二二二二二 (_(_)二二二二二二  (_(_) .二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,


37 :31/121:2006/03/19(日) 22:24:17 ID:XaVIBNSz
           ┌
           │ ??? 別に案内役をよこさなくてもボクが ───
           └──────────────v────────┘
   │ さてフィフサ。『 リズム 』が乱れておるな。
   │ 誰か強者と闘りあったか、奥義を使ったか ───
   └───────v───────────────┘

              __
            (   @ )              ハ_∧
            爪,,・∀・ミ              ミ・∀・,,ミ
             ミ   ミ              ミ   ミ
             ∪'''∪                  ∪'''∪


38 :32/121:2006/03/19(日) 22:24:48 ID:XaVIBNSz
            ┌
            │ ─── あ、やっぱりズレてたでちか?
            │ 実はそのどっちもだったんでちよ。
            └─────────────v────┘
  │ ふむ、ならば大分乱れておるじゃろうな。
  │ まだお前は未熟じゃしのぅ。
  └────────v─────────┘

              __
            (   @ )              ハ_∧
            爪,,・∀・ミ              ミ-∀・,,ミ
             ミ   ミ              ミ   ミ
             ∪'''∪                  ∪'''∪

      ┌─────^────────────────┐
      │ まだ乱取りにも時間がかかるじゃろうし ───
      │ ついて来なさい、リズムを合わせてやろう。

39 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 22:25:19 ID:XaVIBNSz



                 ∧ ∧
                 (・∀・ )   < バメンテンカン ‐
                  ノ(  )ヽ
                  <  >


.

40 :33/121:2006/03/19(日) 22:25:50 ID:XaVIBNSz
  ── 住宅地 ──

   l   !.       _ ,,.`\_|   |
   l  .!.    .‐.~   `'|   ┛
  _l_l_    ,':..     :|.._  |`'‐
 .  l| |¬` ー-_ノ:::::::... ......::::| . l ┛ .:::i._
  [ll| |ll]_ ,;'" .、::::::::::::::::....| : l=.| ..:::: :;')
   | |l'   !:::::::::::;;;;;.... 、..::::| ' l | :::: _ノ.
   | | . _~ー、_:::::::::;;;\、 :| ; l | ,;'"
   | |./|    ~ゝ:::::;;='、_:| : l=.|─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─
   | | |     l、...:::::::::.. !|__」゙..|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
   | | |      ^ー-、::. |   |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
   | | |           '〜l_____.|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
   | | |   _,r-‐(⌒`ヽー-|l l l l|┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
   | | |  ,ソ;;::: ゝ;;::::::::::: |l l l l|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
   | | 、!_ .{`:: . ノ_;;::::::::::. . |_ |┴┬┴┬┴┬┴┬ .円_円 .┴┬┴┬┴┬┴┬┴
       L;_::  ノ;;;::: .   l文|. |┬┴┬┴┬┴┬┴.\ ・∀・\.┬┴┬┴┬┴┬┴┬
          ~ ー 、_i ::... | ̄ |┴┬┴┬┴┬┴┬.(  $ .).┴┬┴┬┴┬┴┬┴
                 ヽ.,._|_  |─┴─┴─┴─┴ . 人 Y  ─┴─┴─┴─┴─
                "" ^"~             .(_(_)


41 :34/121:2006/03/19(日) 22:26:21 ID:XaVIBNSz
|   |
|   ┛
|.._  |`'‐
| . l ┛ .:::i._
| : l=.| ..:::: :;')
| ' l | :::: _ノ.
| ; l | ,;'"
| : l=.|─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─
|__」゙..|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
|   |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
l_____.|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
|l l l l|┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
|l l l l|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬  て.┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
|_ |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬ .円_円  そ.┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
l文|. |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴.\ ・∀・ \.┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
| ̄ |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬.(  $ .).┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
|_  |─┴─┴─┴─┴─┴─┴ . 人 Y  ─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─
"" ^"~                  (_(_)

42 :35/121:2006/03/19(日) 22:26:52 ID:XaVIBNSz
       \lil lili li li li li liilil ili l ilil li liiiilil ili lili iiilil iliil li liil ililili li li/
       ≫                               ≪
       ≫    やった!僕にも個人イベントが!!!   ≪
       ≫                              ≪
       /il il ilil ilil ilili l ili liliil il il il il iliil il il iillil ilil lil lilil il il il iliil\

                     円_円
                    \ T∀とヽ
                    と  $  ノ
                    人  Y
                    し (_)

       ============================================
               マルガーニ ・ マーニッシュ

            第3話 … 18コマ   第5話 … 2コマ
         総出演コマ数 … 20コマ    総セリフ数 … 8回

         * このキャラが嫌いというわけではありません
       ============================================

43 :36/121:2006/03/19(日) 22:27:23 ID:XaVIBNSz
コピ改シテタラワケノワカラン建物ニナッタ

  ── マーニッシュ家 ──

     _____________________
    /`i─────────┬─┬─────‐i''"``l
  ../i''"`i;|i_ii_i|;:;||i_円 .|;:;|:;;:|i_ii_i|;:;|   ||i_ii_i|:,|i_ii_i||i_ii_i;|;;   |
, ; /__i'ニニi'ニニニニニニニニニニニニニニ:;iニニニ|ニニニニニニニニニ;iニニニ|
; |:! !|コ :::i  ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ : ::::i  .:| ロ ロ ロ ロ ロ ロ .|;;   |
;!;:|:!_!i'ニニiニニニニ `ー--- "ニニニニ;:iニニニ|lニニニニニニニニニiニニニ|
; |  | ;;:;i| ロ ロ ロ.| ̄|  ロ ロ ロ  i  .:| ロ ロ ロ ロ ロ ロ. |;;   |
:';:;'':':`. :;=======|  |ニニニニニニニiニニニ|ニニニ]ニニニ]ニニ:iニニニ|

44 :37/121:2006/03/19(日) 22:27:54 ID:XaVIBNSz

                 ,_____,,_____、
                || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                ||         |        ||
                ||         |        ||
                ||    ●   |   ●     .||
                ||         |        ||
                ||       ___ .|. ___.     ||
                ||      ((_)).|.((_))       ||
                 円_円    ̄| ̄       ||
                 \,  ;・\ .、____|____,    .||
                 (    )   ̄ ̄| ̄ ̄    ..||
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ . | | |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  (_(__)
              o
             O
        r'⌒'〜'〇'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜' ヽ
       (  とまぁ移動を省略して家に着いたのはいいんだけど )
         )  どんな感じで入ればいいのかな ・・・・・・       (
       (  というか住宅地のど真ん中に無駄にでかい家を   )
        )   建てておいてこの謎の玄関は何なんだ?      (
       (  なぜ顔?回りに回って逆にセンスいいよ。(皮肉)  )
        丶〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜


45 :38/121:2006/03/19(日) 22:28:25 ID:XaVIBNSz
..       :::.:::.::.::ヽ
:::::....      ::::::._______       ゞニニヽ  /7
.:.:.:.:.:.:....       ヽ__   __/         l´,二,`l  / `二7
::::::::::::::::::::....     __|  |__        | .`ニ´ノ   ´ゝソ、
:::::::::::::::::::::::::::....  .ヽ___.  ___/       ノ_ノ ,------- 、`
:::::::::::::::::::::::::::::::::....   . ノ .,、 ヽ            l l´ ̄ ̄`l l
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::./ / \ ゝ           ヽ 二二二/
    :.:.:.:.::::::::::::::::::::. ̄.:::....

:::.. :::..  ── お前はキャラが薄いからここは一発ドカンと入りなさい ──
::::.. :::::::..
::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...
::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:.円_円 て
:::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛..\ ・∀・;\ そ
::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.と  .$  つ.:::....
   , ⌒ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.::: | | | . __ .:::...
丶''′  / :::::::::::::::::..         _ .(_人_) '"´ :.:.:.::....
    (   :::::::::::::::::::....     r'´
     `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┌─────^────────┐
  'A`    丿:::::.:.:.:.:.:.:│ おぉ!?なにやら
       ヽ___ノ´ ̄ .│ 非常に気に食わない天啓が!
               └
                /:::::.:.::..

46 :39/121:2006/03/19(日) 22:28:56 ID:XaVIBNSz
  ┌
  │ もうとりあえず制作期間やコマ数の関係で超速展開
  │ 簡単AAでいっちゃうぞ!!!ノリももうなんでもいいや!
.\WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
≫                                            ≪
.≫   た だ い ま ぁ あ ぁ ぁ あ あ あ ぁ ──────   ≪
≫                                          ≪
/MMMMMMMMMMMMMMMM /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\
                   |/
     ./    .|                    |  \
   /      |                    |     \
   |      |    ど  か  ー  ん    |       .|
   |      |                    |       .|
   |      |                    |       .|
   |      |        円_円         .|       .|
   |      |       .\≧∀≦\        |       .|
   |      |____.と  .$  つ .____|       .|
   |     /         | | |         \     |
   |   /          .(_人_)           .\    |
   |  /                          \  |
   |/                             \|

47 :40/121:2006/03/19(日) 22:29:27 ID:XaVIBNSz
.\WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
≫                                                ≪
.≫  ─── ぁ あ ぁ ぁ゙ あ゙ あ゙ 逝 っ て き ま ぁ ー す !?   ≪
≫                                               ≪
/MMMMMMM /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\
         |/

                            ド ────── ン

     円_円                     ,、______,∧_∧
    ∩; ゚∀\                [0 0i]二 .ハ_l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'ー'(;:;:;:;:;:;:;:)
     ヽ    つ            [0 0i]二(:;:;:;:;:` ̄ ̄ ̄ ̄^゚iと;:;:;:;:;:;)
      ) )、ヽ                i:」と;:;:;:;:;ヽ       /;;丶;:;ヽ
     (_)(_)                (___)―J      (__(__)

48 :41/121:2006/03/19(日) 22:29:59 ID:XaVIBNSz
                   円_円
                   \ ・∀・ \
                 Now Loading ...

      ただいまこの家の執事が慌てて止めに入っています
       しばらくマルガーニの詳細設定でお待ちください

    名前 … マルガーニ ・ マーニッシュ ( Malgarni Marnish )
    性別 … 男    年齢 … 23歳    種族 … マニー種
      バトルスタイル … 狙撃    主な武器 … 狙撃銃
    設定 … マーニッシュ家長男、ちなみに弟が2人居るが
           ストーリーには出てこない。
           もともとマーニッシュ家は大戦中にもその名を
           轟かせた大商人の家であり、マルガーニもそれを
           継ぐはずであったが本人たっての希望により
           軍へと加入、今に至る。
           精密狙撃の腕も高いが何よりも彼が得意とする
           のは『 連狙撃 』。第10話で公開予定。

49 :42/121:2006/03/19(日) 22:30:30 ID:XaVIBNSz
  ── マーニッシュ家の中 ──


│ いや 〜〜〜。
│ ボクが生まれる前からマーニッシュ家に執事として仕えてる
│ 本名はマニレス ・ マニトリアンだけど家の人たちからは
│ いつもセバスチャン略してセバスと呼ばれてるセバスが
│ 助けに入らなかったらいったいどうなっていたことか ・・・・・・
└──────v────────────────────┘
     ||―|―||        |∬|:│ ・・・・・・ いやに説明口調ですなマルガーニ様。
     ||: : |: : ||        |∬|:│ ワタシは新キャラとしても扱われない一介の
         ̄ ̄         |∬|:│ 脇役ですのでそのような説明は不要かと ・・・・・・
 ====================|∬|.└─────────────v────────┘
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======:
                                        _
          円_円                       円(_il)
          \,;-∀-\                      \´ハ`;,\
          (   $ .)                     と[i::::<k>::)
          人 Y                         人::::Y
         (_(_)                       (__(_)


50 :43/121:2006/03/19(日) 22:31:32 ID:XaVIBNSz
               ┌
               │ マルガーニ様もマルガーニ様で御帰還なされるなら
               │ 一言連絡を入れておいて下さればお出迎え出来たのですが ・・・
               └────────────────v───────────┘
 │ ん ・・・・・・ 急だったからね ・・・・・・
 │ でもまさかガード達に銃を向けられるとは思わなかったよ。
 └──────v───────────────────┘
                                        _
          円_円                       円(_il)
          \,;・∀・\                      \,;´ハ`\
          (   $ .)                      (:::::<k>::)
          人 Y                          人::::Y
         (_(_)                        (__(_)

              ┌─────────────────^─────────┐
              │ それについては本当に申し訳ないです。
              │ 最近ガードを増やしたのですが新米たちはマルガーニ様の
              │ お顔をまだ憶えてなかったようで ・・・・・・ ワタシの手落ちです。

51 :44/121:2006/03/19(日) 22:32:15 ID:XaVIBNSz
        __         |∬|:.       __         |∫|:.       __         |∬|
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|―||.     |∬|
  ┌                                         ||: : |: : ||.     |∬|
  │ まぁそれはもういいや、結局無事だったんだしね。        ̄ ̄         |∬|
  │ ─── ガードを増やした、か。                 ===================|∬|======:
  └──────v───────────────┘ .:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======:
                                        _
          円_円                       円(_il)
          \ -∀-\                      \ ´ハ`\
          (   $ .)                      (:::::<k>::)
          人 Y                          人::::Y
         (_(_)                        (__(_)

                 ┌──────────────^───────┐
                 │ えぇ、なにぶんこの御時世。マルデリン様のような
                 │ 商売は内にも敵を作ることがありますゆえ ・・・・・・
                 └


52 :45/121:2006/03/19(日) 22:32:46 ID:XaVIBNSz
        __         |∬|:.       __         |∫|:.       __         |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|―||.     |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
         ̄ ̄         |∬|:.        ̄ ̄         |∫|:.        ̄ ̄         |∬|:.
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======: :
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======:
                                                       _
                         円_円                       円(_il)
                         \ ・∀・\                      \ ´ハ`\
                         (   $ .)                      (:::::<k>::)
                         人 Y                          人::::Y
                        (_(_)                        (__(_)

              ┌──────────────────────────^──┐
              │ ─── とりあえずマルデリン様のところへ行きましょう。
              │ マルガーニ様がお戻りになったと聞けばきっとお喜びになりますよ。
              └

53 :46/121:2006/03/19(日) 22:33:17 ID:XaVIBNSz
        __         |∬|:.       __         |∫|:.       __         |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|―||.     |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
         ̄ ̄         |∬|:.        ̄ ̄         |∫|:.        ̄ ̄         |∬|:.
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======: :
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======:

                                              円_円
                                              \ ・∀・\
                                              (   $ .)
                                              人 Y
                                             (_(_)


54 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 22:33:48 ID:XaVIBNSz



                 ∧ ∧
                 (・∀・ )   < ニシノストーリーニハバメンガオオクテコマル
                  ノ(  )ヽ
                  <  >


.

55 :47/121:2006/03/19(日) 22:34:19 ID:XaVIBNSz
  ── 西軍総合統轄指令施設 フォーチュンドーム ──

                        ___ __ ____
                  , -'''二/ ___` / ,,_|´__`ヽー--、...
                // ;;;:/ :/´   .i;; ` l :|   :;;i ヽ ヽ ;;;,\\
                / /  ;;;: / :/   i;;   | :|   :;;i.  l  | ;;;, \\
               / /  ;;; / /     i;;   | :|    :;;i.  |  |  :;;, ヽ ヽ
              | | __|_|_____|_|___ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              | | | |ミ|77 | |ミ|ロ ロ ロ ロ ロ ロ|  |;;;|口口;;;|;;;|口口;;;|;;;|口口|
              | | | |ミ|77 | |ミ|ロ ロ ロ ロ ロ ロ|  |;;;|口口;;;|;;;|口口;;;|;;;|口口|
        ..y────ヾ| |ミ|:::::::| |ミ|ロ ロ ロ ロ ロ ロ|  |;;;|口口;;;|;;;|口口;;;|;;;|口口|
        ||| |:ロ ロ ロ| |ミ|:::::::| |ミ|ロ ロ ロ ロ ロ ロ|  |;;;|口口;;;|;;;|口口;;;|;;;|口口|
        ||| |:ロ ロ ロ| |ミ|77 | |ミ|ロ ロ ロ ロ ロ ロ|  |;;;|口口;;;|;;;|口口;;;|;;;|口口|
    ___皿:|:ロ ロ ロ| |ミ|77 | |ミ|ロ ロ ロ ロ ロ ロ|  {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レ
    | |:::::::| ミ|:期へ器器l ̄l器l ̄l器ミ器{{ }}{{ }}{{ }};;;;;;;;;;;{{ }}{{ }};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{{ }}{{ }};;;;;
    | |:::::::| ミ|:期へ器器l_l空l_l器ミ器{{ }}{{ }}{{ }};;;;;;;;;;;{{ }}{{ }};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{{ }}{{ }};;;;;;レ
 TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT

56 :48/121:2006/03/19(日) 22:34:50 ID:XaVIBNSz
  ── 第1師団長執務室 アーサーの部屋 ──

 ┌
 │ ─── あはははは、あの時はワガハイも若かったなぁ。
 │ 国を守るために勇んで戦場に向かったら二刀流のチビフサに
 │ ボコボコにやられてねぇ、あの時から必死になって強くなろうとしたなぁ。
 │ 君も軍に居て長いならそんな経験あるかな?あるよな?
 └─v─────────────────────────────┘
      ペチャ        ル。
 ペラ      クチャ     ノ;;;ソレ
   ∧ハ            ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
  (メ^д)  ペラ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (∀@‐;)
   l __∞、    ./           /  |            (    )
 ヾ ヽ__ι'   /            /   |                |  |  |
   ||⌒|∪/           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /   ┌──────────^───────────┐
     |             .|  /    │ はい、まぁ ・・・・・・・・・・・・
     |             .|/      l ( 一体何しに来たんだ!?
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          l  もうかれこれ3時間近く話してるじゃないか! )

57 :49/121:2006/03/19(日) 22:35:21 ID:XaVIBNSz







                 ル。
                ノ;;;ソレ
   ∧ハ            ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
  (メ^д)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (∀@─)
   l __∞、    ./           /  |            (    )
 ヾ ヽ__ι'   /            /   |                |  |  |
   ||⌒|∪/           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /
     |             .|  /
     |             .|/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

58 :50/121:2006/03/19(日) 22:35:52 ID:XaVIBNSz
                 ┌
                 │ ・・・・・・ ??? ・・・・・・ どうかいたしましたか?
                 └─────────────v────────┘
 │ ─── ワガハイがここに来てからちょうど
 │ 3時間だ、君はワガハイがここに何をしにきたと思う?
 └─v──────────────────────┘
                 ル。
                ノ;;;ソレ
   ∧ハ            ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
  (メ^д)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (∀@─)
   l __∞、    ./           /  |            (    )
 ヾ ヽ__ι'   /            /   |                |  |  |
   ||⌒|∪/           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /        ┌──────^───────┐
     |             .|  /         │ はぁ ・・・・・・ 世間話、ですか?
     |             .|/           └
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

59 :51/121:2006/03/19(日) 22:36:23 ID:XaVIBNSz
 ┌
 │ あはははは、半分正解だ!
 │ 最近作戦会議やら何やらで軽い話が出来なかったのでなぁ。
 │ 軽く気晴らしにお喋りに来たのだよ、ついつい3時間も喋ってしまった!
 │ 軽く迷惑だったかな?迷惑だったよな?
 └─v─────────────────────────────┘
                    │ ( 当ってんのかよ。なんか重要な話をすんのかと。 )
                    │ いえ、そのようなことは決して ─── 『 半分 』?
                    └───────────v───────────┘
                 ル。
                ノ;;;ソレ
   ∧ハ            ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
  (メ^д)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (∀@─)
   l __∞、    ./           /  |            (    )
 ヾ ヽ__ι'   /            /   |                |  |  |
   ||⌒|∪/           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /
     |             .|  /
     |             .|/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


60 :52/121:2006/03/19(日) 22:36:54 ID:XaVIBNSz
 ┌
 │ そう、半分だ。まぁ残りの半分も今までの感覚で
 │ 聞いてもらっても構わないよ?
 └─v────────────────────┘
                 ル。
                ノ;;;ソレ
   ∧ハ            ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
  (メ^д)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (∀@─)
   l __∞、    ./           /  |            (    )
 ヾ ヽ__ι'   /            /   |                |  |  |
   ||⌒|∪/           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /         ┌──────^─────┐
     |             .|  /          | ・・・・・・ なんでしょうか?
     |             .|/            └
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

61 :53/121:2006/03/19(日) 22:37:25 ID:XaVIBNSz
            ┌
            │ 少し、君の師団の第2大隊 ── アヒャリーナ君の隊だな ──
            │ を、貸して欲しいんだよ。
            └────y───────────────────────┘
       ,      ,
      /:::ヽ   /:: ヽ
     /::  ヽ /::  ヽ
    /::.    ヽ    ヽ
   /::         ̄ ̄   \
  /::               ヽ
  |:.   /               |
 .|:: ヽ/   /\   ┌─┐  l
  l:::: /ヽ        |   .|  |
  ヽ,/::::         ノ__|  /
   \:::::       ´    /
    ン::::::          <
  /:::::::.....          \


62 :54/121:2006/03/19(日) 22:37:56 ID:XaVIBNSz
                      ┌
                      │ えっ?えっ?えええええ?
                      └─────────v──┘
 │ だからね、第2大隊を貸して欲しいんだって。
 │ 実はとある作戦があってね。第3師団を動かすつもりなんだけど
 │ 今回の特殊先行部隊に適した大隊が第3師団にはないんだ。
 │ だから、君のトコの第2師団を借りに、来た。
 └─v───────────────────────────┘
                 ル。
                ノ;;;ソレ
   ∧ハ            ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
  (メ^д)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (д@‐;)
   l __∞、    ./           /  |            (    )
 ヾ ヽ__ι'   /            /   |                |  |  |
   ||⌒|∪/           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /
     |             .|  /
     |             .|/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


63 :55/121:2006/03/19(日) 22:38:27 ID:XaVIBNSz
              ┌
              │ で、でしたらあんなヘマしかしないような隊よりも
              │ 私直下の第1大隊を ───
              └───────────────v──────┘
 │ 彼女の隊がいいんだ。
 └─v─────────┘
                 ル。
                ノ;;;ソレ
   ∧ハ            ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
  (メ^д)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (∀@‐;)
   l __∞、    ./           /  |            (    )
 ヾ ヽ__ι'   /            /   |                |  |  |
   ||⌒|∪/           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /     ┌─────────^───────────┐
     |             .|  /      │ しかし先日も重要な都市を落とされたばかりか
     |             .|/        │ 無駄に貧民を連れて ───
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            └


64 :56/121:2006/03/19(日) 22:38:58 ID:XaVIBNSz
 ┌
 │ 知ってるよ、見事に奇襲を食らったんだってなぁ。
 └─v───────────────────┘
                          │ でしたら ───!!!
                          └───────v────┘
                 ル。
                ノ;;;ソレ
   ∧ハ            ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
  (メ^д)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (∀@‐;)
   l __∞、    ./           /  |            (    )
 ヾ ヽ__ι'   /            /   |                |  |  |
   ||⌒|∪/           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /
     |             .|  /
     |             .|/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌─^──────────────────────────┐
│ たしかに結果は大事だ、だが、結果だけしか見れないようじゃ
│ 長期戦は抜けられないよ。
│ 君はあの報告を聞いて思わなかったか?思わなかったよなぁ?



65 :57/121:2006/03/19(日) 22:39:29 ID:XaVIBNSz
 ┌─[ タッカーラ ]─────────────
 │ 予期せぬ奇襲、あまりに奇抜な降下作戦。
 └───────────────────┘
                                         _____
                                         /  |
                                       ./ 4 6.|
                           __         .__  /     |
          __/i;;i____ ________ .__/ i;;iヾ_____________/i;;i \_,__|____________________
       <--//i::i-/_____       .ヽ, // , i::i、ミ、 ---- ,// ,i::iヾヾ、----------------ゝ
        iニニニ(_//__/_l_.ヽ      iニニニ())ニニニi  iニニニ())ニニニi, /
          /  ヽ           .\ヾi;;i,彡   ( ヾ\::i;;i彡//.ノ:)
          (    )            ヽi::i彡      ヽi::i.彡/
          \__/                       /
            ヽ-------------------------------- '

                    ┌─[ タッカーラ ]──────────────
                    │ 降下部隊によってあけられたど真ん中の穴、
                    │ その部隊と地上部隊での挟み撃ち。
                    │ 敵はあの『 DDD連隊 』、こちらはただの大隊。
                    └────────────────────┘

66 :58/121:2006/03/19(日) 22:40:00 ID:XaVIBNSz
  ┌─[ タッカーラ ]────────────────────
  │ 追い討ちをかけるように起きた謎の情報封鎖。
  │ 援軍は間に合わない、たった1000程度の人数で全てを
  │ こなさなければならない、敵は優に3〜4倍はいただろう。
  └──────────────────────────┘

             \   ∧虐∧ \   ∧虐∧ \   ∧虐∧
               \ (・∀・ )  \ (・∀・ )  \ (・∀・ )
      \  ∧虐∧  \⊂ ∧虐∧  \⊂ ∧虐∧  \⊂ ∧虐∧
        \(・∀・ )   \(・∀・ ).   \(・∀・ )    \(・∀・ )
         ゞ⊂  )    \⊂ ∧虐∧  \⊂ ∧虐∧  \⊂ ∧虐∧
          Y 人      \(・∀・ ).   \(・∀・ )    \(・∀・ )
           (_) J       ゞ⊂  )    ゞ⊂   )    ゞ⊂   )
                       Y 人       Y 人      Y 人
                       (_) J      (_) J      (_) J

                ┌─[ タッカーラ ]───────────────────
                │ 兵は混乱、士気はがた落ち、簡単に立ち直れるとは思えない。
                │ 新兵補充もあだになったなぁ、ほとんどは恐怖しただろう。
                │ 精神状態に左右されるブーストなんかはあの状況で
                │ あてになるはずもない。
                └──────────────────────────┘


67 :59/121:2006/03/19(日) 22:40:30 ID:XaVIBNSz
           │ で、ですから結果兵員200名近くを失って撤退して ───
           └─────────────────v─────────┘
│ そう、撤退した。撤退したのは戦闘開始から25分後。
│ その間実にモラ ・ フェイトの貧民の34%を救助、逆算すると
│ 救助作戦に大隊の半分以上の兵を使っただろうなぁ。
└─v──────────────────────────┘
                 ル。
                ノ;;;ソレ
   ∧ハ            ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
  (メ^д)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (∀@‐;)
   l __∞、    ./           /  |           と    つ
 ヾ ヽ__ι'   /            /   |                |  |  |
   ||⌒|∪/           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /    ┌─────────^─────────┐
     |             .|  /     │ アヒャリーナ少佐は無駄に優しすぎます。
     |             .|/       │ 半分以上も無駄に兵を割いていたから
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           │ 敗走なんてへまを ─── ?
  ┌^──────────────────┐
  │ 確かに、ワガハイならそんなヘマはしない。


68 :60/121:2006/03/19(日) 22:41:00 ID:XaVIBNSz

│ ワガハイなら、戦闘も救助もせずに速攻で撤退してる。
│ もし ・・・・・・ 仮にそのときの全戦力を持って戦ったとしても、あの状況なら
│ 25分なんていらない、15分もあれば全滅『 していた 』かもしれないなぁ。
└──v─────────────────────────────┘
                 ル。
                ノ;;;ソレ
   ∧ハ            ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
  (メ^д)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (д@‐;)
   l __∞、    ./           /  |            (    )
 ヾ ヽ__ι'   /            /   |                |  |  |
   ||⌒|∪/           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /        ┌──────^─────┐
     |             .|  /         │ ・・・・・・ ご冗談を ───
     |             .|/           └
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┌─^───────────────────────┐
 │ 冗談は大好きだが、自虐ネタに関しては好きじゃないね。
 └


69 :61/121:2006/03/19(日) 22:41:31 ID:XaVIBNSz
 ┌
 │ 状況はそのくらい絶望的だったってことさ。
 │ だが彼女は25分、半分程度の兵で耐え抜き、死者は全体の5分の1。
 │ 普通なら出て来ても不思議ではない命令を背いてまで逃げ出す脱走兵は0だ。
 └──v───────────────────────────────┘

                 ル。
  ガタッ            ノ;;;ソレ
     ∧ハ         ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
    (メ^д)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (д@‐;)
     .(|  |   /           /  |             (    )
 ヾヽ〜|  | /            /   |            |  |  |
   ||⌒し´/           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /
     |             .|  /
     |             .|/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


70 :62/121:2006/03/19(日) 22:42:01 ID:XaVIBNSz
 ┌
 │ 彼女の統率能力とカリスマがズバ抜けてたか、
 │ 補佐官のサポートが完璧だったか、兵士が有能だったか。
 │ あるいはその全てか。
 │ どうにせよあの隊の統率力、展開能力には光る物がある。
 │ 戦闘力、機動力も一個大隊としてはトップクラスだ。
 └───────v──────────────────┘
                  ゞヾ;ッ                ∧,,,,,,∧
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|           (@∀@‐)
             /           /  |               (    )
 ヾヽ     /            /   |            |  |  |
   ||⌒|| /           /   /             (_(__)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ . ∧ハ   /
     |        (メ^д)../
     |        (|  |
      ̄ ̄ ̄  〜|  0
               し'´


71 :63/121:2006/03/19(日) 22:42:31 ID:XaVIBNSz
        ┌
        │ 今回の作戦は非常に難しい、君直下だかの第1大隊では荷が重過ぎるよ。
        │
        │ 第2大隊の兵員補充もこちらで済ませておく、有能な者たちばかりをな。
        │ 大量補充は混乱を招くが、彼女の統率能力なら大丈夫だろう。
        └────────────────v────────────────┘

     ∧,,,,,,∧                       ∧ハ
     (;@∀@)                      (メ^д)
     (    )                      (|  |
     | | |                         〜|  0
     (__)_)                      し'´


72 :64/121:2006/03/19(日) 22:43:35 ID:XaVIBNSz
           ┌
           │ ─── っとぉ、アヒャリーナ君に元帥室まで来るようにと
           │ 伝えておいてくれ。分かったかな?分かったよな?
           └──────────────v──────────┘

     ∧,,,,,,∧                       ハ∧
     (;@∀@)                      (дメ)
     (    )                      (|  |
     | | |                         〜|  |
     (__)_)                       し´J


73 :65/121:2006/03/19(日) 22:44:06 ID:XaVIBNSz
                           ┌
                           │ そうそう、話聞いてくれてありがとうな〜。
                           └───────────────v───┘



     ∧,,,,,,∧                                        ∧ハ
     (;@∀@)                                       (メ^д)
     (    )                                       (|  |
     | | |                                          〜|  O
     (__)_)                                       し'´


74 :66/121:2006/03/19(日) 22:44:37 ID:XaVIBNSz





                 ル。                                   ガチャ …
                ノ;;;ソレ                                      ガチャン
                ゞヾ;ッ                 ハ,,,,,,∧
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|            (‐@∀@)
          /           /  |             (    )
 ヾヽ       /            /   |            |  | |
   ||⌒|| /           /   /             (__)_)
     ./            /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   /
     |             .|  /
     |             .|/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


75 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 22:45:08 ID:XaVIBNSz



                 ∧ ∧
                 (・∀・ )   < サイショノAAノイキオイガナクナッテルヨオイ
                  ノ(  )ヽ
                  <  >


.

76 :67/121:2006/03/19(日) 22:45:39 ID:XaVIBNSz
  ── 医務室 ──

                                          |:
                                       (〇)  .|:
                                        ._|_   . |:
                       The 脇役       .) (  ..|:
  < ガチャ                   ↓     、─ . (_).─ 、
                    __ п_п___.|.\_____\
                   ||    ( ・∀・)   || ..||       .||
                   ||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
  ____________.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                   ||\.\             \    .o    ||
                     .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
                       .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                         || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
                                                  \
                                                   \
                                                    \


77 :68/121:2006/03/19(日) 22:46:10 ID:XaVIBNSz

│ カークス、調子はどうだ?
│ 見舞いに来てやったぞ。                                |:
└────v────────┘                  (〇)  .|:
│ ・・・・・・ こんにちは ・・・・・・ カークスさん ・・・・・・          .._|_   . |:
└──v───────────────────┘       .) (  ..|:
                                    、─ . (_).─ 、
                         __ п_п___.|.\_____\
.      ∧ハ                 ||    (・∀・ ) て.|| ..||       .||
        (*゚∀)')              ||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
        (|  l´.__________.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
. .,---、 .|  |               ||\.\             \    .o    ||
. ( -_)  し´J                      .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
. し  )                        .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
. し´J                               || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \

                ┌────────^───────────────┐
                │ おや、アヒャリーナ少佐とヒキール大尉じゃないですか。
                └

78 :69/121:2006/03/19(日) 22:46:41 ID:XaVIBNSz
              ┌
              │ わざわざ見舞いにまで来ていただかなくても ───
              └──────────v─────────────┘
 │ いや、最初は訓練場に行ったんだがな、その ───
 └─────────v──────────────┘

                         __ п_п___.|.\_____\
               ∧∧        .||    (・∀・ )  ..|| ..||       .||
              (;゚∀゚)       .||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
        ..,---、 ..(|  |)_____.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ( -_)  |  |         ||\.\             \    .o    ||
           し  )   し´J          .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
           し´J                      .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                              || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \

   ┌───^──────────────┐
   │ あたり一面 ・・・・・・ 砂だらけに ・・・・・・
   └

79 :70/121:2006/03/19(日) 22:47:12 ID:XaVIBNSz
      ┌
      │ ・・・・・・ まさか、サンドバックを壊したから追い出されたんじゃ ・・・・・・
      └───────────────v───────────────┘
│ ははははは、ブースト時用のサンドバックはそう簡単に壊れないと
│ 言われたんでボコボコにしてたら、こう、ドバーっと ・・・・・・
└─────────v───────────────────┘
                         __ п_п___.|.\_____\
               ∧∧        .||    (-∀-;,)  ..|| ..||       .||
              (;゚∀゚)       .||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
        ..,---、 ..(|  |)_____.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ( -_)  |  |         ||\.\             \    .o    ||
           し  )   し´J          .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
           し´J                      .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                              || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \

80 :71/121:2006/03/19(日) 22:47:43 ID:XaVIBNSz
     ┌
     │ ─── いや、そりゃいくらなんでも追い出されますよ。
     └────────────────v────────┘
 │ 管理者が次々 「 これならどうだ 」「 これなら大丈夫 」とか言って
 │ 勧めて来たせいでもあるんだぞ。
 └─────────v──────────────────┘

                         __ п_п___.|.\_____\
               ∧∧        .||    (-∀-;,)  ..|| ..||       .||
             (ヽ(;゚∀゚)ノ)       .||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
        ..,---.(( .ノ|  |ヽ ))___ .,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ( -_)  |  |         ||\.\             \    .o    ||
           し  )   し´J          .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
           し´J                      .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                              || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \

        ┌───────────────^──────┐
        │ それでも限度というものがありますよ ・・・・・・
        │ で、見舞いに来たのは暇つぶしってワケですか?
 ┌─────────^───────────┐
 │ どうにせよ明日来ようと思ってたんだ、なにも
 │ 暇つぶし目的ってワケじゃない。


81 :72/121:2006/03/19(日) 22:48:45 ID:XaVIBNSz
     ┌
     │ まぁなんにせよ、見舞いに来てくださって有難うございます。
     └────────────────v─────────┘
 │ ・・・・・・ む ・・・・・・ 信じてない口振り ・・・・・・
 └─────v───────────────┘

                         __ п_п___.|.\_____\
               ∧∧        .||    (‐∀・ )  ..|| ..||       .||
              (*゚∀゚)       .||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
        ..,---、 ..(|  |)_____.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ( -_)  |  |         ||\.\             \    .o    ||
           し  )   し´J          .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
           し´J                      .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                              || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \

   ┌────────^────────────┐
   │ はは、まぁこうして3人そろうのも久しぶりだし
   │ そんなことどうでもいいじゃないか。
   └


82 :73/121:2006/03/19(日) 22:49:16 ID:XaVIBNSz
   ┌
   │ そうですね、私とアヒャリーナ少佐は一緒に行動することが
   │ ほとんどですが、ヒキール大尉とはこちらに来た時しか会えませんから ・・・・・・
   └──────────────────v───────────────┘
 │ ・・・・・・ 戦闘も ・・・・・・ その知識も ・・・・・・ ないですから ・・・・・・
 └────v────────────────────────┘

                         __ п_п___.|.\_____\
               ∧∧        .||    (・∀・ )  ..|| ..||       .||
              (゚∀゚*)       .||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
        ..,---、 ..(|  |)_____.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ( -_)  |  |         ||\.\             \    .o    ||
           し  )   し´J          .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
           し´J                      .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                              || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \

  ┌───────^────────────────────────┐
  │ ヒキールが武器を調整してくれるからこちらは全力で暴れられる。
  │ カークスがいるから私は部下の一人一人に目を行き渡らせる事が出来る。
  │ お前ら二人とも私の優秀な大参謀だよ。
  │ 戦闘も私たちトリオなら大抵の敵と渡り合える。

83 :74/121:2006/03/19(日) 22:49:47 ID:XaVIBNSz
  ┌
  │ まぁ、いつもアヒャリーナ少佐が一人飛び出して行っちゃうんですけどね。
  └──────────────────v─────────────┘

          ピピピ …  て       __ п_п___.|.\_____\
               ∧∧  そ      ||    (・∀・ )  ..|| ..||       .||
              (*゚∀゚)       .||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
        ..,---、 ..(|  |)_____.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ( -_)  |  |         ||\.\             \    .o    ||
           し  )   し´J          .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
           し´J                      .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                              || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \

   ┌───────^─────────────────────┐
   │ 戦闘が始まるとどうしても落ち着かなくてな ─── っと、電話だ。
   │ ・・・・・・ メガネからかな? ───
   └


84 :75/121:2006/03/19(日) 22:50:18 ID:XaVIBNSz
   ┌
   │ はい、アヒャリーナです。
   └─────v──────┘ ┌─[ アーサー ]─
                            │  アーサーだ。
        ピッ …             └───────┘
         /\ /\           ┌─────────────────────┐
        。   \‐ ヽ         < これはアーサー中将、
        |_.      |          │ タッカーラ元帥とのお話は終わったのでしょうか?
        ,´‐、| 〇 .ト-イ|          └─────────────────────
        |  l,l   丶'/     ┌─[ アーサー ]──────────┐
        丶 l,-::.  イ      │ ─── うむ、そうなんだが ───
                        └─────────────────

85 :76/121:2006/03/19(日) 22:50:49 ID:XaVIBNSz
   ┌
   │ どうしました、アーサー中将?いまからそちらへ ───
   └───────v─────────────────┘
  ┌─[ アーサー ]───────────────────────┐
  │ ─── いや、予定が変わった、もうモラ ・ フェイトでのことはいい。
  │ ・・・・・・ 代わりに、元帥の部屋まで行くように、だそうだ。
  └─────────────────────────────

                         __ п_п___.|.\_____\
               ∧∧        .||    (・∀・ )  ..|| ..||       .||
             ∩゚∀゚)        ||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
        ..,---、 .ヽ  |)_____.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ( -_)  |  |         ||\.\             \    .o    ||
           し  )   し´J          .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
           し´J                      .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                              || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
 ┌─────────^───────┐
 │ タッカーラ元帥の執務室にですか?
 └─────────────────
 ┌─[ アーサー ]─────────────────────┐
 │ そうだ、待たせることの無いようにな ───wヘ√レv プッ ……
 └───────────────────────────

86 :77/121:2006/03/19(日) 22:51:20 ID:XaVIBNSz
   ┌
   │ んぁ?ちょ ─── アーサー中将?もしもし ・・・・・・
   │ ・・・・・・・・・・・・ 切れた ─── ?
   └───────v───────────────┘
 │ ・・・・・・ どうか ・・・・・・ しましたか ・・・・・・?
 └─────v──────────────┘
                         __ п_п___.|.\_____\
               ∧∧        .||    (∀・  ,)  ..|| ..||       .||
             ∩;゚∀)         .||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
        ..,---、 .ヽ  |)_____.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ( -_)  |  |         ||\.\             \    .o    ||
           し  )   し´J          .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
           し´J                      .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                              || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
 ┌────────^────────────────────────┐
 │ いや、なにかはわからんが、タッカーラ元帥の部屋まで行くように言われた。
 └─────────────────────────────────
                  ┌────────^──────
                  │ 元帥閣下の、部屋にですか?


87 :78/121:2006/03/19(日) 22:51:51 ID:XaVIBNSz
 ┌
 │ あぁ、そうらしいな。一体何なんだか、理由くらい話せというものだ。
 └─────────v───────────────────┘
       ┌
       │ しかし、元帥閣下に呼ばれてるのは確かなんでしょう。
       │ 理由はどうあれ、急いだほうがいいのでは?
       └───────────────v───────┘
                         __ п_п___.|.\_____\
               ∧∧        .||    (・∀・ )  ..|| ..||       .||
              (*゚∀゚)       .||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
        ..,---、  (_ ∞_)_____.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ( -_)  |  |         ||\.\             \    .o    ||
           し  )   し´J          .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
           し´J                      .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                              || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
   ┌───────^────────────┐
   │ そうだな、行ってくる。
   │ すまんな、せっかく見舞いに来たというのに。
   └


88 :79/121:2006/03/19(日) 22:52:22 ID:XaVIBNSz
       ┌
       │ いえ、こうして来て頂いただけで結構ですよ。
       └──────────────v─────┘
 │ ・・・・・・ そうか?では、また会おう。
 │ 早く良くなれよ、お前が居ないと安心して戦場に出れんからな。
 └─y──────────────────────────┘

                         __ п_п___.|.\_____\
  ∧ハ                        ||    (・∀・ )  ..|| ..||       .||
 (*゚∀)')                     ||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
 (|  l´   .____________.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ⊂,,ノ〜           .,---、      ||\.\             \    .o    ||
  `J              (_- )       .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
                 .(   )         .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                  し´J           || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \

                        ┌───^──┐
                        │ 恐縮です。
                        └

89 :80/121:2006/03/19(日) 22:52:53 ID:XaVIBNSz
           ┌
           │ ─── 元帥閣下に呼ばれた、ですか ───
           └────────────v────────┘|:
                                             .) (  ..|:
                                    、─ . (_).─ 、
                         __ п_п___.|.\_____\
                        ||    (・∀・ )  ..|| ..||       .||
                        ||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
       ..____________.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                 .,---、      ||\.\             \    .o    ||
                (_- )       .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
                 .(   )         .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                  し´J           || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \

    ┌────────^──────────────────┐
    │ ・・・・・・ あまり ・・・・・・ いい予感は ・・・・・・ しませんね ・・・・・・
    └


90 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 22:53:24 ID:XaVIBNSz



                 ∧ ∧
                 (・∀・ )   < マダマダツヅクビョーン
                  ノ(  )ヽ
                  <  >


.

91 :81/121:2006/03/19(日) 22:53:55 ID:XaVIBNSz
  ── とある教会 ──

                       __
                        | i
                           lニ| ;ニニl
                        | i
                        | i
                        | ̄|ヽ   ____________
                  /二 二 二 二 二ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .:\
                  _//:::.:.:::.: :..: : :.:. : ..:.: .ヘ_:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. ::\
                    //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ______\
                //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i
                  //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
‐- 、          //:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,i,_,i,_,i\ ヽ . . :ヘ :. :. :. :. :. .: ::. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
:.. .: `ヽ、      ///,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,i,_,i,_,i,_,i,_,i,.\ .ヽ. :. ヘ :. :. :. :. :. .: ::. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i
: :.... . :. :. :゙;:',,.    /[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i=].|‐‐‐‐l. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|                   |  |    |          |
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|                   |  |    |          |     }
:._::=;::. :.:. :..‐〜   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}    |  |    |          |     ||
; l:;;::;:;::; :ノ       |  ::|    |l┌┐ ‖ ┌┐l|     |  |    |          |     ||
.:.:;::;:: :;.i~       |  ::|    |l  │ ‖   │l|     |  |    |          |     }
:. .: :. ソ       |  ::|  ∧∧  ..‖     l|     |  |    |          |
:.:ヽーr⌒)‐- .、   |  ::| ..(   ゚) .U‖U ┐l|     |  |    |          |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }   |  ::| ..(|  |)  .‖   │l|     |  |    |          |____
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,__.〜 .|.┘ ‖   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~
                     し´J

92 :82/121:2006/03/19(日) 22:54:26 ID:XaVIBNSz
 ┌
 │ すまね ─── すみませんが、どなたかいらっしゃいませんか?
 └───────v────────────────────┘
             ガチャ ……

.         ||\ 二二二二二二二、
            || |l      |  ┌┐ l|
            || |l      |    │ l|
            || |l.∧∧  .|       l|
__        || |(゚д゚ )   .|U  ┐ l|      __
 ̄ ̄|      || と. †.|)   |    │ l|        | ̄ ̄
    |,,___..|| |l.|  |   |    ┘ l|____|
 ̄ ̄i|      .||/ し´J    ̄ ̄ ̄       |i ̄ ̄
 ̄ ̄                            ̄ ̄


93 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 22:54:29 ID:MsX44rd4
支援

94 :83/121:2006/03/19(日) 22:54:57 ID:XaVIBNSz
   |:|     |:|.                      |:|     |:|
   |:|     |:|.        ._____         |:|     |:|
   |:|  |i|  |:|      γ´___    ___`ヽ     |:|  |i|  |:|
   |:|==|i|==|:|      |_i_   |i  __i_|    ..|:|==|i|==|:|
   |:|  |i|  |:|      |_l_ ─|i─ _l_|    ..|:|  |i|  |:|
   |:|  |i|  |:|.      .|_l___ |i ___l_|    ..|:|  |i|  |:|
   |:|     |:|.      .|_l___ |i _.┌
      ̄ ̄ ̄       . |_l___ |i _.│ ─── おや?
                |i_l__./‐‐ └───v────┘
                    [二二二二]
_______‖_____|┌  ┐|___‖______
.           ‖.    |________.|     .∧_∧ て
__________/;:;:::;:;:::;::;;::;\_.(´∀` ) そ .__
__________|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|_ /;:゚†゚:;:;:l____
             /::::::::::::::::::::::::::::::::\..l:::| |::::::|
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;ノ l;;;;;;ヽ


95 :84/121:2006/03/19(日) 22:55:28 ID:XaVIBNSz
                            ┌
                            │ どちらさまでしょう?
                            │ 何かお困りごとでもありましたかな?
      |:::  |           __.   └────────────v─────
│ 私はギコスと申します。え〜っと、仕事でこの街へ来たのですが         /
│ なにぶん急だったので宿を確保できませんでした。               ..:://
│ ですから、こちらに数日間泊めさせていただけないでしょうか。   .___//
└───────v────────────────────┘   | |  /
   /            | |/ //         | |/ //          | |/ /
  /              |   ̄|/           |   ̄|/            |   ̄|/
/         ∧∧   ̄ ̄             ̄ ̄          ∧_∧
 ̄ ̄ ̄,,,,,,,,,,,,,,, (,,゚д゚) ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,(∀`  .),,,,,,,,,,,,
   /゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ .(| † | ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙/゚†゚;:;:;:;l゙゙゙゙゙゙゙゙
  /       |  |                              l:| |::::::::|
/         し´J                             /ノ l;;;;;;;;ヽ


96 :85/121:2006/03/19(日) 22:55:59 ID:XaVIBNSz
            ┌
      |:::  |  │ 困っている人に手を差し伸べるのは信徒として当然のこと。
      |:::  |  │ この教会でよろしければ宿として一部お貸しいたしましょう。
      |:::  |  └──────────────────────v───┘
   │ 深きあなたの御心と、主の愛に感謝いたします。  ./|______//
   └─────v────────────────┘          .| |  /
   /            | |/ //         | |/ //          | |/ /
  /              |   ̄|/           |   ̄|/            │/
/         ∧∧   ̄ ̄             ̄ ̄          ∧_∧ ─
 ̄ ̄ ̄,,,,,,,,,,,,,,, (,,゚д゚) ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,(∀`  .),,,,,,,,,,,,
   /゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ .(| † | ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙/゚†゚;:;:;:;l ゙゙゙゙゙゙゙゙
  /       |  |                              l:| |::::::::|
/         し´J                             /ノ l;;;;;;;;ヽ


97 :86/121:2006/03/19(日) 22:56:30 ID:XaVIBNSz
                    ┌
                    │ おや、御仁もヒロユキ教徒ですかな?
 ┌                 └─────────────v────┘
 │ ええ、未熟ながら。
 └─────v───┘
       ,    ,
      / \  / \                        /ヽ  /ヽ
     /   \‐  ヽ                         /  -‐/  ヽ
     |         |                           |         |
      |.     〇 ┌┐.|                       | ト-イ  \   |
     ヽ     /_|./                          ヽ丶/     /
       `ー,-:.  ..イ                          ゝ..   -‐'ヽ
       /   † |                         /;:;:/。 。ヽ;:;:;:;:;:;ヽ
       /     |                           ん、l † ゝ_,〜´`ゝ

               ┌───────────────^────────┐
               │ ご謙遜を、主を想う御心に未熟も何もありますまい。
               │ では、お疲れでしょうし横になれるところへお連れ ──
     ┌─[ ??? ]────────┐
     │ ─── その必要は、無い。
     └


98 :87/121:2006/03/19(日) 22:57:01 ID:XaVIBNSz
   ┌
   │ 大聖堂のほうに来ないことは分かっていた、だから
   │ 近隣の教会を探していたのだが ───
   └───────────v───────────┘
      :.:.:::::::::::::...      ガチャ ……     .:.:::::::::::::::::.:.
      .:.:.:::::::::::::::::...              ..:.:.:::::::::::::::::::
       :.:.:::::::::::::::::::|\ 二二二二 二二二 /|:::::::::::::::::::.:.:..
       :.:..::::::::::::::::::|::::|l     _     l|::::|:::::::::::::::::::::::.:...
       .::::.:.:.:::::::::::::|::::|l     |†:::::)     :l|::::|:::::::::::::::::::::::.:...
      . .:::::::::::::::::::::::|::::|l    (::::::::;;)     l|::::|:::::::::::::::::::::::.:...
    __ : :::::::::::::::::|::::|l   .ん:::::::ゝ     l|::::|::::::::::::::::::::::__
     ̄ ̄|::::::::::::::::::::|::::|l     |::::::::|〜   .l|::::|:::::::::::::::::.:..| ̄ ̄
        |,,___;;|::::|l___/;;;;;;;;ヽ__,,,l|::::|:::::::::::::::::.:.:|
     ̄ ̄i| : : ::::::::::|/ ̄  ̄ :::::::::::::::.  ̄ ̄\|:::::::::::::::.::.:|i ̄ ̄
     ̄ ̄.:.::::::::::.:::..:.    ..:.::::::::::::::::::.:...     .:.:::::::::::::::::.. ̄ ̄


99 :88/121:2006/03/19(日) 22:57:32 ID:XaVIBNSz
      ┌
      │ やはりこの街で大聖堂から一番遠いここにいたか、ギコス。
      └────────────────────v─────┘
                                 ,_____
                                |i:::::|i|:::::::|   ヽ
                                  (l==|i|==l|)    |
                                |i:::::|i|:::::::|    /
  ================================        .[ニニニニニニニ]
                                 |.┌┐ 〇   |
    ギッコファンダリス ・ ハニャール           .ヽ|_ヽ     /
                                  ゝ..   -‐'ヽ
     ギコスの父親   枢機卿             / /。 。ヽ   ヽ
    7大聖家ハニャール家現当主           ん、l::::†:::::ゝ_,〜´`ゝ
                                ん´;;;;;;;;;;;;;;;;`ゝ〜、.ゝ
  ================================           |:::::::::l~.l::::::::::::::::::::ヽ
                                 |:::::::::l;:;:l::::::::::::::::::::::ヽ
                                 |::::::::l;:;:.l::::::::::::::::::::::::::ヽ


100 :89/121:2006/03/19(日) 22:58:03 ID:XaVIBNSz
      |:::  |           __.  ...┌
      |:::  |         //  ..│ ギ ・・・・・・ ギッコファンダリス卿!?
  ┌                          └─────────────v───┘
  │ 懺悔室へ行く必要は無いな?息子よ。.___//  / /|______//
  │ ・・・・・・ いろいろと話してもらおうか。    .| |  / //        | |  /
  └──v──────────────┘ | |/ //          | |/
  /  __         |   ̄|/           |   ̄|/            |   ̄|/
/   (_i †i           ̄ ̄             ̄ ̄ ∧ハ          ∧_∧ て
 ̄ ̄ ̄.(,,゚д),,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.(,,‐д).,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.(´д`;,) そ
   /ん゚†゚ゝ.゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙(| † |.゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙./;:゚†゚;:;:;l゙゙゙゙゙゙゙゙
  /   |:::l l:|                           |  |       l:::| |::::::|
/   ノ;ノ l;;|                             し´J         ./;;ノ l;;;;;;ヽ

101 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 22:58:34 ID:XaVIBNSz



                 ∧ ∧
                 (・∀・ )   < シュラバダゼー
                  ノ(  )ヽ
                  <  >


.

102 :90/121:2006/03/19(日) 22:59:05 ID:XaVIBNSz
  ── 郊外 ──

    ;;:;丿:: ヾμ;:.,ヾヾヾ (^)  ;;:;:   丿  ヾ;:;;:ヾ::;ヾ;;:;:: ノ:.,ヾヾ;ξ:;:.;: ヾ丿
;;:ヾ::;ヾノ      ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ 丿  ;:ρ;ヾヾ:;::ヾヾ ヾ;ノ:ヽヾ;:;ヾ:;::ヾヾヾ;:ヾ)
   ;;ァ!\\| |:;;ヾ:;: .r;. ::: ヾヾ:;::ヾrヾ:;;ヾ:;:;:;:.r;. ; . \|.ヾヾ| |ヾヾヾ;;:;:::ヾ)     ,.,.
;;:;:::.__ |;:'' \  |''~~^||^^~ | |;:;:;;;::;:| |;:;;;;ノ/ヾヽ| |~~~.;;l‖~~゙゙| l丿ノ'^^^      ,.,;:;::、、
~~ ~~|;|^^  .| |   ||   | |^^...^.| | | |/~^~ .| |  . .‖  | /"         ,,;:;:;。;,;::
   ..|;|   | |   ||   | |   | | | |     | |   ‖  | |         ,.,:,,:;;:;::;,.,
   ..|;|   | |   ||   | |   | | | |     | |  ,,_‖._,,r゙゙゙゙ヾ゙^゙ヽ  - - - - -''"''yi''-
   ..|;|  ...┌────────────┐""   ゙^゙ヽ'"゙~' ′'"゙~' ′、   .,..ili  .,
   ..|;|  ...│  ← ここから先.         |   ゙^゙ヽ"""   ゙^゙ヽ"" ;ヾ  '"''"'"'"''
   ;;'"゙~' ..│    サイタマ種居住区.    |     .""" :;;、":. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,~)
`'''ー      └──┐┌────┐┌──┘.,゙^゙ヽ;;、:,:;;、:. ;,:;;  、:. ;,:; ;、:. ;,:;;、:.)  ''"
jwvjiiijwwiijijyyywW .││WWwjjwv.││.WWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijw
''"""'''''"""''""''''""'' ││'"""'''''"" ││.''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'
               '''''''       '''''''




''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"


103 :91/121:2006/03/19(日) 22:59:36 ID:XaVIBNSz
  ── サイタマ種居住区 ──

     ,;:':, ゞ  O ,,ノノ_,,,ノ )           ( ( ; :.. : | :|    . |.,;,   ;,.
  .:;:.':  ,,,ノヾ,,_,,_,,,ノ,,,ノ)),:|ノノ . . . . . . . . . . . .   ノ  ゝ .;: |ノ` ,.:;.. |  ,;: ;,:
   ,_,_ノ|   | (⌒;;)   |.:.:| ...,..  ,.,,        (,,,,,( .,;:: . :| ,. ;:. ..  |  ;'⌒`、_.,
      |   | ノノ..::  |.:.:|                 ヾ  | |     、/|,,,(、   ノ
      |   | ´|"゙"゙"゙"|.:.:|゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙ ,,.-'⌒ー、:| :| |   丿:| |`ー- '
      i  |  :|:.0⌒ヽi´⌒0,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,( ,:; '';:. , | .| |  ノ`.;..| |:; ;:.'|
      |⌒ー、 |.   |:|〆⌒0゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙" (,,_(,, ,,),,| l.;| | ´ヽ   | |:.. ;':|
    (l):::| o ;⌒)..0⌒|;|⌒0       .,v..         | :| |  ノ`,;:..| | γ⌒ー 、
    | ;::!o;; ;o ;)  , |:|.   ハ∧              ノ i ゞ | /` .:. |- '´"':;.,..:'""'::.,
    ハ ヾヽ ,_;_,_,,) ,v,:|;|  ('(゚∀゚ )                    |; |`    |    ;: `ー'  )
   ' ` ``      |;|   ヽ、 、)                  |ノ  i. ,.;|. γ⌒ヽ_,.,_,,ノ
              |:|    \|                  .| (:;:) 、 ヽ (。_o_゚ )
        =================================================

                   サイタマ種居住区

        本来自然との関わりが強いサイタマ種は高度な科学力を
           持つことがほとんどない。また、馴染むことも無い。
         そのため、大戦処理中にモララー種が協議した結果
           特殊施設として一部森林を提供し、今に至る。
         街というよりは集落といったほうがしっくりくるだろう。

        =================================================


104 :92/121:2006/03/19(日) 23:00:07 ID:XaVIBNSz
   ,;:':, ゞ  O ,,ノノ_,,,ノ )           ( ( ; :.. : | :|    . |.,;,   ;,.
.:;:.':  ,,,ノヾ,,_,,_,,,ノ,,,ノ)),:|ノノ . . . . . . . . . . . .   ノ  ゝ .;: |ノ` ,.:;.. |  ,;: ;,:
 ,_,_ノ|   | (⌒;;)   |.:.:| ...,..  ,.,,        (,,,,,( .,;:: . :| ,. ;:. ..  |  ;'⌒`、_.,
    |   | ノノ..::  |.:.:|                 ヾ  | |     、/|,,,(、   ノ
    |   | ´|"゙"゙"゙"|.:.:|゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙ ,,.-'⌒ー、:| :| |   丿:| |`ー- '
    i  |  :|:.0⌒ヽi´⌒0,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,( ,:; '';:. , | .| |  ノ`.;..| |:; ;:.'|
    |⌒ー、 |.   |:|〆⌒0゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙" (,,_(,, ,,),,| l.;| | ´ヽ   | |:.. ;':|
  (l):::| o ;⌒)..0⌒|;|⌒0       .,v..         | :| |  ノ`,;:..| | γ⌒ー 、
  | ;::!o;; ;o ;)  , |:|.   ∧ハて           ノ i ゞ | /` .:. |- '´"':;.,..:'""'::.,
  ハ ヾヽ ,_;_,_,,) ,v,:|;|  ('( ゚∀゚) そ                |; |`    |    ハ∧ ー'  )
 ' ` ``      |;|   ヽ、 、)                  |ノ ハ∧   (∀゚ )..,_,,ノ
            |:|    \|                  .| (∀゚ )  (★  )
  Wv,,_v      ノ!ゝ                    ,ノ.,.(☆  )   ヽ  / .wVy,.._
                                       ヽ_/    ヽ/
                                  wV

105 :93/121:2006/03/19(日) 23:00:38 ID:XaVIBNSz
   ── 、   !,.:;...    .,:;   ,.:..   ),; .|   / ;ゞヾゞゞ;ゞゞ;ヾゞヾ,,:ゞ.,/ゞ; ゞヾゞ
    ..; :  ヽ  |  ,;:.    ,;:: ,: : , -'´,.: ,.| ; / .:: |    .ゞ;ゞゞ;ヾ  ゞ;ゞヾゞ
   ::.,   ,... )ノ`ー 、    , -'⌒ー'!.:|., .,., | (   |...0⌒ヽi´ ゞ;ゞゞ;ヾゞ;ゞヾゞ
  ヽ ::..':''  ノ:.|    `ー '´ |,.:; .,:| .;|.,. .,. |  )  |   . ヾゞ;ゞヾゞ;ゞヾゞ .|
    |`ー-i'´ | ::|     0'|⌒0 |,.,. .,.|. .| .,..,. |  /  | ...0.ゞゞヾ;ゞゞ  .| :|
    |.┌                                       .| :|
    |.│ さいライタマ、レフタマ!さいたまさいサイタマ ───      .| :|
    |.└────v────────────────────┘| :|
    |   | :::|: :|    .|:|( .:;.:;.  .,;::;`i,_,,ノ | )  |     |:| . ハ∧   | :|
   ノ, ,i 、ゝ ノ .∧ハ   .ノiゝ,._.,(.,._;;__,.,)´)ゝ   |ノ    .ハ∧   (∀゚ ) .ノ i ゞ
"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙.( ゚∀゚)..゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙.(∀゚ )  (★  ) ゙"゙"゙゙"゙"゙"゙
.          (/  )                   (☆  )   ヽ  /
           .|/                      ヽ_/    ヽ/


106 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 23:01:10 ID:XaVIBNSz

                  ピンポンパンポーン

      おっと失礼、以下、翻訳バージョンでお送りいたします。

107 :94/121:2006/03/19(日) 23:01:41 ID:XaVIBNSz
   ── 、   !,.:;...    .,:;   ,.:..   ),; .|   / ;ゞヾゞゞ;ゞゞ;ヾゞヾ,,:ゞ.,/ゞ; ゞヾゞ
    ..; :  ヽ  |  ,;:.    ,;:: ,: : , -'´,.: ,.| ; / .:: |    .ゞ;ゞゞ;ヾ  ゞ;ゞヾゞ
   ::.,   ,... )ノ`ー 、    , -'⌒ー'!.:|., .,., | (   |...0⌒ヽi´ ゞ;ゞゞ;ヾゞ;ゞヾゞ
  ヽ ::..':''  ノ:.|    `ー '´ |,.:; .,:| .;|.,. .,. |  )  |   . ヾゞ;ゞヾゞ;ゞヾゞ .|
    |`ー-i'´ | ::|     0'|⌒0 |,.,. .,.|. .| .,..,. |  /  | ...0.ゞゞヾ;ゞゞ  .| :|
    |.┌                                       .| :|
    |.│ ライタマにレフタマじゃないか!戻ってきたのか ───   | :|
    |.└────v────────────────────┘| :|
    |   | :::|: :|    .|:|( .:;.:;.  .,;::;`i,_,,ノ | )  |     |:| . ハ∧   | :|
   ノ, ,i 、ゝ ノ .∧ハ   .ノiゝ,._.,(.,._;;__,.,)´)ゝ   |ノ    .ハ∧   (∀゚ ) .ノ i ゞ
"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙.( ゚∀゚)..゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙.(∀゚ )  (★  ) ゙"゙"゙゙"゙"゙"゙
.          (/  )                   (☆  )   ヽ  /
           .|/                      ヽ_/    ヽ/

108 :95/121:2006/03/19(日) 23:02:12 ID:XaVIBNSz
   ── 、   !,.:;...    .,:;   ,.:..   ),; .|   / ;ゞヾゞゞ;ゞゞ;ヾゞヾ,,:ゞ.,/ゞ; ゞヾゞ
  ┌                                      ;ヾ  ゞ;ゞヾゞ
  │ ── まさかまぁた逃げてきたとか言うんじゃねぇだろうな。 ;ゞゞ;ヾゞ;ゞヾゞ
  │ 軍には軍法ってのが ───  .┌
  └─────v──────── │ ・・・・・・ 違いますよ。
    |   | ..:|. :|    0^|:|`0 .:.|..,. .,.|: │ 勝手に早とちりしないでください、ヴィタマ。
    |   | .:;| .:|... :0⌒|:|⌒0 |.,..,., | .└──────v────────────┘
    |   |.: .::|: :|   : |:|.γ⌒ー'⌒ー.、.l゚ェェ゚) | (   |    |;|      | :|
    |   | :::|: :|    .|:|( .:;.:;.  .,;::;`i,_,,ノ | )  |     |:| . ハ∧   | :|
   ノ, ,i 、ゝ ノ .∧ハ   .ノiゝ,._.,(.,._;;__,.,)´)ゝ   |ノ    .ハ∧   (∀゚ ) .ノ i ゞ
"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙.(;゚∀゚).゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙.(∀゚ )  (★  ) ゙"゙"゙゙"゙"゙"゙
.          (/  )                   (☆  )   ヽ  /
           .|/                      ヽ_/    ヽ/


109 :96/121:2006/03/19(日) 23:02:43 ID:XaVIBNSz
┌                                ;ゞヾゞゞ;ゞゞ;ヾゞヾ,,:ゞ.,/ゞ; ゞヾゞ
│ んぉ?そうか?ならいいんだがよ。                     ゞ;ゞヾゞ
│ お前ら弱虫だからなぁ、いっつも二人一緒じゃねぇか。.        ;ヾゞ;ゞヾゞ
│ サイタマ種なら15になったらひとり立ちするのが基本だろぉ?   .ヾゞ .|
└──────v────────────────────┘
    |   | ..:|. :|    0^|:|`0 .:.|│ そんなことどうでもいいじゃないですか。
    |   | .:;| .:|... :0⌒|:|⌒0 |│ ところで、他の皆さんは?お仕事中ですか?
    |   |.: .::|: :|   : |:|.γ⌒ └────────────v───────┘
    |   | :::|: :|    .|:|( .:;.:;.  .,;::;`i,_,,ノ | )  |     |:| . ハ∧   | :|
   ノ, ,i 、ゝ ノ .∧ハ   .ノiゝ,._.,(.,._;;__,.,)´)ゝ   |ノ    .ハ∧   (∀゚ ) .ノ i ゞ
"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙.( ゚∀゚)..゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙.(∀゚ )  (★  ) ゙"゙"゙゙"゙"゙"゙
.          (/  )                   (☆  )   ヽ  /
           .|/                      ヽ_/    ヽ/

   ┌────^───────────┐
   │ あぁ、みんな奥で畑仕事してるぜ。
   └


110 :97/121:2006/03/19(日) 23:03:14 ID:XaVIBNSz
   ── .┌                                   ,,:ゞ.,/ゞ; ゞヾ
    ..; :  │ ─── ところでヴィタマはここで何してたんですか? . ゞ;ゞヾゞ
   ::.,    │ まさか自分の畑ほっぽりだして ───           ;ヾゞ;ゞヾゞ
  ヽ ::..':'' .└────────v──────────────┘ゞ .|
│ おおぉぉおおぉい、変な言いがかりつけるなよぉ。    ゞヾ;ゞゞ  .| :|
│ 俺はただここで果物を食べながら休憩を ───      .|:|.      .| :|
└─v─────────────────────┘.:|;|      | :|
    |   |.: .::|: :|   : |:|.γ⌒ー'⌒ー.、.l゚ェェ゚) | (   |    |;|      | :|
    |   | :::|: :|    .|:|( .:;.:;.  ハ∧..i,_,,ノ | )  |     |:|      | :|
  ハ∧ .,i 、ゝ ノ |   ..ハ∧   (∀゚ ).)ゝ   |ノ    .|    ノ!ゝ      ノ i ゞ
..(゚∀゚;).゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙(∀゚ )  (★  )."゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙"゙゙"゙"゙"゙
 ( ヽ)          (☆  )   ヽ  /
  ヽ|          ヽ_/    ヽ/

       ┌────^─────────┐
       │ つまりサボってたんですね。
┌^──────────────────────────────┐
│ そそそんなことねぇよだから長老には言わないでくださいお願いします。


111 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 23:03:45 ID:XaVIBNSz



                 ∧ ∧
                 (・∀・ )   < ライタマレフタマヘンヲトチュウマデワスレテタナンテイエナイ
                  ノ(  )ヽ
                  <  >


.

112 :98/121:2006/03/19(日) 23:04:16 ID:XaVIBNSz
  ── フォーチュンドーム 元帥執務室 ──

               |
               |
               |
               |      ハ(☆)      ハ(☆)         .ハ(☆)      ハ(☆)
               |     (*゚ー゚)     (*゚ー゚)        .(*゚ー゚)     (*゚ー゚)
               |     (i ソ)       (i ソ)       (i ソ)       (i ソ)
               |     ノ  i      .ノ  i         ノ  i      .ノ  i
              / ̄ ̄ んγ ゝ  ̄ ̄ んγ ゝ  ̄ ̄ ̄んγ ゝ ̄ ̄ ̄んγ ゝ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /     ______
            /     .∧∧         /.|  .∧_∧
          /     . (дメ,)    ./  | (, ´ー`)
        / .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)
      /    .||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>
     /     ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)
   /       .|  ̄ | .|      |  /
  /           |   | .|____//
/             |   |/
                ̄


113 :99/121:2006/03/19(日) 23:04:47 ID:XaVIBNSz
     ┌
     │ ─── 元帥閣下、アヒャリーナ嬢がいらっしゃったようです。
     └───────────────v──────────┘
      │ ん、通してあげて。
      └─────v────┘

               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧
            . (дメ,)    ./  | (, ´ー`)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//  ┌────^──┐
          |   |/             │ 了解しました。
           ̄


114 :100/121:2006/03/19(日) 23:05:18 ID:XaVIBNSz





               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧
            . (メ^д)    ./  | (, ´ー`)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//
          |   |/
           ̄

115 :101/121:2006/03/19(日) 23:05:49 ID:XaVIBNSz





                                            ── ヒュイン
               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧                   ∧|! i
            . (メ^д)    ./  | (, ´ー`)                   li ,∀゚;)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)                  il i |)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>                  | il i l
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)                il i l´J
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//
          |   |/
           ̄

116 :102/121:2006/03/19(日) 23:06:20 ID:XaVIBNSz
                      ┌
                      │ だ、第1師団第2大隊長アヒャリーナ ・ レイン。
                      │ 召喚の御命令を受け只今参りました。
                      └────────────────v───┘
 │ あはははは、そういえば君はここに来るの初めてだったねぇ。
 │ ここに来るシステムにびっくりしたろう?びっくりしたよな?
 └────────v──────────────────┘

               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧                   ∧∧
            . (メ^д)    ./  | (´ー` ,)                   (゚∀゚;)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)                  |  |)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>                  |  |
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)                し´J
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//         ┌────────────^──┐
          |   |/                    │ は、はい。まさかあんな ───
           ̄    ┌────────^──────────────┐
                │ このあと会議がありますのでお早めにお願いします。
                └


117 :103/121:2006/03/19(日) 23:06:51 ID:XaVIBNSz
 ┌
 │ ん、そう?じゃあさっさと済ませたほうがいいかな?いいよな?
 │ まぁ君を呼んだのは重要な作戦があるからなんだけど ───
 └────────v───────────────────┘
                    │ ─── はい、作戦ですか ・・・・・・ なんでしょう。
                    └──────────────────v───┘

               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧                   ∧∧
            . (メ^д)    ./  | (, ´ー`)                   (゚∀゚*)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)                  |  |)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>                  |  |
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)                し´J
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//
          |   |/
           ̄

118 :104/121:2006/03/19(日) 23:07:23 ID:XaVIBNSz
  ┌
  │ 3日後にモラル ・ ハンガリーの少し北東にある
  │ 『 ギヌンガ渓谷 』で軍事作戦があるから、君たちの隊にも出てもらうよ。
  │ だから今日中に部隊員全員を召還して明日には準備を整えるように。
  └───────v───────────────────────┘

               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧                   ∧∧
            . (メ^д)    ./  | (, ´ー`)                   (゚∀゚*)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)                  |  |)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>                  |  |
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)                し´J
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//
          |   |/
           ̄

119 :105/121:2006/03/19(日) 23:08:23 ID:XaVIBNSz

           =====================================
                The 同音異義語 まめ知識B

                  召喚 ・・・ 呼び出すこと
                  召還 ・・・ 呼び戻すこと
           =====================================

               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧                   ∧∧
            . (メ^д)    ./  | (, ´ー`)                   (゚∀゚*)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)                  |  |)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>                  |  |
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)                し´J
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//
          |   |/
           ̄


120 :106/121:2006/03/19(日) 23:08:54 ID:XaVIBNSz
   ┌
   │ 詳しい作戦内容はその書類に全部書いてあるから。
   │ 作戦会議は2日後にあっちでやってもらうよ。
   └───────v────────────────┘
                           │ ちょ ・・・・・・ ちょっと待ってください!
                           └─────────────v───┘
               ______
              .∧∧         /.|              .∧_∧     . ∧∧
            . (メ^д)    ./  |             (, ´ー`)    (゚∀゚;)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   /             (   <y> つ□と|  |)
          ||./   (_つ ノ_/    /              く__,ノヽ>     .|  |
       ./_/|  .`J   .|   /                l_ノ ヽ__)    し´J
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//
          |   |/
           ̄
        ┌───^────┐
        │ ん?なにかな?
        └


121 :107/121:2006/03/19(日) 23:09:26 ID:XaVIBNSz
 ┌─[ アヒャリーナ ]───────────┐
 │ まだ先日の戦いで消耗した兵員が ──┌─[ タッカーラ ]───────────
 └───────────────── │ こちらで補充しておいた、
                                │ 明日の編成には間に合うようにしている。
                                └──────────────────┘
   ┌──────────────┐
   │ そのような急な編成は ──┌─────
   └──────────.   │ 頑張れ。
                         └─────┘
               ┌───────────────────┐
               │ 今日中に全隊員を召還するなんて ── ┌────
               └──────────────────│ 頑張れ。
               ______                   └────┘
              .∧∧         /.|  .∧_∧                   ∧∧
            . (メ^д)    ./  | (, ´ー`)                   (゚∀゚;)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)                  |  |)


122 :108/121:2006/03/19(日) 23:09:57 ID:XaVIBNSz
                    ┌
                    │ ─── いくらなんでも急すぎます!それに ───
                    └──────────────────v────┘
  │ アーサー君にはもう確認してもらったよ。
  │ ちなみに貸して貰うのは第2大隊だけ、作戦は第3師団と共同だ。
  │ ─── やってくれるかな?
  └────────v────────────────────┘

               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧                   ∧∧
            . (メ^д)    ./  | (, ´ー`)                   (゚∀゚;)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)                  |  つ
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>                  |  |
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)                し´J
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//
          |   |/
           ̄


123 :109/121:2006/03/19(日) 23:10:28 ID:XaVIBNSz

      ┌
      │
      │  ─── やって、くれるよなぁ?
      │
      └───────v────────┘

           ..     /ヽ    /ヽ,  ニコニコ
                   /  `ーー'   ヽ
              /.          ヽ
                l  /ヽ    _/  i
               l.ノ    ,--、7ヘ .i
        ニコニコ  ヽ、   i__l   ,ノ
               `>     イ


124 :110/121:2006/03/19(日) 23:11:00 ID:XaVIBNSz
                             ┌
                             │ いや、その ──────
                             └───────────v─┘
         │ そもそも、元帥閣下の勅令だ、君に拒否権は無い。
         └────────────v──────────┘
  │ おいおい、そんなこと言ってるから部下に
  │ 恵まれないんだよ、モナリエント君。
  └────────v──────────┘
               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧                   ∧∧
            . (メ^д)    ./  | (, ´ー`)                   (∀-;)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)                  |  |)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>                  |  |
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)                し´J
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//  ┌───^────────────┐
          |   |/             │ 上司に恵まれていれば結構です。
           ̄              └

125 :111/121:2006/03/19(日) 23:11:30 ID:XaVIBNSz
                         ┌
                         │ ─── 了解しました、やらせていただきます。
                         └──────────────v─────┘
 ┌
 │ ん、いいねいいね。『 やってみます 』じゃないところが
 │ 結構ポイント高いよ。
 └────────v───────────────┘

               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧                   ∧∧
            . (メ^д)    ./  | (, ´ー`)                   (゚∀゚*)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)                  |  |)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>                  |  |
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)                し´J
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//
          |   |/
           ̄


126 :112/121:2006/03/19(日) 23:12:01 ID:XaVIBNSz
  ┌
  │ さ、アヒャリーナ君がお帰りだ、送ってくれ。
  └─────────v─────────┘
                  ┌
                  │              了解。
                  └──y────v──────v──────v─┘               |
               |      ハ(☆)      ハ(☆)         .ハ(☆)      ハ(☆)
               |     (*゚ー゚)     (*゚ー゚)        .(*゚ー゚)     (*゚ー゚)
               |     (i ソ)       (i ソ)       (i ソ)       (i ソ)
               |     ノ  i      .ノ  i         ノ  i      .ノ  i
              / ̄ ̄ んγ ゝ  ̄ ̄ んγ ゝ  ̄ ̄ ̄んγ ゝ ̄ ̄ ̄んγ ゝ ̄ ̄ ̄ ̄
             /     ______
            /     .∧∧         /.|  .∧_∧               ∧∧
          /     . (  メ)    ./  | (, ´ー`)             (゚∀゚*)
        / .ヾヽ_ / ( ._∞)   ./   / .(   <y>)               |  |)
      /    .||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>              |  |
     /     ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)                .し´J
   /       .|  ̄ | .|      |  /

127 :113/121:2006/03/19(日) 23:12:32 ID:XaVIBNSz
  ========================================================

              『 密閉空間 』 元帥執務室

   究極のセキュリティーを施した空間、地下数100Mのところにあり
      広さは居住空間も合わせると5000平方Mにもなる。
  現存する兵器 ・ 攻撃方法では傷ひとつつけることも出来ないだろう。

      移動方法はしぃ種の空間魔法によるテレポートのみ。
    テレポートはしぃ種でもよほどの使い手で無いと出来ないが、
       常に4人体制にすることでそれを可能にしている。

  ========================================================

     ハ(☆)        ハ(☆)            ハ(☆)        ハ(☆)
    (*゚д゚)        (*゚д゚)            (*゚д゚)        (*゚д゚)
    (i ソ)         (i ソ)             (i ソ)         (i ソ)
    ノ  i        .ノ  i            .ノ  i        .ノ  i
    んγ ゝ        んγ ゝ         .んγ ゝ        んγ ゝ


128 :114/121:2006/03/19(日) 23:13:03 ID:XaVIBNSz





                                           ヒュィィィィィ … ン …
               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧                   ∧|! i
            . (メ^д)    ./  | (, ´ー`)                   li ,∀゚*)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)                  il i |)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>                  | il i l
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)                il i l´J
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//
          |   |/
           ̄


129 :115/121:2006/03/19(日) 23:13:35 ID:XaVIBNSz
  ┌
  │ ─── 3日後、かぁ ・・・・・・
  └───────v──────┘
                  ┌
                  │ 私には出来かねます。
                  └──────v────┘
               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧
            . (дメ,)    ./  | (, ´ー`)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//
          |   |/
           ̄


130 :116/121:2006/03/19(日) 23:14:06 ID:XaVIBNSz
        ┌─[ タッカーラ ]────────┐
        │ ─── そりゃあそうだろうねぇ。
        └───────────────

               ┌
               │ ─── ですからやっぱり ───
               │ っと、電話ですね、誰からでしょう。
               └──────────v──────┘
                                             .) (  ..|:
                      ピピピピピピピピピ    、─ . (_).─ 、
                         __ п_п___.|.\_____\
                        ||    (・∀・ )  ..|| ..||       .||
                        ||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
       ..____________.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                 .,---、      ||\.\             \    .o    ||
                ( -_)       .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
                 .(   )         .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                  し´J           || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \


131 :117/121:2006/03/19(日) 23:14:50 ID:XaVIBNSz
  ┌─[ タッカーラ ]─────────┐
  │ なんせ、ワガハイでも難しいことだ。
  └────────────────

        ┌
        │ カークスか?私だ、アヒャリーナだ ────
        │ 作戦が入った、緊急だ ── そう ─── そうだ。
        │ その状態でも電話番くらい出来るだろう。
        └─────────v────────────┘   
              (・∀・)     ┌[ 今日の標語]┐             |
                |       │  カリビアン . |              |
                |      ∧∧ ─────┘              |
              ┌┴┐   ∩゚∀゚)                       |  /
__________.|_|_|_|__.ヽ  / .______________|/
               └‐┘  .〜 ,,つ
                       (/

132 :118/121:2006/03/19(日) 23:15:21 ID:XaVIBNSz
 ┌─[ タッカーラ ]─────────────
 │ まぁ、お手並み拝見とでも行こうじゃないか。
 └───────────────────┘

               ┌
               │ え?今日中に全隊員を? そんな ──
               │ ── 了解しました、場所は ───
               │ はい ── はい ── 分かりました。
               └─────────v────────┘
                         __ п_п___.|.\_____\
                        ||    (・∀・ ∩  .|| ..||       .||
                        ||___,(ヽ_    /  .|| ..||     .o    ||
       ..____________.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                 .,---、      ||\.\             \    .o    ||
                ( -_)       .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
                 .(   )         .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                  し´J           || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
           ================================

              白い歯車の周りで踊る者たち

           ================================


133 :119/121:2006/03/19(日) 23:15:53 ID:XaVIBNSz
     ┌─[ タッカーラ ]─────────
     │ 彼女なら大丈夫だとは思うけどね。
     └───────────────┘
       │ ヒキール大尉にもアヒャリーナ少佐からの言伝です。
       │ 「 『 今日中に 』 全兵装を整えろ 」だそうです。
       └───────────────v───────┘
.================================
          .シンフォニー
. 永遠と瞬間の交響曲を奏でる者たち  .__ п_п___.|.\_____\
                        ||    (・∀・ )  || ..||       .||
.================================ ||___,(ヽ_    )  .|| ..||     .o    ||
       ..____________.,||ヽ _,.,,ヽ,ノ ⌒`⌒ヽ\ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                 .,---、      ||\.\             \    .o    ||
                ( -_)       .\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||______||
                 .(   )         .\.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.        \
                  し´J           || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \

  ┌──────────^────────┐
  │ ・・・・・・ そんな ・・・・・・ いや ・・・・・・ 了解。
  └

134 :120/121:2006/03/19(日) 23:16:25 ID:XaVIBNSz
   ┌
   │ 彼女は、いや、『 彼女達 』はきっと ───
   └───────v────────────┘

               ______
              .∧∧         /.|  .∧_∧
            . (дメ,)    ./  | (, ´ー`)
      .ヾヽ_ / (_∞_ )   ./   / (   <y>)
          ||./   (_つ ノ_/    /  く__,ノヽ>
       ./_/|  .`J   .|   /   (__)_)
       .|  ̄ | .|      |  /
          |   | .|____//  =========================================
          |   |/
           ̄                選ばれし役者が進むは運命という荒れ狂う海原
                                  グランドメイズ
                        進むは果てしない大迷路   そして

                     =========================================


135 :121/121:2006/03/19(日) 23:16:56 ID:XaVIBNSz
     ┌─[ タッカーラ ]───────────────
     │
     │   この戦争の この世界の 『 歯車 』になる
     │
     └─────────────────────┘

          ,    ,
         / \  / \
        /   \‐  ヽ
        |         |     ==================================
         |.    〇 .ト-イ |
        ヽ *   丶' /        目指すは 理想という名の灯台
          `ー,-:.  ..イ
         /      .|、      ==================================
        /  イ     l \


136 :1/6:2006/03/19(日) 23:17:27 ID:XaVIBNSz

    ┌
    │ こ〜ん〜ば〜ん〜わぁ〜〜〜
    └───────v───────┘
                       _
       __               i_†_i_)
     (   @)             (゚д゚,,)
     爪,,・∀・ミ    ('A`)     /゚†゚,、ゝ
     ミ    ミ  ┳━━━┳  (;;;;;;;;ヽ

  ┌────────^───────────┐
  │ 最近予定が狂いっぱなし、理系の作者です。
  └

137 :2/6:2006/03/19(日) 23:17:58 ID:XaVIBNSz
 ┌
 │ 実はあと100コマくらいある予定だったんだけど
 │ 早めに投稿したかったんで全部第9話に持ち越します!
 └─────────v───────────────┘
│ 本当は全員が集まるところまでやりたかったんじゃけどな。
└────v─────────────────────┘
                       _
       __               i_†_i_)
     (   @)             (゚д゚,,)
     爪,,・∀・ミ    ('A`)     /゚†゚,、ゝ
     ミ    ミ  ┳━━━┳  (;;;;;;;;ヽ

            ┌───────^─────────────┐
            │ 続けているという意思をさっさと見せるためにも
            │ 早期の投稿に踏み切ったというわけだ。
            └


138 :3/6:2006/03/19(日) 23:18:30 ID:XaVIBNSz
  ┌
  │ よって、今回は大戦記のほうの更新も無しです。
  │ 出来る限り急ぐので勘弁してください。
  └────────v─────────────┘
│ 大型(中型?)AAを入れたりすると制作時間が
│ 2倍以上かかるのぅ ・・・・・・ いずれ慣れるじゃろうか。
└────v───────────────────┘
                       _
       __               i_†_i_)
     (   @)             (゚д゚,,)
     爪,,・∀・ミ    ('A`)     /゚†゚,、ゝ
     ミ    ミ  ┳━━━┳  (;;;;;;;;ヽ

        ┌──────────^──────┐
        │ というか一番時間かかったのは私と
        │ ファーサ老のところなんだけどな。
        └


139 :4/6:2006/03/19(日) 23:19:02 ID:XaVIBNSz
 ┌
 │ 登場キャラ多いですが、主役グループ以外はしっかり
 │ 憶える必要はありません、なんとなくでOKです。
 │ ただ、苗字とか一部キャラを覚えてると大戦記とリンク
 │ している部分に気付くかもしれません。
 └─────────v──────────────┘
│ ワシなんかもろ登場するぞい。
└────v─────────┘

                       _
       __               i_†_i_)
     (   @)             (゚д゚,,)
     爪,,・∀・ミ    ('A`)     /゚†゚,、ゝ
     ミ    ミ  ┳━━━┳  (;;;;;;;;ヽ

           ┌────────^──────┐
           │ ハニャール家はすでにでてるな。
           └


140 :5/6:2006/03/19(日) 23:19:34 ID:XaVIBNSz
 ┌
 │ 久しぶりに手をかけたということもあり、途中から軽く意識とんでたので
 │ 至らないところもあると思いますが、ぜひ指摘のほどヨロシクお願いします。
 └─────────v───────────────────────┘
│ さてさて、次回は東のストーリーじゃ。
└────v────────────┘

                       _
       __               i_†_i_)
     (   @)             (゚д゚,,)
     爪,,・∀・ミ    ('A`)     /゚†゚,、ゝ
     ミ    ミ  ┳━━━┳  (;;;;;;;;ヽ

            ┌───────^───────────┐
            │ 題名『 Insider 』、タイトルだけで
            │ 我々の作品を予想できる人は正直凄い。
            └


141 :6/6:2006/03/19(日) 23:20:06 ID:XaVIBNSz

 ┌
 │ まだごたごたしてて制作に時間がかかりますが、
 │ 出来る限り早く皆様に作品を見てもらうために
 │ 頑張りますので、なにとぞよろしくお願いします。
 │ では、またお会いしましょう!
 └─────────v────────────┘
                       _
       __               i_†_i_)
     (   @)             (゚д゚,,)
     爪,,・∀・ミ    ('A`)     /゚†゚,、ゝ
     ミ    ミ  ┳━━━┳  (;;;;;;;;ヽ

   ┌──^─────^─────^──
   │       L a t e r
   └


142 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/03/19(日) 23:21:37 ID:MsX44rd4
∀゚)ノ ミテタヨー

143 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 23:31:19 ID:IXZj5SpG
乙です。では前スレ埋めますね

144 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 23:31:28 ID:wrdfArmY
リアタイで遭遇!
レベル高過ぎ!
おもしろい!
次作に早くも期待!

145 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/19(日) 23:37:22 ID:LJmRSXCJ
偶然遭遇。
やっぱり最高ですね。

146 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/20(月) 08:17:39 ID:bE14eSxK
素晴らしい・・・やっぱり◆LOfHzYl1Iw 様はこのスレの神です・・・!

147 :サエラ:2006/03/22(水) 17:35:03 ID:uq+6j7BE
お疲れ様です。◆LOfHzYl1Iw様。

148 :でぃ×2 ◆FjOpeTE2Ts :2006/03/22(水) 21:24:49 ID:oNtn23Nz



     /ヽ        /ヽ
    /;;;;;;;;;ヽ      /=・=
    l;;;;;;;;;;;;;ヽ__________/;;;;;;;;;;;ヽ
   /          ____  ;;;;;ヽ
   l  /;;;;;l     / l()lヽ ;;;;;;;l
   l  l;;;;;;l     ヽヽ//  ;;;;;l
   l    ヽ________/      ;;;l
   ヽ    ヽ   /       ;/
    丶    ヽノ      ;;;;/
    /             ;;;;ヽ
=====正義は一つ=====


ーーーーーーーーその一つとは私である。

              

           (故モラルフ・アブラー党首の著書から抜粋)

149 :でぃ×2 ◆FjOpeTE2Ts :2006/03/22(水) 21:25:25 ID:oNtn23Nz
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::マターリモララーと虐殺モララーの戦争::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::三つ目の独裁者::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

150 :でぃ×2 ◆FjOpeTE2Ts :2006/03/22(水) 21:26:07 ID:oNtn23Nz
東モララー軍アブノーマル基地
::::::::;;;;;;;;;;;;,,;;;;;;;;;;;;,,;;;;::::::::,;;;;;;;;;;;;,,:::::::::::::::::::.:;;:.:;:.:;;;;;;;;;;;;;;,,::::::::::.:;;;;;;;;;;;;;;,,::::::::::.:;;:.:;;;;;;;;;;;;;,,::::::|   
  ;;,○==========○: |◎◎.◎.◎.◎.◎;;|::::::::::.::|          ̄  ̄  |:.:; ;;;;; ,,: ::::|  
 :.:;:.;;||        || |::::::::::.:;.:.:;;.:.:;;.:.:;;. ; ;,|;;;;;;;;;;;,,|  マターリ狂信者よ!  |::::::::::.:;:. ;. ;| 
 ;;;;;;;;||  ∧虐∧   || |;;;;;;;;;;;;,,::::::::::.:;:.:;: : .;|:.:;;:.:;:.:;|    目を覚ませ!   |;;;;;;;;;;; ,,: :.:;|   
 ::::::::|| (・∀・ ) . || ::|:::::::|moraraking|;; ;|::::::::::.:;|                  |;;;;;; ,,: ::::::.:;|   
   ; || 9m   )  || ::|;;;;;;:.:;;:.:;;;..:;.;:.:;: .::.: ;;|;;;;;;;;;;;;,|_________|;;;;;;;;;; : .:;:.:;|    
 ;;;;;;;;|| ││ │  || ::|;;;;;;;;;;;;,,:::::::::::: :::::: ;:,|;;;;;;;;;;;;;;;,,;;;;;;;;;;;;,,;;;;;;;;;;;;,,;;;;;;;;;;,,;;;;;;;;;;;;,,;;;;;;;;;;;;,,|\   
 ;;;;;;.○==========○ |;:.:;;;;;;;;;;;;;,,::::.: ;;;: ;∂|;;;;;;;;;;;;,,;:.:;;;;;;;;;;;;;,,::::::::::.:;:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;,,::::::::::.:;:.:;|ヽ \   
 :::::::::;;;;;;;;;;;;,,:::::::.:;:.:;;.;;;..:;|:::::::::::::::::::.:;;;;;;; ;♂ ;|;;;;;;;;;;;;,,:::::::::::::::::::.:;;;;;;;;;;;;;;,,::::::::::.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ ヽ \    
 _______;: ::.:;|;;;;;;;;;;;;,,:::::::: ;;;.:;.:.:;:.:;|:.:;:.:;:.:;;;;;;;________________________________:::::::: :.:;|ヽヽ_____\     
 二X二二二XX二) .;:.:|:.:;;;;;;;;;;;;;,,:.:;.;:.:;:: ;;;;;,,|:.:;;;;;;;;;;;;;(二XX二二二二二XXXX二二二二二XX) \
  |;;..:;|/;;; ヽ|::::::|/.;;:.:;;;;.|; ________________  |;;;;;;;;;;;;::: ::ヽ|;;;;;,,|/::::::::::.:;:: :: ;ヽ|;;;;;|/;;;;; ;;;; ,;|ヽヽ |;;;,,|ヽ ヽ \    
  |:.:;;:|:::::::::;;|◎;|:.:;;;;;;; ;;|ミ|   l    .|:.:; ;;|:.:;;:.:;;:.:;:. :.;:;|:.:;;,,|;;;;;;;;;;;;,,:::::::::;:.:;|:.::;|;;;;;;,,:::::::::|ヽヽ |;;;,,|ヽ ヽ ヽ \
  |:.:;::| :. ; ;|;;;;;;|  ::: :.|ミ| . olo  ¶|::::: :|:.:;;;;;:.:;;:.:;;: :;|:.:;;:;|;;;;;;;;;;;;,,:.:;:.:;:.:.:;|:::::|:.:;::::::::::.:;|ヽヽ |:.:;:|ヽ ヽヽヽヽ \
  |;;;;;;|..,.,.,..,.|:.:;;;|..,.,.,..,.,.,|ミ|__ _ _ l_ _ _ ¶|;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;,,::::: ::|:.:;;,,|::::::::::.:; :.;;:.: ;: ;|:.::;|;;;;;:::;;;;;;;,,|ヽヽ |;;;,,|ヽヽヽ ヽヽ ヽ \
  |;;..;:|   |:.:;:.|ヽヽ ヽ\:.:;.;;..:;;;:.:;:.:;;:::::;;;;; \      |:.;:.:;|ヽヽヽヽヽヽヽ|;;;,,|ヽヽヽヽヽヽヽ|:.::;|ヽヽヽヽ ヽ ヽ ヽ \
  |;;:;;;|   |;;;:::| ヽヽヽヽ\;;..:;;;..:;.;;:.:;;;;;;;;;;; ;;\ ヽ ヽ |:.:;.:;|ヽヽヽヽヽヽヽ|:::::|ヽヽヽヽヽヽヽ|:::::|ヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ\
  |;;.:.:|   |:.:;;:| ヽ ヽヽ ヽ \:.:;;;:.:;;;;;;;;;;;;;,,;;; ;;;;\ヽヽ|;;;;;;,|ヽヽヽヽヽヽヽ|;;;;;|ヽヽヽヽヽヽヽ|;;;;;|ヽヽヽヽヽ ヽヽヽヽヽヽ\
 ヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ ヽヽヽヽヽ\:.:;;:.:;:.:;;;ヾ:.:;:::: ::::\ヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ ヽ ヽヽヽヽヽ\
 (◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎|;;;;;;;;::::.:;|::.:;:.:;;;; ;;;;;;;)◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎)
,,、,、,,,       ,,、,、,,,      ,, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,、,、,,, ,,、,、,,,;;..:;    ,,、,、,,, 

151 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/22(水) 21:27:05 ID:oNtn23Nz



  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  l モナデーラか。 ヽ
  l  入れ。      l
  ヽ____  ____/
       ヽ|                      
      ∧虐∧   _______                 
       (. ゚・∀・)/         /|     ______________     
  .    (    /         / |           ヽ   
    ヾヽ.  /           /   |      入ります。 >     
     ||/          /   /            /
     /          /   /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /
     |             |  /
     |____________________|/

152 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/22(水) 21:27:47 ID:oNtn23Nz




  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  l モラゼルガで良いヽ                 
  l テカシンユウダロ?    l                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  ヽ____  ____/                  l モラゼルガ様、         l
       ヽ|                         i 私めに何の御用ですか?  . l
      ∧虐∧   _______            ヽ__  __________/    
       (. ゚・∀・)/         /|                ヽ|
  .    (    /         / |               ∧虐∧
    ヾヽ.  /           /   |                (´∀ヽ )  ドン
     ||/          /   /                (    つ
     /          /   /                  ヽ / 人
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /   .                 (__)__)
     |             |  /
     |____________________|/

153 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/22(水) 21:29:27 ID:oNtn23Nz



  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  l 相変わらず    ヽ                 
  l 生真面目だな。  l           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  ヽ____  ____/           l いえ私は劣等種ですから、   l
       ヽ|                 i 貴方とは命の価値が違います l
      ∧虐∧   _______    ヽ__  ____________/    
       (. ゚-∀・)/         /|       ヽ|
  .    (    /         / |     ∧_∧
    ヾヽ.  /           /   |      (´∀ヽ )
     ||/          /   /      ( 虐O )
     /          /   /        | | |
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /   .       (__)_)
     |             |  /
     |____________________|/

154 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/22(水) 21:31:24 ID:oNtn23Nz


        /ヽ        /ヽ
       /  ヽ      /  ヽ
       l   ヽ__________/    ヽ
       /              ヽ    
      l  /      (\     l     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      l   ヽ________/  ヽ;;ヽ   l   < はい。
      l    ヽ  /   ヽ丿  l     | お褒めいただき光栄です。
      ヾ    ヽノ        /     \_______
      /              ヽ
     /                ヽ
     l                 l
     l                 j

155 :でぃ×2 ◆FjOpeTE2Ts :2006/03/22(水) 21:32:44 ID:oNtn23Nz



        /ヽ    ___|-_  /ヽ
       /  ヽ.  | 七  /  ヽ      _____
       l    ヽ丿|三_/    ヽ     /
       / -=・=-          ヽ   / 
      l   /;;;;;l        /;;;;;l l  <フン、どこまでも真面目な奴だ。   
      l   l;;;;;;l ヽ_______/ l;;;;;;l l   ヽ
      l       ヽ  /    l    丶______ 
      ヾ       ヽノ    /     
      /              ヽ
     /                ヽ
     l                 l
     l                 j

156 :でぃ×2 ◆FjOpeTE2Ts :2006/03/22(水) 21:33:19 ID:oNtn23Nz
キャラクター紹介


名前・・・・デスラ・モラゼルガ(42)

  ∧虐∧
 (. ゚・∀・)
 (    ) 虐殺派のモララー。
 | | |  奇形で目が三つある。
 (__)_)


名前・・・・マエオ・モナデーラ(41)

  ∧虐∧
 ( ノ∀`)
 (    ) モラゼルガの前の大戦での戦友。
 | | |  こいつも奇形。
 (__)_)

名前・・・・モラルフ・アブラー(故人)

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   l     虐殺        )
   ヽ__________ /
    |  【虐待虐殺】     ̄l
   l二二二二二二二二二二二l
   /          ____  ;;;;;ヽ
   l  /;;;;;l     / l()lヽ ;;;;;;;l  「我が虐殺」の著者のアブスの党首のの独裁者。
   l  l;;;;;;l     ヽヽ//  ;;;;;l  実は(ry
   l    ヽ________/      ;;;l
   ヽ    ヽ   /       ;/
    丶    ヽノ      ;;;;/
    /             ;;;;ヽ

157 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/22(水) 21:35:15 ID:vAZM+Nt9
ミタヨー。

158 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/23(木) 01:08:58 ID:f6T0rpiv
投稿乙。

159 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/23(木) 16:06:21 ID:W4HqWVbJ
乙。次回作に期待。
階級気になるなぁw

160 :1/32 外伝 ◆LOfHzYl1Iw :2006/03/27(月) 20:28:59 ID:ZfbKfpIQ




================== Morara's War Another story ======================

         マターリモララーと虐殺モララーの戦争   外伝

            大戦記第二話   『 帝国が生む物 』

====================== Mata-ri VS Genocide =========================




.

161 :1/32 ギャーイキナリコマスウマチガッタ:2006/03/27(月) 20:29:34 ID:ZfbKfpIQ


       _    _                  / ̄ ̄ヽ
      / /  |  |      ____     ヽ/ ̄ヽ ヽ
     ./ /    |  |     ヽ___ ヽ        //
     / /     |  |        |  |//        //
    /_/       |_|       //          〇

                /⌒ヽ
                |   | __ ,,,,,,,,,
               /         ヽ
               |  二    二  |
                |     _      .|
               ヽ    /_ヽ   /
                \_    _/
                   ノ  ヽ、
                 と´ モ ,__つ
                  ノ   |
                と´_ イ /
                    し

162 :2/32:2006/03/27(月) 20:30:04 ID:ZfbKfpIQ
  ── モララー国 モラトスの部屋 ──

          ┌
          │ だから、帝国をはっ倒すためにモララー軍の力を貸して欲しい。
          └──────────────────v────────┘

                         ナンダイマノハ
      ∩_,,,,   _______     ,ソハヽo
      ( ・∀・)/         /|   (∀・;川         AА
      (    つ旦.       / |   (    )       (д゚,,)
    ヾヽ.  /          /   |   | | |       (| † つ
     ||/         /   /    (__)_).       |  |〜
     /           /   /                    し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


163 :3/32:2006/03/27(月) 20:30:34 ID:ZfbKfpIQ
 ┌
 │ むぅ、なんでそういうことを僕に言うかな?
 └─────v─────────────┘
                         │ ─── と、言うと?
                         └────────v─┘

         フニャ                  oソハヽ
         ∩_,,,, _______      川・∀・)
         ( -∀・)        /|     (    )      AА
        ノ  つ つ旦      ./ |     | | |       .(д゚,,)
    ヾヽ( /          /   |     (__)___)      .(| † |)
     ||/           /   /                   |  |〜
     /          /   /                       し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


164 :4/32:2006/03/27(月) 20:31:04 ID:ZfbKfpIQ
 ┌
 │ 軍をまとめてるのは僕じゃなくてこの国のTOPか元帥だよ。
 │ 僕に言われても動かせるわけないじゃん?マンガじゃないんだし。
 └────v────────────────────────┘

                               oソハヽ イッシュノマンガダロ
         ∩_,,,, _______      川・∀・)
         ( ・∀・)        /|     (    )      AА
        ノ  つ つ        ./ |     | | |       .(д゚,,)
    ヾヽ( /  旦      /   |     (__)___)      .(| † |)
     ||/           /   /                   |  |〜
     /          /   /                       し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /          ┌───────^──────┐
     |             |/            │ モラトスは発言力強いだろうが。
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             └

165 :5/32:2006/03/27(月) 20:31:34 ID:ZfbKfpIQ
  ┌
  │ 強いっていってもたかが知れて ───
  └──────v───────────┘
               ── ヨイショット …
         ( ̄´) ( ̄~)           マータギョウギノワルイ
          \ \/ /             ソハヽo
           ∩_,,,,ノ_____.      (・∀・川
     タンッ  ⊂( ・∀・)     ./|     (    )       AА
      从て. /   ∪       ./ |     | | |        .(д゚,,)
    ヾヽ  そ   旦     /   |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           /   /                  |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /   ┌────────────^─────────────┐
     |             |/     │ その歳でってのが驚きだが、あんたはこの国の究極兵器だ。
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      │ そんな奴の発言、特に軍事関係のになったら、お偉方でも
                       │ 無視するわけにもいかないだろう?


166 :6/32:2006/03/27(月) 20:32:04 ID:ZfbKfpIQ
  ┌
  │ 純粋な発言力なら、ギーファのほうが ──
  └──────v─────────────┘
             │ ヒロユキ教の枢機卿が国のトップに直接こんな話持ち出せるかよ。
             └─────────────────v───────────┘
         ( ̄´) ( ̄~)
          \ \/ /             ソハヽo
           ∩_,,,,ノ_____.      (・∀・川
          ⊂( ・∀・)     ./|     (    )       AА
          /  ∪       ./ |     | | |        .(д゚,,)
    ヾヽ  /   旦     /   |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           /   /                  |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

167 :7/32:2006/03/27(月) 20:32:34 ID:ZfbKfpIQ
   ┌
   │ ── ギコ種は人の話を途中で切るのが好きだね。
   └────────v──────────────┘
                     │ ぱっぱと終わっていいじゃねぇか。
                     └───────────v────┘

                ストン         .oソハヽ
             __∩_,,,, __      川-∀・)
            /   ( ・∀・) ./|     (    )       AА
          /    /    |/ |     | | |        .(д゚,,)
    ヾヽ  ./   旦と_/( ⌒ヽヽ |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           / し'' /                  |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /   ┌──────^─────────────────┐
     |             |/     | それにしても本当に ───
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      │ なんで枢機卿のあなたがそのようなお話を
                       │ 持ち出すのですか?戦争は宗教的にご法度でしょう

168 :8/32:2006/03/27(月) 20:33:04 ID:ZfbKfpIQ
               ┌
               │ ─── その理由は ───
               │ とりあえず、今の世界設定について少し話さなきゃなんねぇな。
               └───────────────v───────────┘
                       ドコミテイッテンデスカ
                           .oソハヽ
             __∩_,,,, __      川・∀・)
            /   ( ・∀・) ./|     (    )      АА
          /    /    |/ |     | | |       .( ゚д゚ )
    ヾヽ  ./   旦と_/( ⌒ヽヽ |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           / し'' /                  |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


169 :9/32:2006/03/27(月) 20:33:34 ID:ZfbKfpIQ
    ┌
    │ 今現在世界を治めてんのは土地の大きい順に
    │ 『 ギコ帝国 』『 チビ公国 』『 モララー国 』
    │ 『 モナ共和国 』『 フーン連邦 』だ。
    └───────────v─────────┘
                      ┌─[ モラトス ]──────────────┐
                      │ ・・・・・・ いや、そりゃそうでしょ。
                      │ なんでそんな当たり前のことから始めんの?
                      └────────────────────
           ..     /ヽ    /ヽ, ミテノトウリ
                   / ̄ `ーー'  ̄ヽ  7ワカラノコピペダ
              /.          ヽ
                l  〇    〇 i
               l     ,--、   i
              ヽ、   i__l   ,ノ
               `>     イ


170 :10/32:2006/03/27(月) 20:34:04 ID:ZfbKfpIQ
 ┌─[ ギーファ ]───────────────────
 │ うっせぇいいから黙って聞いてろ。
 │ ── で、これが『 大戦記 』現段階での勢力線MAPだ。
 └────────────────────────┘
                         ll  ゙̄lll,,,lllllllllli,、
               ,ill,,,          ゚゙゙llll,,,、    !i,、
              ,i! .゙!i           `ll フーン゙゙lii、
             ,ll゙° ll,,,,              ll   連邦.!,,,,,,
             .ll`   ゙゙l,,,,,,,,,,,,,,lll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,l___/ ̄ ̄lllllll,,,,
          .,,,,,,,ll゙\          ̄^        |      ゙'゙l,,
          ll゙゙′   \     チビ公国      /           ゙ll,
         .il゙ 永世  \_________/ モララー国   ゙゙l,,
          .ll 中立  /               \_            'll
          .!,,、地帯 |       ,,,,,,,,,,,  _、/ ̄  \          ゙li、
          .゙゙ll,,  /       ll° ゙゙゙lllll゙゙lll      \_      ll
            ゙゙ll/  ギコ帝国 l,、   .゙l,  モナ共和国 \_llll゙゜
             .゙゙ll,,         'li、   ,,ll″             ,,ll゙`
              ll’            l|  ,ll,,,,、       ,,,;;゙゙゙゙゙゙”
              ゙l,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、  ゙゙lll,  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜
                ̄ ̄ ̄^ .゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙


171 :11/32:2006/03/27(月) 20:34:34 ID:ZfbKfpIQ
 ┌─[ ギーファ ]───────────────────────┐
 │ 西にある永世中立地帯ってのは ───
 │ 戦争に負けた奴らで、中でも非戦闘員とかをいつまでも戦場に
 | 置いとくのもあれだから、まぁ、そういう奴らを住まわせとく場所だな。
 └──────────────────────────────

                    L o s e r s

     (゚∀゚*)(゚ー゚*)(゜∀゜ )\・∀・ \(・−・ ) ・・・・・・・・・・・・・・ etcetc


      ┌─[ ギーファ ]────────────────────────────┐
      │ 大戦始まってすぐの特別国際会議でここが永世中立地帯になったわけだ。
      │ 統治 ・ 管理は俺ら戦争無介入が基本の7大聖家がやってる。
      │ 治安軍として各国の力は借りてるが、当然『 略奪 』『 侵略 』等は禁止されてる。
      └──────────────────────────────────

172 :12/32:2006/03/27(月) 20:35:04 ID:ZfbKfpIQ
   ┌
   │ ─── さっきからだれに説明してんの?
   └────────v──────────┘
                       │ まぁ気にすんな。とりあえず話し戻すぜ。
                       └──────────v───────┘

                            .oソハヽ
             __∩_,,,, __      川・∀・)
            /   ( ・∀・) ./|     (    )       AА
          /     /    |/ |     | | |        .(д゚,,)
    ヾヽ  ./    旦と_/( ⌒ヽヽ |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           / し'' /                   |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /   ┌──────^───────┐
     |             |/     │ 話を持ち込んだ理由、ですね。
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      └         ┌─────^────┐
                                  │ あぁ、それがな ──
                                  └


173 :13/32:2006/03/27(月) 20:35:34 ID:ZfbKfpIQ

 ┌
 │ ギコ帝国軍が永世中立地帯を侵略しようとしてる。
 └─────────────────v─────┘
                     .:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:         ;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                    .:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:   /ヽ  /`ヽ  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                  .:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:  / ̄-‐/ ̄ ̄ヽ  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:
                  .:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:   |         |   ;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:     |.┌┐ 〇   |   ;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                 .:.:.:.:.:.;:;:;:;:;:;:;:;:;::    ヽ|_ヽ     /   ;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:
               .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:      ヽ.    -,ー      ;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:
                .:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:       | †   ヽ、    ;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:
                 .:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:        |   ヽ  ヽ     ;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:
                .:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:          |     )  )     ;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                .:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:           |    / ./    ;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                .:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;         |   ゝ/|      ;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:

174 :14/32:2006/03/27(月) 20:36:35 ID:ZfbKfpIQ

                ┌
                │ ─── マジデ?
                └y────────┘
      /⌒ヽ
      |   |--''''''''ヽ、
     /         |
      |    ● ト-イ |
     ヽ υ   丶' /
       `ー,-:.  ..イ
       /      |
        /  /    |  /
     _/  /|    ヽ----、
    (__ノ l、   ̄ ̄丶 |
          ̄ ̄/|  |/
           /  し´
          /


175 :15/32:2006/03/27(月) 20:37:05 ID:ZfbKfpIQ

│ そんなのモロに国際法違反じゃん。
│ だったら国に直接チクって軍動かしてもらってもOKじゃない?
└──────────v────────────────┘
                 │ 法に違反してたとして、それを証明するための手立てが無い。
                 │ かといって侵略されてからでは遅すぎる。
                 └──────────────v────────────┘

                            oソハヽ
             __∩_,,,, __      川;・∀)
            /   (,;・∀・) ./|     (    )       AА
          /     /    |/ |     | | |        .(д゚,,)
    ヾヽ  ./    旦と_/( ⌒ヽヽ |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           / し'' /                   |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


176 :16/32:2006/03/27(月) 20:37:36 ID:ZfbKfpIQ

     ┌
     │ 「 確たる証拠が無い 」って ───
     │ デマ情報ということは無いのですか?
     └───────v──────────┘


             ,-''~ ̄ ̄~~丶
            (〇),       ヾ
           丿  ソソヽiヽiヽi,'ヾ|
           /   l  , ● ト-イ .|、
          l     ヾ( )   丶' / !
           ヽiヽヽi`ー,-:.  ..イヽヽi
                 /     |、
                 /  /    | ヽ、
                /  /    |、 )
                ゝ、イ    |ゝ'

177 :17/32:2006/03/27(月) 20:38:07 ID:ZfbKfpIQ
     ┌
     │ 最近帝国軍の様子がおかしかったから、俺の友人 ───
     │ まぁ、スパイを放ってたんだが、そいつが隊長の口から聞いたらしい。
     │ 「 近々、中立地帯に侵攻する 」ってな。
     │ 事実、中立地帯内に怪しい帝国軍がうろついてる。
     └──────────────────────v───────┘
  │ ── で、そのスパイは信用に値する人、と?
  └─────────v──────────┘

                            oソハヽ
             __∩_,,,, __      川;・∀)
            /   (,;・∀・) ./|     (    )       AА
          /     /    |/ |     | | |        .(д‐,)
    ヾヽ  ./    旦と_/( ⌒ヽヽ |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           / し'' /                   |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /   ┌────────────^────┐
     |             |/     │ あぁ、多少調子に乗る癖はあったが、
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      │ あいつから嘘を聞いた事が無い。
                       │ ─── 何者かに暗殺されたがな。

178 :18/32:2006/03/27(月) 20:38:38 ID:ZfbKfpIQ
 ┌
 │ ん〜〜〜、微妙だね、嘘っぽくないところが特に。
 └──────────v───────────┘
               │ それだけじゃねぇ、25年前に皇帝に即位した
               │ ギコン ・ ド ・ ギコトリア ・ ヴァンタ ・ ハニャムーラには
               │ いつも黒い噂が付きまとってる。
               └───────────────v─────────┘

                            oソハヽ
             __∩_,,,, __      川;・∀)
            /   ( ・∀・) ./|     (    )       AА
          /     /    |/ |     | | |        .(д゚,,)
    ヾヽ  ./    旦と_/( ⌒ヽヽ |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           / し'' /                   |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

179 :19/32:2006/03/27(月) 20:39:09 ID:ZfbKfpIQ
 ┌─[ ギーファ ]──────────────────────┐
 │ なんせ奴が即位したとたん世界中で奇怪な事件が起きまくってる。
 └────────────────────────────

                lゞゞゞ|     __           lゞゞゞ|
                   ヽゞゞ|  /__  ヽ      ヽゞゞ|
      _________.ヽー|. .:< 王 /  ,| _____,ヽー|_______
      _;;__!__l;_.. ノー|  <(゚Д゚,,)./o>_l__i_|;.ノー|l__il__il__i
      __!__ __l_ /l !l!  と|  ヾ丶´;|.;._i__ !_ /li l_i__ !_i__ !
      __i___.i ./〈 l!/ Π.|  ノ;; ヽム:  /  /〈 l |  /|__i__
             /  / / 〈_〉.しん〜´ー' /  // .ー‐ //
            /    |二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //
           /        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄   .//
          |二二二二二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            ┌─[ ギーファ ]──────────────────┐
            │ あんたら関連の話で言えば ── 4年前の八頭身種の
            │ 間で流行った病気や精霊界暴走事件とか ───
            │ 全部奴が後ろで糸を引いてるって話だ。
            └


180 :20/32:2006/03/27(月) 20:39:40 ID:ZfbKfpIQ
      ┌
      │ こんなこと言うのは嫌いだが、奴らが生むのは災いだけだ。
      │ ─── これ以上野放しには出来ない。
      └─────────────────────v────┘

                            oソハヽ
             __∩_,,,, __      川;・∀)
            /   ( ・∀・) ./|     (    )       AА
          /     /    |/ |     | | |        .(д゚,,)
    ヾヽ  ./    旦と_/( ⌒ヽヽ |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           / し'' /                   |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    ┌───────^───────────┐
    │ ・・・・・・ なるほどね、分かったよ。
    │ 口で言って分かるような相手でもないしね。
    └


181 :21/32:2006/03/27(月) 20:40:11 ID:ZfbKfpIQ
                     ┌
                     │ じゃあ、進言してくれるのか?
                     └───────────v──┘
 │ 個人的にはそうしたいところだけど、もひとつ問題が。
 │ ギコ帝国と全面戦争して、負けるとは思わないけど、他の国に
 │ 背中向けるのはちょっとね、ダメージも食らうだろうし。
 └──────────v─────────────────┘

                            oソハヽ
             __∩_,,,, __      川・∀・)
            /   ( ・∀・) ./|     (    )       AА
          /     /    |/ |     | | |        .(д゚,,)
    ヾヽ  ./    旦と_/( ⌒ヽヽ |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           / し'' /                   |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


182 :22/32:2006/03/27(月) 20:40:43 ID:ZfbKfpIQ

    ポーーーーーーーーーーーーーーン
                            ┌
       lニlニニニニニ)          │ ま、そりゃそーだわな ── ホレ。
             ヾ ヾ        └────────v──────┘
                 ヽ
                                      /ヽ  /`ヽ
                                     / ̄-‐/ ̄ ̄ヽ
                                /ヽ、.|        |
                                  ヽ、  |.┌┐ ─   |
                              ヽ.. ヽ|_ヽ    /
                                ヽ ヽ.    -ー
                                  ヽ| †   ヽ、 /⌒)
                                    |   ヽ  ソ /
                                     |     ヽ___,/
                                     |     |
                                    |     |

183 :23/32:2006/03/27(月) 20:41:14 ID:ZfbKfpIQ

        ┌
        │ なにこれ? ─── 書簡?
        └──y──────────┘
      /⌒ヽ            パシッ !
      |   |''''''''ヽ、  ___v/
     /        |  l `っニニlニl
      |      ● ト| / /Y'ヾ
     ヽ       l/ /
       `ー,-:. ..イ/
       /     .|
        /  /   |    /
     _/  /|    ヽ----、
    (__ノ l、   ̄ ̄丶 |
          ̄ ̄/|  |/
           /  し´
          /


184 :24/32:2006/03/27(月) 20:41:44 ID:ZfbKfpIQ
                ┌
                │ あぁ、中にチビ公国君主とモナ共和国大統領と
                │ フーン連邦大統領の同意書が入ってる、後は
                │ モララー国首相の分だけだ。
                └───────────────v─────┘
  │ へぇ〜〜〜〜〜、3ヶ国のTOPの同意書が ───
  └──────────v────────────┘
                             ソハヽo
             __∩_,,,, __      (・∀・川
            /   ( ・∀・) ./|     (    )       AА
          /     /    つ[] |    | | |        .(д゚,,)
    ヾヽ  ./    旦と_/( ⌒ヽヽ |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           / し'' /                   |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


185 :25/32:2006/03/27(月) 20:42:14 ID:ZfbKfpIQ
    ┌
    │ ─── なんの?
    └───────v─┘
                  │ 帝国を倒すための特別同盟の同意書だ。
                  │ つまり、今回だけは他の国も味方ってわけだ。
                  └─────────────v──────┘

                             ソハヽo
             __∩_,,,, __      ( ∀ 川
            /   (  ∀ ) ./|     (    )       AА
          /     /    つ[] |    | | |        .(д゚,,)
    ヾヽ  ./    旦と_/( ⌒ヽヽ |     (__)___)       .(| † |)
     ||/           / し'' /                   |  |〜
     /          /   /                      し`J
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


186 :26/32:2006/03/27(月) 20:42:45 ID:ZfbKfpIQ
>>186
        ┌─[ ギーファ ]──────────────┐
        │
        │   進言のほう、よろしく頼むぜ『 若将軍 』
        │
        └────────────────────
/⌒ヽ
.| | __,,,,,,,,,,
/ ヽ
| |
| ● ● .|
| ト-イ |
ヽ. ヽ/ /
> <

       [ あまりの驚きにズレまくってしまったモラトスの図 ]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


187 :27/32:2006/03/27(月) 20:43:15 ID:ZfbKfpIQ
  ── ギコ帝国 謁見の間 ──

           ┌
           │ ─── 閣下。ご報告が。
           └──v─────────┘
                lゞゞゞ|     __           lゞゞゞ|
                   ヽゞゞ|  /__  ヽ      ヽゞゞ|
      _________.ヽー|. .:< 王 /  ,| _____,ヽー|_______
      _;;__!__l;_.. ノー|  <(゚Д゚,,)./o>_l__i_|;.ノー|l__il__il__i
      __!__ __l_ /l !l!  と|  ヾ丶´;|.;._i__ !_ /li l_i__ !_i__ !
      __i___.i ./〈 l!/ Π.|  ノ;; ヽム:  /  /〈 l |  /|__i__
             /  / / 〈_〉.しん〜´ー' /  // .ー‐ //
            /    |二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //
           /     ._ . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄   .//
          |二二二 ,l===l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
                   んソ[l゚):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    /ギ~l).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
             /../   l.:.:.:.:.:.:.:/
            /:.:..んγ〜ゝ..::.:/
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/


188 :28/32:2006/03/27(月) 20:43:45 ID:ZfbKfpIQ

                ┌
                │ ─── なんであるか将軍、言うてみぃ。
                │ 人払いならば済んでおるぞ。
                └─────────────v────┘
                                 ,_______
                                  /┬   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                              <─┼─<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                                 ヽ.┴  ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:/
  ===================================     (ニニニニニニニ)
                                 |.┌┐ 〇   |
   ギコン ・ ド ・ ギコトリア               ヽ|_ヽ     /
           ・ ヴァンタ ・ ハニャムーラ        ゝ..   -‐'ヽ
                                 //   ヽ   ヽ
        ギコ帝国124代目皇帝            ん|    〜γソ、
                                / |     ヾ;:;:;:;:;ヽ
  ===================================    ./  イ      );:;:;:;:;:ヽ
                               /  / |      ノ;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
                              ゝ、/ |     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ


189 :29/32:2006/03/27(月) 20:44:16 ID:ZfbKfpIQ
  ┌
  │ はっ!恐れながら申し上げます。
  │ 近頃、他の国々が不穏な動きを見せております。
  │ 先日暗殺した裏切り者から我々の秘密が漏れ出した可能性があります。
  │ 繋がりのある者が暗躍し閣下の帝国を滅ぼそうとしているのかもしれません。
  └─────────v───────────────────────┘
                   ヽゞゞ|  /__  ヽ      ヽゞゞ|
      _________.ヽー|. .:< 王 /  ,| _____,ヽー|_______
      _;;__!__l;_.. ノー|  <(゚Д゚,,)./o>_l__i_|;.ノー|l__il__il__i
      __!__ __l_ /l !l!  と|  ヾ丶´;|.;._i__ !_ /li l_i__ !_i__ !
      __i___.i ./〈 l!/ Π.|  ノ;; ヽム:  /  /〈 l |  /|__i__
             /  / / 〈_〉.しん〜´ー' /  // .ー‐ //
            /    |二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //
           /     ._ . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄   .//
          |二二二 ,l===l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
                   んソ[l゚):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    /ギ~l).:.:.:.:  ┌─^──────────┐
             /../   l.:.:.:.:.: │ なんじゃその程度ことか。
            /:.:..んγ〜ゝ..::.:/└

190 :30/32:2006/03/27(月) 20:44:48 ID:ZfbKfpIQ
 ┌
 │ ─── その程度のこと、で済む問題でも無いかと思われます。
 │ いくら閣下率いる大帝国といえども4ヶ国相手では勝てますまい、
 │ それこそ神話の世界でもない限り ───
 └─────────v──────────────────┘
                lゞゞゞ|     __           lゞゞゞ|
                   ヽゞゞ|  /__  ヽ      ヽゞゞ|
      _________.ヽー|. .:< 王 /  ,| _____,ヽー|_______
      _;;__!__l;_.. ノー|  <(゚Д゚,,)./o>_l__i_|;.ノー|l__il__il__i
      __!__ __l_ /l !l!  と|  ヾ丶´;|.;._i__ !_ /li l_i__ !_i__ !
      __i___.i ./〈 l!/ Π.|  ノ;; ヽム:  /  /〈 l |  /|__i__
             /  / / 〈_〉.しん〜´ー' /  // .ー‐ //
            /    |二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //
           /     ._ . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄   .//
          |二二二 ,l===l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
                   んソ[l゚):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    /ギ~l).:.:.:.   ┌^───────────────────┐
             /../   l.:.:.:.  │ ならば、この世界を神話の世界にするまでよ。
            /:.:..んγ〜ゝ..::.:/.│ 安心せい将軍、おぬしはおぬしの仕事を
                       │ しっかりやっておればよい。朕を信じよ。
                       │ いままで失敗したことがあったか?


191 :31/32:2006/03/27(月) 20:45:19 ID:ZfbKfpIQ
 ┌
 │ はっ!私ごときが余計な心配ををしてしまっていたようです。
 │ 閣下の手腕は神が如く、即位より25年一度たりとも失敗しておりません。
 │ 此度の侵攻作戦も見事成功へ導くと思われます!
 └─────────v──────────────────────┘
                   ヽゞゞ|  /__  ヽ      ヽゞゞ|
      _________.ヽー|. .:< 王 /  ,| _____,ヽー|_______
      _;;__!__l;_.. ノー|  <(゚Д゚,,)./o>_l__i_|;.ノー|l__il__il__i
      __!__ __l_ /l !l!  と|  ヾ丶´;|.;._i__ !_ /li l_i__ !_i__ !
      __i___.i ./〈 l!/ Π.|  ノ;; ヽム:  /  /〈 l |  /|__i__
             /  / / 〈_〉.しん〜´ー' /  // .ー‐ //
            /    |二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //
           /     ._ . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄   .//
          |二二二 ,l===l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
                   んソ[l゚)ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    /ギ~l /..:.:..  ┌^─────────────────┐
             /../   l.:.:.:.:  │ うむ、それでよい。
            /:.:..んγ〜ゝ..::.:  │ それにここまでは朕の『 予想通り 』じゃ。

192 :32/32:2006/03/27(月) 20:45:51 ID:ZfbKfpIQ

       ┌─[ 皇帝ギコン ]────────────────┐
       │
       │  この大戦で朕は神となる
       │
       │        虫けらどもが、せいぜい抗うがよいわ。
       │
       └───────────────────────
      /⌒ヽ
      |   |--''''''''ヽ、                           /ヽ  /`ヽ
     /         |                      / ̄-‐/ ̄ ̄ヽ
      |    ● ト-イ |                        |         |
     ヽ     丶' /                       |.┌┐ 〇   |
       `ー,-:.  ..イ    〜 To be continued 〜      ヽ|_ヽ     /
       /      |                         ヽ.    -,ー
        /  /    |    /                     | †   ヽ、
     _/  /|    ヽ----、                         |   ヽ  ヽ
    (__ノ l、   ̄ ̄丶 |                    |     )  )
          ̄ ̄/|  |/                      |    / ./
           /  し´                           |   ゝ/|


193 : ◆LOfHzYl1Iw :2006/03/27(月) 20:48:32 ID:ZfbKfpIQ
後書きまがいと本編は今回はナッシングです。
というか基本的に外伝に後書きまがいはつけません。('A` )

194 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/27(月) 23:43:53 ID:UxMJeoB/
大戦記の続きだー!
リアタイGJ!

195 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/28(火) 00:21:59 ID:uOfa9Jn+
うーん。いつみてもいい作品だw
乙&GJ!
後書きナシとは('A`)…

196 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/28(火) 09:48:51 ID:uOAqDLeK
GJ! こちらもまた先が気になる展開です・・・

197 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/28(火) 17:07:43 ID:XKyb2lGd
ぐっじょぶ。

198 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:13:15 ID:XXh7OztV
(1/51)
========================= Morara's War ============================

フサ・デゥールの言葉から抜枠

     「人が精霊を操ることなどやはり無理だったのか・・・・・?」

====================== Mata-ri VS Genocide =========================

199 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:13:56 ID:XXh7OztV
(2/51
ブッコロシティ サツバーツ商事前
            ∧_∧
            (,;・∀・)
            (    )   ヽ=@=/  _   \WWWWWWWWWWWWWWWWW/
            | | |    (,;・∀・)<(@   ≫                   ≪
            (__)_)   (  У ||ノ/  ̄    ≫   犯人に告ぐーーー!    ≪
                     |=@=|       ≫                   ≪
                    (__)_)      /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\
  ∧_∧
  (,;・∀・)
  (  つつ        ヽ=@=/
  )  ) )         (,;・∀・)
 (__)__)         (  У ||)
                |=@=|
                (__)_)

200 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:14:43 ID:XXh7OztV
(3/51)
 ── サツバーツ商事 ──

                  |
                  |       \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
                  |       ≫                         ≪
         /|      |       ≫  お前らは完全に包囲されている    ≪
        / |      |       ≫  無駄な抵抗はせず投降しろ!!    ≪
       /   |      |       ≫                         ≪
     /     |      |       /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM、\
    |      |      |
    |      | ∧∧  |____________________
    |      | (^Д^,,)/
    |     / (  ⊃:=コ=━
    |    /    .|  |              ∧_∧
    |   /    /し`J             (・∀・;)[II]ニ=━
    |,/    /                 ⊂  レ  つ/
        /                    ( (  (
       /                      (_(_)
     /    
.   /              
  /                
/    ┌────^─────────――――――┐
      │ う〜ん完全に囲まれてしまったようですね・・・
      └
                     ┌─────^──────────
                     │ 軍はうまく出し抜けたけどまさか
                     │ 警察にやられるとはね・・・・(注・西の捕虜です)

201 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:15:24 ID:XXh7OztV
(4/51)
                  |
                 |
                  |
         /|      |
        / |      |
       /   |      |
     /     |      |
    |      |      |
    |      | ∧∧  |____________________
    |      | (Д^,,)/
    |     / (  ⊃:=コ=━          ?
    |    /    .|  |              ∧_∧
    |   /    /し`J             (・∀・ )[II]ニ=━
    |,/    /                 ⊂  レ  つ/
        /                    ( (  (
       /                      (_(_)
     /    
.   /              
  /                
/    ┌────^─────────――――――┐
      │は〜い、警察のみなさ〜ん。
      └


202 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:16:00 ID:XXh7OztV
(5/51)
            ∧_∧                              
            (,;・∀・)                              
            (    )   ヽ=@=/                    
            | | |    (,;・∀・)                   /|    
            (__)_)   (  У ||)              / ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |=@=|               |このビルには30人の兵がいま〜す。
                    (__)_)             |もし30分以内に突破できれば
  ∧_∧                                 |人質は解放しますよ〜
  (,;・∀・)                                 \______________
  (  つつ        ヽ=@=/
  )  ) )         (,;・∀・)
 (__)__)         (  У ||)
                |=@=|
                (__)_)


203 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:16:36 ID:XXh7OztV
(6/51)
                  /ヽ       /ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                /  ヽ     /  ::ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              /    ヽ__/   ::;;;;;ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /              ;;::::::::;;;;;ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /                ::;;;::;;;;:;ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |          /\       ::;;;;| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |   |──|             ;;;::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |   ノ   .|          ;;;:::::;;;l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ヽ /    |          ;;;:::::;;;;/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             \ ̄ ̄ ̄         ;;;:::::;;/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               ゝ           :::::;;;:::;;ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               |\
         / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |・・・・・・ただしもし30分以内に
         |突破できなかった場合・・・・
         |もしくは後15分以内に
         |挑戦者が現れなかった場合・・・・・
         \____________

204 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:17:14 ID:XXh7OztV
(7/51)
          ∧_∧   ∧_∧
        ∧_∧  ∩_∩  ∧_∧
     ∧_∧  ∧_∧   ∧_∧  ∧_∧
     (; ・∀・) (; ・∀・)  (; ・∀・) (; ・∀・)    ↓これ 
     (≡≡≡) .(≡≡≡) (≡≡≡) (≡≡≡)   [◎]   
     ( ̄__)__)  ( ̄__)__)  ( ̄__)__) ( ̄__)__)       
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|人質の近くに設置された
|爆弾が爆発しますよ〜いいですね〜?

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

205 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:17:48 ID:XXh7OztV
(8/51)
  ∧_∧                                 
  (,;・∀・)                                 
  (  つつ        ヽ=@=/                   
  )  ) )         (・Д・; )                 
 (__)__)         (  У ||)
                |=@=|
                (__)_)
(;・∀)<警察の人!早くビルに潜入して人質を解放してください!あの中には家の息子が・・・・・
(Д・;)<分かっている!だがどうすればいいのだ!30分以内で30人だぞ!一人一分以内で倒せると思うのか!?


206 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:18:22 ID:XXh7OztV
(9/51)
                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                       |                    |
                       |      その挑戦状・・・・・・   |
                       |                    |
                       \____________/


207 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:19:01 ID:XXh7OztV
(10/51)
                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            |僕が貰いましょうか?
                            \            
                              ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
                               A虐A       
                              (;;;;;∀;;;;)      
                              (;;;;;;;;;;;;;;)      
                              |;;|;;|
                              (_)(_)      

208 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:35:01 ID:XXh7OztV
(11/51)
                  |
                 |
                  |
         /|      |
        / |      |
       /   |      |
     /     |      |
    |      |      |
    |      | ∧∧  |____________________
    |      | (;^Д)/
    |     / (  ⊃:=コ=━          
    |    /    .|  |              ∧_∧
    |   /    /し`J             (・∀・`)[II]ニ=━
    |,/    /                 ⊂  レ  つ/
        /                    ( (  (
       /                      (_(_)
     /                            |\
.   /                        / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /                          |ん〜と・・・・見たところ16,18辺りのガキか
                             |ンじゃあ楽勝だな。
                             \_________________
            |\
      / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |いや・・・・気は抜けません。
      |あいつはDDDの「LF-D」
      |スタミナはDDDの中でもトップクラスの香具師・・・・・
      |ブーストを長時間ぶっ放しても息一つ切らさない
      |脅威の体力の持ち主・・・・・・
      \_____________________
(´・∀)<でも〜スタミナだけなんだろ?だったらここの兵達が倒してくれるさ。
(;^Д)<それだけじゃありませんよ!何故だが知りませんけど香具師の周りに 精 霊 の気がでてるんですよ!


209 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:36:31 ID:XXh7OztV
(12/51)
                  |
                 |
                  |
         /|      |
        / |      |
       /   |      |
     /     |      |
    |      |      |
    |      | ∧∧  |____________________
    |      | (;^Д)/
    |     / (  ⊃:=コ=━          
    |    /    .|  |              ∧_∧         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |   /    /し`J             (・∀・lil)[II]ニ=━ <・・・・・・へ?
    |,/    /                 ⊂  レ  つ/       \_____
        /                    ( (  (
       /                      (_(_)
     /    
.   /              
  /                

210 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:37:28 ID:XXh7OztV
(13/51)
                           A虐A      
                          (-∀- )       
                          (    )       
(霊-∀・)・・・・・・・それじゃあ頼むぜ、「相棒」
(裏-∀-)ええ、分かってますよ。


211 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:40:22 ID:XXh7OztV
(14/51)

―ブーストシステム

                       ダンッ !!

                        |  i
                   \   人_ノi ./ ./
                :,     \ノ   `ヽ/
                   __)  : ゙ ' (
                 :;,   .  i ,;゙・ :, ;: . i ̄ ̄ :,
                 ;,.    ノ:・,i∴,、il;,、ヽ_   :,

                                   起動!―


212 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:41:12 ID:XXh7OztV
(15/51)

スブシュ!ギャー!
                              バキッ!!
            ―――――ただいま突破中――――
ザグンッ!!     グホオッ!!
(;゚∀゚)<どう見ても手抜きです。ありがとうございました。

213 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:42:32 ID:XXh7OztV
(16/51)
________________
           <;;,,|        
           <;;,,|        
   バタン!! ,<;;,,|  A虐A     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           <;;,,| (-∀- )  <―――で到着!
           <;;,,|と(    )つ  |
        !?<;;,,| ( (\ \   |
        ↓  <;;,,|_(_)(_)__.\________
;^Д);・Д);゚∀)<でえええええええええええええええっ!!??

214 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:43:08 ID:XXh7OztV
(17/51)
  ∧∧         ∧_∧                      A虐A     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (;^Д)        (;・∀・)[II]ニ=━              (・∀- )  <ん〜結構余裕だと思ったんですけどね〜
  (  つ:=コ=━|  ⊂  レ つ/                   (    )   |まあ約束通り人質は解放してもらいますよ。
  |  .|         ( ( (                      Y 人    \_________________
  ∪`∪        (_(_)                    (_) J
      |\              |\                      
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|に・・・・27分59秒・・・・・  |な・・・・・何で平気でいられるんだ?
|合格です・・・・・       |スタミナがありすぎる・・・・・・・
\________   \______________


215 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:43:40 ID:XXh7OztV
(18/51)
        ∧_∧   ∧_∧
        ∧_∧  ∩_∩  ∧_∧
     ∧_∧  ∧_∧   ∧_∧  ∧_∧   カチリ
     (; ・∀・) (; ・∀・)  (; ・∀・) (; ・∀・)  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (≡≡≡) .(≡≡≡) (≡≡≡) (≡≡≡)  (    )<はいはい分かりました・・・・・っと・・・・・
     ( ̄__)__)  ( ̄__)__)  ( ̄__)__) ( ̄__)__)   (    ) \_______________
                                (_ _)

216 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:45:38 ID:XXh7OztV
(19/51)
       \                            |                        /            
         \                          |                      /              
           \                        |                    /                
                                                                           
                                ∧_∧                                           
                               (  ゚∀゚)  て                                          
                              ⊂     @m そ                                   
                               ////  て                                     
                              (_)(_)                                             
                                     /|
                               \_WW/ |WWWWWWWWWWWWW/
                               ≫しかーし!今度はお前が    ≪
                               ≫倒される番だからな!      ≪
                               ≫                   ≪
                               /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\


217 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:47:02 ID:XXh7OztV
(20/51)
ごめんなさいごめんなさい家のモララーがとんでもないことを言ってしまいました。
とはいっても脱獄を画策したのはこの僕です。
同化お許しください。
そしたら貴方の小物使いとして何でもやりますから・・・・・!
 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /⌒( >>
    /  U U
(#・Д・)<はぁ!?タカラの兄貴!何でそんなところで弱腰になるんだよ!
(TДT)<あんたこそ無謀なんですよ!つかこのビルを30分以内で上ってきた時点で、

218 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:49:36 ID:XXh7OztV
(21/51)
                   (ゝ、
                   , ) )  、
                  l (   (_ノ )
                 (ゝ  A虐A   ノl
                 ゝ  (;;;;;∀;;;;)   )
                )ヽ  (;;;;;;;;;;;;;;;)  ノ
                ゝ  | | |    l
                ヘ   (_)_) _ノ
                      |\         
                / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
                |は〜いそこの人たち?
                |いいかな?          
                \________          
(TДT)<きづ・・・・・・・・

219 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:51:43 ID:XXh7OztV
(22/51)
                   (ゝ、
                   , ) )  、
                  l (   (_ノ )
                 (ゝ  A虐A   ノl
                 ゝ  (;;;;∀;;;)   )
                )ヽ  (;;;;;;;;;;;;;;;)  ノ
                ゝ  | | |    l
                ヘ   (_)_) _ノ
                      |\         
                / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
                |何処見てんだよ。
                \________
(゚д゚)<・・・・・・・・・・・・・


220 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:56:40 ID:XXh7OztV
(23/51)
※精霊の方にチェンジしています
                 /ヽ       /ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                /  ヽ     /  ::ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              / ̄ ̄ ̄ヽ__/ ̄ ̄::;;;;;ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /              ;;::::::::;;;;;ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /                ::;;;::;;;;:;ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |          ――       ::;;;;| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |                    ;;;::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |   |_____|       ;;;:::::;;;l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ヽ  \    /        ;;;:::::;;;;/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             \  \/          ;;;:::::;;/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               ゝ           :::::;;;:::;;ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       |\
                 / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 |てめーが挑戦状叩きつけておきながら
                 |今になってその弱腰の姿勢はなんだ?
                 |そんなことは戦いでは通用しねえから・・・・
                 \_________________

221 :◇erjsaitama:2006/03/29(水) 23:58:51 ID:XXh7OztV
(24/51)
―――2人とも・・・・・
         ―――ぶっ殺させてもらうぜ!!!!
                 /ヽ       /ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                /  ヽ     /  ::ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              / ̄ ̄ ̄ヽ__/ ̄ ̄::;;;;;ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /              ;;::::::::;;;;;ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /                ::;;;::;;;;:;ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |          -=・=-       ::;;;;| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |                    ;;;::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |   |_____|       ;;;:::::;;;l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ヽ  \    /        ;;;:::::;;;;/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             \  \/          ;;;:::::;;/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               ゝ           :::::;;;:::;;ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


222 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 00:00:44 ID:XncKGa/A
(25/51)
  ∧∧ チャキ      ∧_∧      
  ( ^Д)        (・∀・;)[II]ニ=━
  (  ⊃:=コ=━|  ⊂  レ つ/    
  |  .|         ( ( (      
  ∪`∪        (_(_)      
                |\
          / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |兄貴!このままおとなしくしていてもやられるだけだぜ!
          |こうなったらいっそ・・・・・・
          \_______________________
            |\
      / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |仕方ない・・・・あまり気乗りはしませんg(霊-∀・)おっとそうはさせねえぜ。
      \_______________


223 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 00:02:27 ID:XXh7OztV
(26/51)
                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ヴヴヴ・・・・・・・・         |あ、スレッド〜〜〜〜・・・・
                              |(ブツブツブツブツブツ)
                  .   :.:  :::::::    \      
                  .:.:..:        Α虐Α ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄     
                            (#-Д-)      
                        :::::::  (⊃●⊂)  ::::::: 
                            | | |
                            (_(_)      

224 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 09:31:38 ID:XncKGa/A
(27/51)
      
\_WW/ |WWWWWWWWWWWWW/
≫                   ≪
≫ ス ト ッ パ ー !!!!!   ≪
≫       ツイデニサイタマノポーズ!≪
/MMMMMMMMMMMMMMMMM、\
  ,,;;;;; ;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;       ヴォン!!        ;;;;;;; ;;;;;; ;;;; ;;;;;;;;;;;,
;;; ;;; ;;;;;;;;;;;;    _|                   :;;;;; ;;;;;;;;; ;;;;;;;;; ;;;;;;;;,,
           \          Υ         ;;;;;;;; ;;;; ;;; ;;;;;;;;;;;;,,
              \         /            |
              __ト       /レ      \l   Κ
              \      V          l_/
               ..:::::::::::::::::::.......       /
            .::::::... .....    ... . :::::::::.  へ
           .::::::::   .....      ::::::::..
  \__>―< :::::         .....  ...     ::::.
  <       :::::       :: =;=; ::_      :::::        i_/
/         :::::  ー. ̄ :: *●* :: .... ー    :::::  ___/
          :::::     ̄  ::゙==":: ̄ ..      :::::     \_
          :::::.     ....         .:::::         \
           :::::.             .:::::
            ::::::.           ..::::::
               :::::::::.....    .. ..::::::::
         /       :.....................:::     \_ へ|∨
      _ へ       nA虐A n          \_
       ∧  \     l( ゚∀゚ )l、               \
                |    /                
                |   /
                ∪∪


225 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 09:36:35 ID:XncKGa/A
(28/51)
      
\(霊゚∀゚)WWWWWWWWWWWWW/
≫銃とか弓とか大砲とか飛び道具≪
≫形の武器は使用禁止だ!オボエ≪
≫トケー!バーヤバーヤ!モウイチドバーヤ! ≪
/MMMMMMMMMMMMMMMMM、\

        ズキューム!!! 
  ∧∧         ∧_∧ \ | /  
  (;^Д)\ | /   (;゚∀゚)[II]ニ|━
  (  ⊃:=コ|━|  ⊂  レ つ//| \  
  |  .| / | \   ( ( (      
  ∪`∪        (_(_)      
(;^Д)<なっ・・・・・・・銃の球が出せない・・・・・!?
(;・∀)<そ、そんな・・・・・・球はしっかり入れてきたのに・・・・・
          ======================================================================================================
                                      精霊魔法・スレッドストッパー

           2ch界に存在する精霊が使うことが出来る魔法の一つ。剣や槍など武器の種類を一つ選んで使えなくすることが出来る。
                          銃や弓などは例外で「飛び道具」と、一纏めにして封じることが出来る。
                 本当は武器に目のようなマークが出来るのだが作者がへたれなため省略(゚∀゚#;)ダマレ、コノクソナレーターガ。
                   相当な高度魔法なためもの凄い特訓をするか「神」から先天的に教えてもらわないと使うことが出来ない
          ======================================================================================================

226 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 09:37:56 ID:XncKGa/A
(29/51)
┌─〔ウラーラ(精神)〕──────────────────┐
│えええ〜〜〜〜〜?!今の相当な高位魔法じゃないですか!?  │
│何で邪霊になる必要があって東の人を襲う必要があるんですか!│
└──────────────────────────‐┘

                A虐A
               (‐∀‐; )
               (    )
               | | |
               (_(_)
                      |\
                / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                |そこ聞かれるとは思わなかったな・・・・・
                |”体力”だよ。
                \________________

227 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 09:39:55 ID:XncKGa/A
(30/51)

┌─〔精霊〕───────────────────────┐
│俺は元々体力がないのに体力が非常に必要な今の魔法を特訓 │
│し、使いすぎた。それで同種族に罵倒されてな・・・・・・・・       │
└───────────────────────────┘


   A_A                   A_A   
  (;;;;;;;∀;;)                  (;∀;;;;;;;)   
  (;;;;;;;;;;;;;;)        A_A     ⊂⊂;;;;;;;;;;;;)  
  | | |      _( ;д)      ( ( (       
  (_)_)    ⊂(#| #  ⊃     (_(_)    


228 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 09:41:52 ID:XncKGa/A
(31/51)
(霊‐∀・)<それよりもさっきの攻撃でモララー種の香具師が怒ってやがる・・・・・・・戦闘の準備をしとけ。
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |銃が駄目なら接近戦だ!
       |そこのガキ!勝負だ!
  ポイ   \
 ミ         ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
            ∧_∧                     
            (#・∀・)                     
     <二二|=⊂(  ⊂)                     
             Y  ノ                   
            (_)()                     
(;゚∀゚)ノhttp://www.ccn.yamanashi.ac.jp/~t01m120d/autoro-.mp3
作者が選んだこのお話に合うBGMです。
著作権・・・・・♪もぎたて音楽館♪(http://www.nns.ne.jp/pri/k-a-z-u/index.html)
著作者・・・・・庭野トラ猫氏

229 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 09:44:05 ID:XncKGa/A
(32/51)BattleStert!!

                      A虐A    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
                     (‐∀‐ ) < であった瞬間に・・・・・      
                     (    )   \__________    
                     | | |        
                     (_(_)


230 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 09:46:03 ID:XncKGa/A
(33/51)
                    ヴォン!!                        
                                                      
                                                     
                   ●                      
                                  A虐A               
                                 (゚∀゚ )      \_WWWWWWWWWWWWWWWW/    
              ●                ⊂    ⊃     ≫                   ≪   
                                 く   \     ≫ ガ キ 扱 い で す か ! ?≪   
                                 (_)(_)     ≫                   ≪
                                           /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\


231 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 09:47:51 ID:XncKGa/A
(34/51)
===================================================================== 
                      _ ̄                        
                    ー●======                          
                       ̄_                         
                                                
        _ ̄                   ∧_∧                     
      ―●=====                 ( ・∀・)                     
         ̄_            <二二|=⊂     ⊃                
                            /    )
                           (_) (_)                  
=====================================================================
( ・∀)<ふん!こんなのブーストでかわしつつ行けば楽勝だぜ!


232 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 09:50:22 ID:XncKGa/A
(35/51)
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
         |今だ!仲間の仇ぃぃぃぃ!!!             
         \                               
            ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
        ==∧_∧             A虐A 
        ==(#・∀・)           (‐∀‐ )
        ==O|二二>          (    )       
        ==/   )           | | |    
        =(_)(_)            (_(_)     

233 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 09:55:52 ID:XncKGa/A
(36/51)
                 │  ””                                        
                 │                                          
                 │\                                          
                 │  \       ”””/                                
                 │           /                               


234 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 09:57:38 ID:XncKGa/A
(37/51)
                                                   
                       ∧_∧      A虐A                  
                       (  ・∀)    (・∀・ )                   
                    <三(;∵;;∪<━━○━━G━━━                 
                       | | |    く \ \               
                       (⌒)(⌒)    (_)(_)

235 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:00:55 ID:XncKGa/A
(38/51)
                       \_WWWWWWWWWWWWWWWW/                             
                       ≫って刺さってる!?       ≪                             
                       ≫くぁwせdrftgyふじこlp;!!!≪                             
                       ≫                   ≪                             
                       /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\                             
                       ∧_∧      A虐A  て                
                       (lil ゚Д)    (∀lil )   そ                
                    <三(;∵;;∩<━━○━━G━━━                 
                       彡彡彡     く \ \               
                                (_)(_)
               \lil lili li li li li liilil ili l ilil li liiiilil ili lili iiilil iliil li liil ililili li li/
               ≫(裏lil∀)                         ≪
               ≫     反応遅ーーーーーーー!!!!     ≪
               ≫(霊lil∀)                         ≪
               /il il ilil ilil ilili l ili liliil il il il il iliil il il iillil ilil lil lilil il il il iliil\

236 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:11:32 ID:XncKGa/A
(39/51)
                                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 
                                  |そうとは限りませんよ、だってあの弾                 
                                  \                
                                     ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 
                                                   
                       ∧_∧     A虐A                  
                       ( ;-∀)    (-∀・ )                   
                    <三(;∵;;∪<━━○━━G━━━                 
                       | | |    く \ \               
                       (⌒)(⌒)    (_)(_)
                            |\
                      / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |だが残念だったな・・・・・
                      |当たり所はよかったようだ・・・・
                      |ちょっとばかし痛いがぴんぴんしてるぜ?
                      \________________

237 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:12:43 ID:XncKGa/A
(39/51)
          ピ タ ッ ! ! !
      |                             
    ー●ー          |                   
      |           ー●ー                 
                  |


238 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:15:44 ID:XncKGa/A
(40/51)
                                   
               ̄_                  
            ======●―   ̄_                   
              _ ̄  ======●―                  
                     _ ̄
(裏・∀)<追 尾 式 ですから
工エエェェ( ゚Д゚ )ェェエエ工

239 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:18:57 ID:XncKGa/A
(41/51)
              あぼーん!!!
                 ========ξ ※     A虐A       
                 =======※ ξ     (‐∀‐ )      
                 ===<三八災<━━━━○━━G━━━   
                 =======从从       く \ \      
                 =========从       (_)(_)      
                        /|                     
                  \_WW/ |WWWWWWWWWWWWW/
                  ≫ え!?ちょwwwwwおまwwwww≪ 
                  ≫くぁwせdrftgyふじこlp;!!!≪
                  ≫                   ≪
                  /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\
( ・∀)<へぼいな ウッサイダマレ>(゚∀゚#;)

240 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:21:43 ID:XncKGa/A
(42/51)
       ∧∧
      (;^Д)
      (  ⊃:=コ=━
      | |
       ∪∪
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|な・・・・・・いきなり戦闘スタイルを変えた・・・?
|ま、まさか貴様ら「精霊護身術」の使い手!?
\___________________

241 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:22:36 ID:XncKGa/A
(43/51)
                              ┌
                              │へ、何それ?
                              └───v─────┘
    
                                      A虐A
                                     ( ∀  )
.        /\                       ⊂    つ
        /  \                      ( (  (
        /   ヽ                         (_(_)
   ̄ ̄ ̄      ヽ      __________
             .|    /
              |   <   しらなかったのかよ?
              |    \
             .|        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            /
           /
         <


242 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:23:08 ID:XncKGa/A
(44/51)
               ========================================================================
                                     精霊護身術
                   精霊を己の精神に纏わりつかせて戦闘能力を上昇させるという術。
                 この試みははるか古代から行われてきたが精霊と意気投合しないといけないため
                    死んだり、重症に陥ったり、精霊に完全に操られるする者が続出。
                       なのでウラーラが事実上の初の精霊護身術者となる。
                           研究する人がいないため詳しい能力は不明。
               ========================================================================
                     ∧_∧                        ‖※死傷者は十万以上のデータが出ている。
                     ( ゚∀。)                       ‖冒頭のフサ・デゥール氏の言葉は精霊護身術に
                     ノシ  ノシ      ⊂(  ⊃(。Д。)       ‖失敗し死ぬ直前に書いた文章。
                     巛巛巛             ∨ ∨       ‖                          
                   ↑狂精霊・ウェに操られた人。
                                    ↑死んだ人。


243 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:24:47 ID:XncKGa/A
(45/51)
                                
       ∧∧                      A虐A     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (;^Д)                     (・∀‐ )  < それはともかく貴方の負けです。
      (  ⊃:=コ=━                 (    )    |潔く死んでもらいますよ。
      | |                      | | |    \______________
       ∪∪                      (_(_)
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
|うぐ・・・・・・・
|仕方ない・・・・・・・
\_______
           ――――似てる・・・・・・あのときに・・・・・・・――――


244 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:25:34 ID:XncKGa/A
(46/51)
=========================================================================================
      ┌
      │ チェックメイトです、
      │  動かないでください
      └─────v────┘
                ビュン !!!
        ピタッ
 | ∧∧   _____(\虐/) ___________
 | (;゚д゚)<三三三】=⊂(・∀・ )
 | ::ζレ つ         ヽ    ゆ=【三三三>                      ∧虐∧
/   |  | А_А       Y  人                               (-∀- )
  /..し`(-∀-⊂⌒⌒つ  (___」 J                             (    )
../        パサリ          グチャ                              | | |
 ━=E=:          (:;。;ζ∵つ⌒´つ                          (_(__)
                            [II]ニ=━
                                                          人_/; 'ダ
          と´⌒⊂ (:;。;:::,,,, ドチャ                                 て,,;;〈 .ン
             【@】ニニ==(__()                                      ッ
=========================================================================================
隊長たちがいないことを除けば・・・・・・・・・

245 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:27:17 ID:XncKGa/A
(47/51)


               ――――そして・・・・・・・――――

246 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:44:00 ID:XncKGa/A
(48/51)
                      A虐A                
                     (‐∀‐ )                 
                ━━━○━━○━━━━>三三三;;;>
                     | | |           ;      
                     (_(_)           ;
              ―――僕が”倒す方”のAAであること・・・・・・・―――


247 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 10:45:30 ID:XncKGa/A
(49/51)
任務後・・・・・・
     ―――そういえば名前聞いてませんでしたね。―――
                        ―――精霊だからな、個人の名前はない。―――
     ―――それじゃあ僕が決めていいですか?―――
                        ―――好きにしろ。―――
     ―――え〜とそれじゃあ古代の将軍ウラリオスと精霊魔道書の名前を合せて・・・・・・―――

248 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 11:00:02 ID:XncKGa/A
(50/51)


          ―――ウラリオス・モラーフィなんてどうです・・・・?―――


                                           第一部終了。第二部へ続く。


249 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 11:02:19 ID:XncKGa/A
(51/51)
  A虐A
  ( ‐∀・)
  (    )
  | | |
  (_(_)
――ウラリオス・モラーフィ――
年齢=不明
種族=精霊種=ウララー族
性別=おそらく男。
戦闘スタイル=精霊魔法
基本的にボケ
ステータス(AAA→AA→A→B→C→D→E→F)
TF(体力)=F→A(UP)
AT(攻撃力)=D
DF(防御力)=E
SP(俊敏性)=F(ブースト使用不可能。)
MA(魔法攻撃力)=A
MD(魔法防御力)=C
同族に罵倒された恨みで邪霊になり、地上に降りてウラーラに乗り移った。
強力な魔法は使えたのだがスタミナが無いため出せず、苦しい思いをしてきた。
乗り移ったことでそれも解消。まともそうに見えて実は結構ボケ役だったり。。。

  A虐A  △
  ( ・∀・)┃
  (    )G
  | | |┃
  (_(_)┃
―――ウラーラ・モラマルク―――
年齢=18歳
種族=モララー種
性別=男
戦闘スタイル=槍術
基本的にツッコミ
ステータス
TF=AAA
AT=F→C(UP)(ブーストを使用するとA、長時間使用可能。)
DF=E
SP=F(ブーストを使用するとB、長時間使用可能。)
MA=F
MD=F
もう分かってる人が多いので説明省略。


250 :◇erjsaitama:2006/03/30(木) 11:03:43 ID:XncKGa/A
●ヽ(;゚∀゚;)ノ● <ドーも作者です。
●ヽ(゚∀゚; )ノ● <今回もゲノム形式で登場してみました。
 ●(∀゚;ノ● <さて、そろそろ受験勉強のシーズンです。
  (゚ ノ● ) <御分かりのように作者はもうこのスレに手が回りません。
  (●  )● <次の話は来年以降・・・・・
●ヽ(   )ノシ● <それではまた来年。

251 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/30(木) 17:44:15 ID:BMAstAA5
来年!?
来年て2007年!?
GJ!

252 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:40:15 ID:2oPR0WMK


鋼鉄の右腕編 第六話 『セカンド』インター・ミッション


──東モララー国、第12拠点、DDD-001【ディモラ・モーラ】の部屋


 ┌
 │ ああ、この前調査を依頼したアレだが・・・・。
 │ そうか、ならメールで・・・、いや、そっちに部下を送る。
 │ ソイツに書類を直接渡してくれ。そちらの方が安全だ。
 └─v──────────────────────┘
       ピッ …
   ∧_∧    _______
    ∩・∀・)   / 虐       /|
   ヽ    ⌒\つ       / |
    ヾヽ  /\⌒)      /   |
     ||/     ̄    /   /
     /          /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


253 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:41:13 ID:2oPR0WMK

 ┌
 │ 後はヨファの調査結果と、
 │ 【ミスリル】の連中の到着を待つだけだな。
 └─v────────────────┘

   ∧_∧     _______
   (,メ-∀-)  / 虐      /| 
   (入   ⌒\つ       / |
    ヾヽ  /\⌒)      /   |
     ||/     ̄    /   /
     /          /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

──私の名は、ディモラ・モーラ。DDD連隊の連隊長で、
   現在は『ある事』を行う為に出撃の準備を整えている。


254 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:42:00 ID:2oPR0WMK

──というもの、3日前、私の父であるガディモーラ中将の
   『極秘指令書』を受け取ったからなのだが・・・。

 ┌
 │ 幾らDDD連隊が面倒事を押し付けられる立場だとしても
 │ コレばかりは洒落にならんぞ・・・・。全く・・・・。
 └─v───────────────────────┘
         .∧
         〈 /
   ∧_∧  ○ _______
   (,メ・∀・)/ノ/ 虐      /|
   (入   ⌒\つ       /  |
    ヾヽ  /\⌒)      /   |
     ||/     ̄    /   /
     /          /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

255 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:43:11 ID:2oPR0WMK


 ┌─[ ディモラ .]───────────────────┐
 │『レジスタンスの連中が秘密裏に行おうとしている
 │ 首都への核攻撃を阻止しろ』など・・・・・。
 └───────────────────────── 



256 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:43:50 ID:2oPR0WMK
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                                      コツ、コツ、コツ、コツ・・・・・。

__________________________________
 二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕
 ___:]___:]___:]___〔二〓二〕___:]___:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | | ___:]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:] |          | | ___:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | | |鬩口|]:]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:] |          | | |::田|】:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | |  ̄ ̄  :]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:]_|_____|_| ___:]___:]___:]___:]_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/         \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                        ∧∧
                                       (゚Д゚,,)
                                        0Z0}ニニニフ
                                         0  !〜     ∧_∧
                                         `U      (・∀・ )
                                           ━=i≡i⊂   )
                                                Y 人
                                                .(_) J 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

257 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:44:30 ID:2oPR0WMK


__________________________________
 二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕
 ___:]___:]___:]___〔二〓二〕___:]___:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | | ___:]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:] |          | | ___:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | | |鬩口|]:]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:] |          | | |::田|】:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | |  ̄ ̄  :]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:]_|_____|_| ___:]___:]___:]___:]_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/         \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        ∧∧
                       (;゚Д゚)
                        0Z0}ニニニフ
                         !   !〜     ∧_∧
                        し`J     (・ l|i  )
                           ━=i≡i⊂   )
                                Y 人
                                .(_) J 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         ┌─────^────────────────┐
                         │ ねぇ、ココって元東国の工場だったんだよね。
                         │ なにか突然化け物とか出てきたりしないかな・・・・。
                         └
              ┌─────^──────────┐
              │ そ、そんな怖い事言うなよ。
              │ タダでさえ俺も怖いんだからよ・・・。
              └


258 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:45:12 ID:2oPR0WMK
"ぃぇぁ"

__________________________________
 二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕
 ___:]___:]___:]___〔二〓二〕___:]___:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | | ___:]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:] |          | | ___:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | | |鬩口|]:]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:] |          | | |::田|】:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | |  ̄ ̄  :]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:]_|_____|_| ___:]___:]___:]___:]_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/         \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        ∧∧ て
                       (゚Д゚;) そ
                        0Z0}ニニニフ
                         !   !〜     ∧_∧て
                        し`J     (∀・l|i )そ
                           ━=i≡i⊂   )
                                Y 人
                                .(_) J 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


259 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:46:03 ID:2oPR0WMK

   "ぃぇぁ"   "ぃぇぁ"
      "ぃぇぁ"
"ぃぇぁ"       "ぃぇぁ"
__________________________________
 二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕二二二i〕
 ___:]___:]___:]___〔二〓二〕___:]___:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | | ___:]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:] |          | | ___:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | | |鬩口|]:]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:] |          | | |::田|】:]___:]___:]___:]_|
 ___:]___:]___:] |          | |  ̄ ̄  :]___:]___:]___:] ̄|
 ___:]___:]___:]_|_____|_| ___:]___:]___:]___:]_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/         \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        ∧∧
                      (((;゚Д゚)))
                        0Z0}ニニニフ
                         !   !〜     ∧_∧
                        し`J   (((・ l|i  )))
                           ━=i≡i⊂   )
                                Y 人
                                .(_) J 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         ┌─────^───────┐
                         │ な、何の鳴き声だろう・・・・?
                         └
              ┌─────^─────┐
              │ 段段と近づいてくるぞ。
              │ ・・・・来る!!!
              └

260 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:46:43 ID:2oPR0WMK

       \_WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
        ≫                             ≪
        ≫                             ≪
        ≫   う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!    ≪
        ≫                             ≪
        ≫                             ≪
        /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM、\


261 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:47:23 ID:2oPR0WMK
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

           ┌
           │ 今、全員に集まってもらったのは他でもない。
           │ 西国、東国から同時に来た依頼に関してだ。
           └───────v────────────┘

                     ∧,,∧
                    ミ,,゚Д゚彡
     ____________ミ ∽ ミ__________
    /               . ̄ ̄ ̄              . \
  /                                     . \



262 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:48:02 ID:2oPR0WMK
           ┌
           │ 東国の方の任務は詳細が判らん。
           │ 現地に到着次第説明する。と、書類には書いていた。
           │ そして、DDD連隊が友軍として動いてくれるらしい。
           └───────v───────────────┘

                     ∧,,∧
                    ミ゚Д゚,,彡
     ____________ミ ∽ ミ__________
    /               . ̄ ̄ ̄              . \
  /                                     . \


263 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:48:41 ID:2oPR0WMK
        ┌
        │ 西国の任務は旧東国の兵器生産工場の偵察だ。
        │ ・・・だが、既に二つの偵察部隊の連絡が途絶えてしまったらしい。
        │ 恐らくは何かの襲撃でやられたんだろう。
        └─────────v──────────────────┘

                     ∧,,∧
                    ミ゚Д゚,,彡
     ____________ミ ∽ ミ__________
    /               . ̄ ̄ ̄              . \
  /                                     . \

264 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:49:21 ID:2oPR0WMK
           ┌
           │ ・・・と、いう訳だ。
           │ 状況から見て西も東も相当ヤバイ任務だ。
           └───────v───────────┘

                     ∧,,∧
                    ミ,,゚Д゚彡
     ____________ミ ∽ ミ__________
    /               . ̄ ̄ ̄旦              \
  /                                     . \


265 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:50:00 ID:2oPR0WMK
| 東の方は詳細は現地に到着次第説明するって
| 事は、外部への情報漏れを相当気にしているようですね。
\_____ __________________
         ∨ 
                      .___
       ∧∧           ∧| ◎|.         ∧_∧
       .(,,゚Д゚)          ( ´∀`)        (・∀メ )
    __〔(.i  .i)〕         〔(    )〕       〔(    )〕
    |\ ̄ ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄  
    \∧_∧       _______________________
     (   ´)      \_____________________
   [\|   つ\ 旦    \             ||
   ||\[|   |\ \       \    ..         ||
   ||\||   ⌒\ \       \           ´
   ||  || ̄ ̄||   ∧_∧      \__________________
   ´  ||    ||  (   ・)     
          [\|   つ\旦     ∧∧           [|;;..;;..:;|]旦     .А_А 旦
          ||\[|   |\ \__ (  ゚) _____(   ・)____(    ・)__
          ||\||   ⌒ \|___[ ̄ ̄ ̄ ]_____[ ̄ ̄ ̄ ]_____[ ̄ ̄ ̄ ]__
          ||  || ̄ ̄||.  ||  || ̄ ̄ ||       || ̄ ̄ || ||    || ̄ ̄ ||
          ´  ||    ||.  ||  || ̄ ̄ ||       || ̄ ̄ || ||    || ̄ ̄ ||
                     ||  ||     ||       ||     || ||    ||     ||
 ┌──^────────────┐
 │ それに、あのDDD連隊を出す。            . ┌────────^──────┐
 │ ってのも、気になるな。                     │ しかし、西国の方の任務も・・・。
 └                                 └

266 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:50:41 ID:2oPR0WMK
           ┌
           │ ああ、敵の素性が全くわからない以上、
           │ 万全を喫する必要がある。
           │  一応、西国も部隊を出すとは言っているが、
           │ DDD連隊とは違って、状況によっては
           │ 我々が援護に回らなければならないだろう。
           └───────v────────────┘

                     ∧,,∧
                    ミ,,゚Д゚彡
     ____________ミ ∽ ミ__________
    /               . ̄ ̄ ̄旦              \
  /                                     . \

267 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:51:26 ID:2oPR0WMK
           ┌
           │ 東国へは、先日、第ニ陸戦大隊から転属になった
           │ 『ソード9』、ウラウラス・ヒースローとソード3、5、そして、
           │ 向こう側からのご志望の『金色の疾風』、
           │ つまり俺の4人で向かう。
           │ 東国での行動は、一人でもモララー種が多い方がいい
           └───────v────────────────┘

                     ∧,,∧
                    ミ゚Д゚,,彡
     ____________ミ ∽ ミ__________
    /               . ̄ ̄ ̄旦              \
  /                                     . \

268 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:52:16 ID:2oPR0WMK
           ┌
           │ 残りのソード2、4、6,7,8で西国の任務を
           │ 行ってくれ。
           └───────v────────────┘

                     ∧,,∧
                    ミ,,゚Д゚彡
     ____________ミ ∽ ミ__________
    /               . ̄ ̄ ̄旦              \
  /                                     . \

269 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:53:00 ID:2oPR0WMK
           ┌ トコロデ、
           │ 隊長、どうしてこの部隊が二つの任務を
           │ 同時にこなさなくちゃいけないんだモナ?
           └───────v───────────┘

                       .___
       ∧∧           .∧| ◎|         ∧_∧
       .(,,゚Д゚)          .( ´∀`)        .( ・∀メ)
    __〔(|  i)〕          〔(つ日と)〕      .〔(    )〕
    |\ ̄ ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄  
    \∧_∧       _______________________
     (  ´_ゝ)      \_____________________
   [\|   つ\旦     \             ||
   ||\[|   |\ \       \             ||
   ||\||   ⌒\ \       \           ´

270 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:53:40 ID:2oPR0WMK
           ┌
           │ 他の部隊が全部出払っていて、マトモに動けるのが
           │ ウチの部隊だけだったそうだ・・・。
           └───────v──────────────┘

                     ∧,,∧
                    ミ゚Д゚,,彡
     ____________ミ ∽ ミ__________
    /               . ̄ ̄ ̄旦              \
  /                                     . \

271 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:54:19 ID:2oPR0WMK
           ┌
           │ とにかく、東国の方も西国の方も準備は既に
           │ 整ってるらしい。じゃ、各自で準備を整えてくれ。
           └───────v──────────────┘

                     ∧,,∧
                    ミ,,゚Д゚彡
     ____________ミ ∽ ミ__________
    /               . ̄ ̄ ̄旦              \
  /                                     . \

272 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:54:58 ID:2oPR0WMK

        А_А
        ( ・∀・)
       (     )
        |  |  |
       (__)_)

ウラウラス・ヒースロー(27)
 ・ミスリル第ニ陸戦大隊から第三陸戦中隊へ転属してきたミスリルの傭兵。
  格闘戦が得意で、主に剣とブーストを好んで使う。
  コード名は【ソード9】


第七話 『フォビドゥン・ウエポン』に続く

273 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:55:38 ID:2oPR0WMK
  ┌
  │ 鋼鉄編はまだまだ続きます。
  │ 白銀の白騎士です。
  └───────v─────┘
           wwwww
          ( ´Д`)
          (  {|:|} )        マダジョノクチデスヨ。
 .          | | |     【1,3】 
          (__)_) C=C-(・∀・)-C=C

274 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:56:17 ID:2oPR0WMK
  ┌
  │ 第七話、八話は正直、少し遅れそうですorz
  │ 出来れば五月中には公開したい所で・・・。
  └───────v───────────┘
           wwwww
          (|li´Д`)
          (  {|:|} )        チョットフダンノセイカツガ変化シテシマイマシテ。
 .          | | |      【1,3】 
          (__)_) C=C-(;・∀・)-C=C

275 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:56:56 ID:2oPR0WMK
  ┌
  │ シナリオはもう、大方決まってるんですけどね。
  │ では次回まで、さようなら。
  └───────v────────────┘
           wwwww
          ( ´Д`)
          (  {|:|} )    チョットシタヨコクヘンヲ、↓ニハッテオキマスネ
 .          | | |      【1,3】 
          (__)_) C=C-(・∀・ )-C=C

276 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:57:36 ID:2oPR0WMK

今作ってる東編のコマ(ちょっとした予告編)


| ギコラス・フサッカード。貴様の『念動剣』、貰い受ける!
| 我が『光雷刀』の力で!!!
\___ ____________________
      ∨ 


     ∧__∧                           .∧,,∧,i コンナコトシテルバアイデハナイノダガ・・・。
   と(=・∀)、    虐 (:;。;ζ∵つ⌒´つ         ミД-;l:]
   -=======Θ                     ┌‐-γイlト三 mニ━=
     /  ,r ,.〉                       . ̄ `iーO「ミヽヽ 
.   (_/、_)                            し`J  ̄

           と´⌒⊂ (:;。;:::,,,,   
                  虐
                          ________∧_____
                        /
                        | 貴様も『継承者』という訳か。なら、
                        | 父の形見、『月光円刀』を守る為にも
                        | ・・・・容赦はしない!
                        \______________

277 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:58:16 ID:2oPR0WMK
                         ∧,,∧.,i 魔力集中・・・・・。
             グルグルグルグル  .ミД-,,l:]        ..
                    ((@)) と   ミ
                        . ミ  ミ〜        .
                         . し`J   


                         ∧,,∧,i
                   __ ___  .ミД゚.,,l:]
                  \|||/ と   .ミ
                ジャキン!    ミ  ミ〜
                          し`J

278 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:58:56 ID:2oPR0WMK
                         .∧,,∧,i         ビュィィィィィィィン・・・・。
                        . ミД゚.,,l:]  ..../| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::
                        と   つ〓〕l≡|ニニニニニニニニ:::::::::::::::::::::::::::::::
                         ミ   ミ〜  .\|_____::::::::::::::::::::::::::::
                          (/ヽ_)



                        .∧,,∧,i              バン!!
                        .ミД゚.,,l:]    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                        と    つ〓〕l≡|ニニニニニニニニニニニニニニニニニ >
                         ミ  ミ〜 ......\|__________/
                          (/ヽ_)

279 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 17:59:35 ID:2oPR0WMK
    | 貴様の念動剣か、我の念動剣か、
    | どちらが勝るか、勝負だ!
    \___ __________
          ∨ 
          ./|
         //
         /∧__∧                   ∧∧,i
         /(=・∀)                  ミД゚#l:] /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       Oと   ノ                 ミ つ G[|≡|ニニニニニニニニニニニニニニニニニ >
        >   `)                  キ   < .\|__________/
       (__,,/ー'                    (__<\_)

                                /|
                          \_WW/ |WWWWWWWWWWWWW/
                          ≫                   ≪
                          ≫   うおぉぉぉぉぉぉぉ!!  ≪
                          ≫                   ≪
                          /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\

280 :白銀の白騎士 ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 18:00:15 ID:2oPR0WMK
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                     ┌
                     │ 何であんな物をソコまでして守りますかね!?
                     │ 貴方達は!!!!
                  /|.  └y───────────────────┘
                  ///
                (\虐/)
                /(・∀・.#)                           ∧∧
               ⊂(    ゆ=【三三三>        ;;;,,,     ‐ = ニli。д)
                 〈 〈ヾ \       ─ = ≡─╋○ /       ,,;;""
                (__) ヾ_)     ─ = ニ ≡ (_/ー´



281 :白銀の(ry ◆xe4dIv2lTE :2006/03/31(金) 18:05:38 ID:2oPR0WMK

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

\_WWWWWWWWWWWWWWWWW/
≫                   ≪
≫   核発射まで、3───   ≪  \_WWWWWWWWWWWWWWWWW/
≫                   ≪  ≫                   ≪
/MMMMMMMMMMMMMMMMM、\   ≫      2、───       ≪  /|
                         ≫                   ≪  ///
                        /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\ .///
                                              ..///
                                              .// アノヨデナ!
                                          ∧虐∧○
                                          (・∀・#) ゝ
                            へ____\         ヾ    丿
                         //===</==</         (⌒)ヽヽ
                     / \6)6)6)6)6)6)\            ̄ . (_,,_,)
               ∧∧    /    \6)6)6)6)6)6)\
        ___(,,゚Д゚) /      / " ̄ ̄ ̄ ̄/
       /三/ /三/ /三//  ̄|    /==))===))==/            /|
      /三/ /三/ /三/ /l二l |  /::::::::ヘ::::::::::ヘ/       \_WW/ |WWWWWWWWWWWWW/
       /:: 2ch ARMY ::/:  ::l:: ̄|:::::::::::::::Л:::/Л       ≫ もう遅い!!!         .≪
      |亘 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄亘|:_::l::_:二l二二二二二二l      ≫俺を怒らせた事を、後悔しろ!≪
     |三三三三三三三|_/~)~~~~(()~~~~~~(()~~((~)))      ≫                   ≪
     (+=+|__u__u_(+=+ (,ノ/^`γ^γ^γ^γ^ヽ,=/      /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\
      ヽ+=+((_____((ヽ+=+\,,,,人,,,人,,,人,,,人,,ノ,/
"""""""""~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~""""""""""""""""""""""""""""""""""""

282 :あ、最後の一文抜けてたorz:2006/03/31(金) 18:08:47 ID:2oPR0WMK

                     ・・・To Be Continued



283 : ◆T86FogGudo :2006/03/31(金) 18:09:34 ID:dqy86oQ8

おまけだけリアタイ乙www

支援しときましたよ。

284 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/31(金) 18:55:50 ID:tnoEwisn
さすがですね GJ
◆T86FogGudo復活!?

285 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/31(金) 18:58:16 ID:tnoEwisn
◆T86FogGudoに氏付けるのを忘れてしまいました。
ほんとにスイマセン ('A)

286 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/31(金) 19:01:29 ID:5HmV/sQE
おお〜、鋼鉄の右腕編もやっぱり面白い!GJです!

287 : ◆T86FogGudo :2006/03/32(土) 12:45:57 ID:jKNsymiG
>>285
「氏」なんて飾りです。偉いh(ry


今日ってまだ三月だよね

288 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/32(土) 15:53:09 ID:Kf0MeiJP
今日は童貞が一日だけ魔法使いになれる日でしょ?

289 :アヒャ ◆wobqqF2deg :2006/03/32(土) 15:59:10 ID:wIWwp5Pe
まだ見習いですが、私も参加してよろしいでしょうか?
レベルの高い職人さんたちばかりなので、かなり
作品の品質が劣るかも知れませんが、
ストーリー自体は脳内で完成しています。

290 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/03/32(土) 18:11:48 ID:jKNsymiG
>>289
とりあえず、臨時板にGO
ttp://jbbs.livedoor.jp/computer/25981/

291 :アヒャ ◆wobqqF2deg :2006/04/02(日) 00:21:01 ID:H5G9GDaj
臨時板の方に作プロローグ貼りました。
暇があれば見てやってください_(._.)_
本編は、コチラに張ってみたいと思います。

292 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/02(日) 16:59:27 ID:vaL10jLk
|∀・)ミタヨー

293 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/02(日) 17:28:30 ID:5py+yvKT
>>291
新ストーリーGJ!

294 :サエラ ◆UG9tHCiKxk :2006/04/03(月) 08:33:02 ID:cb/GZlbE
>>291 お疲れ様です、◆wobqqF2deg氏。

295 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/03(月) 09:46:51 ID:3FcRF58H
乙でした

GJ!

作る人はどこまでふえるんだろうか

296 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/04(火) 09:21:10 ID:v1ugeN/g
>>291
面白そう。今後にwktk

297 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/04(火) 10:05:48 ID:rE5tGdSf
自分も期待してます

wktk
wktk
wktk
wktk



298 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:00:08 ID:G2iuqYnn
(1/)



==================================================================

                   AM 9:00
      東モララー国に所属する都市「エモナ・タウン」が、突如謎の
      武装組織によって襲撃される。

==================================================================


299 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:01:08 ID:G2iuqYnn
(2/)

┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┤\   |
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┤  \ |
┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┤   \|───────────────────
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  Λ;Λ`';            と::;:;;;..  ´⌒⊂(#゚;;Д。;) 虐
 (。;Д・,)⌒ ::;:;;;..:つ              ヨ===┷       .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;

   wwWWwwww
                                  wwWvWWww
     ○   ∧虐    wwvwwWvv
    ⊂⌒;;`つ(:;・::ζ                      ∧虐
                                  (-A∴ @∝⌒⊃
    ヲユニ三Iiiiiiiil==i━
    ∬
      ∬                      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   | ̄;;;;::::⌒^;;;;;;}〈Wゝ((二二二,<>
   ヾ______ノノ ノノ
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\二二二\        と⌒⌒;;;ζ;А・)つ y=-
  〈├二二二二二二二二) {ロ}〓{ロ} )
  ((@)(@)(@)(@)(@))三) )三)

==================================================================

       激戦の中、組織は中央部署を制圧。
       もともと兵力の少なかった在地の軍は一般市民とともに
       いったん退却、戦況は東側の不利な状況へと陥る。

==================================================================

300 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:01:57 ID:G2iuqYnn
(3/)

                     ┌─┐
                     │正│
                     │義│
                     └─┘

    ./■\        .∧)))∧  〜二二   (  @ )       ∧_∧
 [〕ニ(::::::::::::::.)ニニ〔三(0) (::::::::::::::)   ミ:::::::::)   ル:::::::::)r'''≡─ゥ (Q:::::::::::)
  ├┌U┐ ル0       ( <V> )   ( 〕:::〔)   .(:::::::::⊃y ̄ ̄  ([::::<y>])
  └{[]三[]}二==O     ノ__|_|  〜|::::::::|   .|::::::::|       []:::|:::|]
    し(__)   .    (__)_)   し´J    し´J       (__)_)

==================================================================

       謎の組織は独立武装組織『ジャスティス』と判明。
       脱走兵や東国内で迫害された劣等種で組織されており、
       そのほとんどが謎に包まれていた。
 
==================================================================

301 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:02:52 ID:G2iuqYnn
(4/)

       ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧
      (・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )
     ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧  .)
    (・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )
   ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧  .)J
  (・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )
..∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧ ∧虐∧  .)J
(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )(・∀・ )
(     )(     )(     )(     )(     )(     )(     )(     )J
 Y 人  Y 人  Y 人  Y 人  Y 人  Y 人  Y 人  Y 人
. (_)J  (_)J  (_)J  .(_)J  (_)J  .(_)J  (_)J  (_)J

==================================================================

   この混乱に乗じてレジスタンスなどの反抗勢力が動き出すのを
   危惧し、東側は特殊部隊『ジャッカル』にエモナ・タウン奪還を命じる。
   この行動には実態のつかめない組織をはやめに潰しておく、
   という思惑もあった。

==================================================================

302 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:03:43 ID:G2iuqYnn
(5/65)


           【マターリモララーと虐殺モララーの戦争】

                     (外伝)


 =====================『CRUELTY WAR’S』=========================


              第一話『 エモナ・タウン奪還 』

303 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:04:19 ID:G2iuqYnn
(6/65)

  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:=================================
  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;  東モララー国 『 エモナ・タウン 』
  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;              
  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;              PM 1:00
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=================================
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::: タンタ──ン・・・・ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::  /゙!====l\  :::::::::::::::::::::::::::::::::: パパパパパ・・・・ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::  |r'l====l、::\  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::  |r'l====l、ヾ:、|  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::   |r'l====l、ヾ:、|  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::   |r'l====l、ヾ:、|        ___  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       |r'l====l、ヾ:、|        | i‖i .|   _____
       |r'l====l、ヾ:、|      _|__i‖i .|  ./|=========|
       |r'l====l、ヾ:、| ̄l\  r'゙!===!i‖i. | ...| | iロiロiロiロ|
       |r'l====l、ヾ:、|゙:ロlヾ:| |r'l===|.i‖i..|__| | iロiロiロiロ|
       |r'l====l、ヾ:、|゙:ロlヾ:| |r'l===|'l:ロ:ロ:ロ.. |. | iロiロiロiロ|

304 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:06:11 ID:G2iuqYnn
(7/65)

┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┤::::::::::::::::|             i|     |     |
.┬┴┌──‐..──┐┬┴┬┴┬┤::::::::::::::::|             i|   (Q)|(Q)   |
.┴┬‖::::::::::::::::::::::::::‖┴┬┴┬┴┤::::::::::::::::|             i|     |     |
.┬┴‖::::::::::::::::::::::::::‖┬┴┬┴┬┤::::::::::::::::|             i|     |     |
.┴┬‖::::::::::::::::::::::::::‖┴┬┴┬┴┤::::::::::::::::|       _|\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.┬┴‖::::::::::::::::::::::::::‖┬┴┬┴┬┤\:::::::::::|     _|\\ \┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
.┴┬‖::::::::::::::::::::::::::‖┴┬┴┬┴┤:::::\::::|   _|\\\\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.┬┴‖::::::::::::::::::::::::::‖┬┴┬┴┬┤:::::::::::\|  _|\\\\| ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄   \\\| ̄
                                 \| ̄
        ∧□∧  ドドドドド・・・・              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (,;´Д`)     人/
       ( つ≠∩∃===┯ヾそ
        人 Y      て                   ドム!     ハ虐ハ
        し(__) ))))                     人       (・∀・;[)
             ∧∧   タンターン!      ,      Σ))==ヽ二二∩三と)
            (;゚д゚)y=-て,,;                 Y      / /ヽ ヽ
   □∩    ,   ( つつ そヾ                   ,   (__)  (__)
  (;゚Д゚)      | |
  (つ=∩∃===┯  し´J     人/ チュン!                ドン!ドン!    ∧虐∧
 〜(_つノ              ∠,,,;<                     从      (+д・; )
   し´     ┌──^──┐                         ゞ))┯=〓三∩≡⊂)
            │ くそ・・! │        从/ チュン!           て     /⌒  ヽ
            └              ∠,,,,<;                          (__)⌒ゝ_)

305 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:07:37 ID:G2iuqYnn
(8/65)
                                        _
        ∧□∧ て  モ、モナ・・・   ∧ ロロ           / /
       (;´Д`,) そ         / /     l二二l  /l  / /
       ( つ≠∩∃===┯     / 二二l       // /_/
        人 Y           / /     l二二二/   □     .ハ虐ハ
        し(__)          .∨            人         (・∀・;[)
             ∧   ドシュ!               Σ))==ヽ二二∩三と)
            (:;゚Д y=-                  Y      / /ヽ ヽ
   □∩ ズド!!!   ( つつ                         (__)  (__)
  (。;;;∵      |;;∵
  (つ=∩∃===┯  し´J                                   ∧虐∧
 〜(_つノ                                     从      (+д・; )
   し´                                      ゞ))┯=〓三∩≡⊂)
                                           て     /⌒  ヽ
                                                (__)⌒ゝ_)

306 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:08:15 ID:G2iuqYnn
(9/65)

       ∧□∧     \WWWWWWW/
      (´Д`;,) 三  < う、うわああ! ≪
      ⊂ ⊂ ヽ  三 /MMMMMMMM\
        Y 人                          チャキ   ハ虐ハ
        (_) J   [二≠∃===┯                -=y(∀・ ,|)
                                          とと    )
                                          / /ヽ ヽ
                                         (__)  (__)
             (    ∧                              ┨
            ⊂⌒;;`つ:;-д)                            ‖ ∧虐∧
                  y=-                            ┃(+д-; )
        □∩                                      ∃と    つ
    @;;;;⊂(。;;;∵⌒::〜つ                                 |,|/⌒  ヽ
           ∴∃===┯                               /(__)⌒ゝ_)

307 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:08:50 ID:G2iuqYnn
(10/65)

       ∧□∧
     煤i゚д。iill) ,,,,
 ズドン!! ⊂;;::∴ζ :::                     ターン!
        Y 人                           从   ハ虐ハ
        (_) J   [二≠∃===┯              Σ) -=y(∀・ ,|)
                                       Y  とと    )
                                          / /ヽ ヽ
                                         (__)  (__)
             (    ∧                             ┨
            ⊂⌒;;`つ:;-д)                            ‖
                  y=-                            ┃ ∧虐∧
        □∩                                      (`(+д- ;)
    @;;;;⊂(。;;;∵⌒::〜つ                                 |,|\    つ
           ∴∃===┯                               /|(__(_ ̄)

308 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:14:20 ID:qHJiTN3E
(11/65)

   ∧□∧)(⌒)                                ハ虐ハそ
  と(゚д。iill);:∴ζつ   [二≠∃===┯                -=y(;・∀・,)て
                                    .     と    つ 
                                         / /ヽ ヽ 
                                        (__)  (__) 
             (    ∧
            ⊂⌒;;`つ:;-д)
                  y=-
        □∩                                ドタ!
    @;;;;⊂(。;;;∵⌒::〜つ                             ∧虐∧   ○
           ∴∃===┯                     ┯=〓⊂(+д-;⊂⌒⌒つ

309 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:15:15 ID:qHJiTN3E
(12/65)

    ┌────────┐
    | ・・・生きてるか?
    └──v───── ┌────────────────────
                   生きてるよ・・・それより
       ハ虐ハ        戦闘にてこずってたから部隊とはぐれてしまったな・・・
      (|;・∀・)      └──v─────────────────
      (    )
      | | |         ∧虐∧   ○
      (__)_)      ⊂(+A・;⊂⌒⌒つ

310 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:15:55 ID:qHJiTN3E
(13/65)

   ┌─────────────────────┐
   | そんなことより、今は自分自身の身を気にしろ。
   | 応急処置くらいしなきゃ、お前動けなくなるぞ?
   └────────v─────────

              ハ虐ハ
             (|;・∀・)      ズズズ
             (    ヽ
              Y 人と∧虐∧   ○
              (_)__)(A・;⊂⌒⌒つ )))))

311 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:16:35 ID:qHJiTN3E
(14/65)

         ハ虐ハ
        (・∀・ ,|)      ズズズズ
        (    ヽ
         Y 人と∧虐∧   ○
         (_)__)(A・;⊂⌒⌒つ )))))

        /          \
  【ライモラ・モライヤ】    【リモール・モラン】
        ジャッカルDチーム隊員

312 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:17:06 ID:qHJiTN3E
(15/65)

    r'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒''〜'⌒'〜'ヽ
   ( でも今さら急いだとこでDチームには    )
    ) 追いつかないだろうな。           (
   ( 仕方ないが、後を追うのはまた明日だな。 )
    ヽ〜'⌒'〜'⌒'○'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒〜
           O
          o
     ハ虐ハ
    (-∀- ,|)      ズズズズ
    (    ヽ
     Y 人と∧虐∧   ○
     (_)__)(Д゚;⊂⌒⌒つ )))))

   ┌──────^───────────────┐
   | いっ!いて!?いたた!!もっと丁寧に運べ!
   └──

313 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:18:53 ID:qHJiTN3E
(16/65)

┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┤::::::::::::::::|             i|     |     |
.┬┴┌──‐..──┐┬┴┬┴┬┤::::::::::::::::|             i|   (Q)|(Q)   |
.┴┬‖::::::::::::::::::::::::::‖┴┬┴┬┴┤::::::::::::::::|             i|     |     |
.┬┴‖::::::::::::::::::::::::::‖┬┴┬┴┬┤::::::::::::::::|             i|     |     |
.┴┬‖::::::::::::::::::::::::::‖┴┬┴┬┴┤::::::::::::::::|       _|\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.┬┴‖::::::::::::::::::::::::::‖┬┴┬┴┬┤\:::::::::::|     _|\\ \┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
.┴┬‖::::::::::::::::::::::::::‖┴┬┴┬┴┤:::::\::::|   _|\\\\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.┬┴‖::::::::::::::::::::::::::‖┬┴┬┴┬┤:::::::::::\|  _|\\\\| ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄   \\\| ̄
                      r'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜⌒ヽ
   ∧□∧)(⌒)           (  とりあえずあの中で休息をとるか。 ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  と(゚д。iill);:∴ζつ   [二≠∃===ヽ〜'⌒'○'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜´
                          O
                          o   /|
                             / /
             (    ∧    ハ虐ハ./ /
            ⊂⌒;;`つ:;-д)  (・ ,[]  ) /  。
                       .(    つ` ゚。
        □∩             / /ヽ と∧虐∧   ○
   @;;;;⊂(。;;;∵⌒::〜つ       (_) (⌒(#)д⊂⌒⌒つ
           ∴∃===┯

314 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:19:23 ID:5NB1U2YE
(17/65)

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:________;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:::::::::::::::::::::::::::::::rー,:::::::::::::::::::::::::::::::::/||:::::::::::::::::::::::::::::::::||\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ┌──ヽ,, ゙゙       /  ||:::::::::::::::::::::::::::::::::||  \
    │1F ⇒ ゙゙¨ゝ      |   ||:::::::::::::::::::::::::::::::::||  r'  ┌─┐
    └───r`´       |   ||:::::::::::::::::::::::::::::::::||  ゙ゝ   |lii[]゚゚|
                  .| Q  ||.::::::::::::::::::::::::::::::::|| ζ  .└─┘
                  .|   ||:::::::::::::::::::::::::::::::::||/´
二二二二二二二二二二二二.|   ||______.||二二二二二二二二二二
                  .|  /
                  .|/

315 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:19:51 ID:2BlKOWBR
(18/65)

                      ________
         rー,         /||:::::::::::::::::::::::::::::::::||\
    ┌──ヽ,, ゙゙       /  ||:::::::::::::::::::::::::::::::::||  \
    │1F ⇒ ゙゙¨ゝ      |   ||虐ハ ニュ :::::::::||  r'  ┌─┐
    └───r`´       |   ||∀・,|)::::::::::::::::::::||  ゙ゝ   |lii[]゚゚|
                  .| Q. ||⊂ ノ:::::::::::::::::::::::|| ζ  .└─┘
                  .|   ||/::::::::::::::::::::::::::::||/´
二二二二二二二二二二二二.|   ||______.||二二二二二二二二二二
                  .|  /
                  .|/

316 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:20:52 ID:2BlKOWBR
(19/65)

           ┌─────────┐
           | 結構広い場所だな。 |
           └───────v─
                     :________
         rー,         /||::::::::::::::::::::::::::::::::::||\
    ┌──ヽ,, ゙゙       /  ||::::::::::::::::::::::::::::::::::||  \
    │1F ⇒ ゙゙¨ゝ      |   ||::ハ虐ハ::::::::::::::::||  r'  ┌─┐
    └───r`´       |   ||(・∀・ ,|)::::::::::::::||  ゙ゝ   |lii[]゚゚|
                  .| Q. |と    )::::::::::::::|| ζ  .└─┘
                  .|   ||| | |::::::::::::::::||/´
二二二二二二二二二二二二.|   |.(_(__).___||二二二二二二二二二二
                  .|  /
                  .|/

317 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:21:15 ID:Z5TJisZB
(20/65)

          r'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'ヽ
          ( 休息にはもってっこいだが  )
          ) 暗くてよく見えない。     (
          ヽ〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'○'⌒'〜'⌒´___
         rー,         /||:O::::::::::::::::::::::::::::||\
    ┌──ヽ,, ゙゙       /  ||::::o:::::::::::::::::::::::::::||  \
    │1F ⇒ ゙゙¨ゝ      |   ||::ハ虐ハ::::::::::::::::||  r'  ┌─┐
    └───r`´       |   ||(・∀・;|)::::::::::::::||  ゙ゝ   |lii[]゚゚|
                  .| Q. |と    )::::::::::::::|| ζ   └─┘
                  .|   ||| | |::::::::::::::::||/´
二二二二二二二二二二二二.|   |.(_(__).___||二二二二二二二二二二
                  .|  /
                  .|/

318 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:21:50 ID:kd12h/NA
(21/65)

           ┌──────────────────┐
           | まあ、リモールは別に見えなくてもいいか。
           └───────v───────────
                      ________
         rー,         /||::::::::::::::::::::::::::::::::::||\
    ┌──ヽ,, ゙゙       /  ||::::::::::::::::::::::::::::::::::||  \
    │1F ⇒ ゙゙¨ゝ      |   ||::ハ虐ハ::::::::::::::::||  r'  ┌─┐
    └───r`´       |   ||(・∀・ ,|)::::::::::::::||  ゙ゝ   |lii[]゚゚|
                  .| Q. |と    )::::::::::::::|| ζ   └─┘
                  .|   ||| | |::::::::::::::::||/´
二二二二二二二二二二二二.|   |.(_(__).___||二二二二二二二二二二
                  .|  /
                  .|/

319 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:22:10 ID:4ibeG5fT
(22/65)

                     ________
         rー,         /||::::::::::::::::::::::::::::::::::||\
    ┌──ヽ,, ゙゙       /  ||::::::::::::::::::::::::::::::::::||  \
    │1F ⇒ ゙゙¨ゝ      |   ||::ハ虐ハ::::::::::::::::||  r'  ┌─┐
    └───r`´       |   ||(・∀・ ,∩カチ::::::||  ゙ゝ   : |lii[]゚゚|
                  .| Q. ||(    /::::::::::::::|| ζ   └─┘
                  .|   ||| | |::::::::::::::::||/´
二二二二二二二二二二二二.|   |.(_(__).___||二二二二二二二二二二
                  .|  /
                  .|/
   =========================================================

      ライモラは少年時代に両目を失っており、機械化された目は
      電源を入れることによって暗闇でも視界がきくようになる。
      ただし、長時間使用すると脳神経に異常をきたす。

   =========================================================

320 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:22:32 ID:FZcEpHvZ
23/65)

 ┌─────────────────┐
 | まあこんなに広ければ、
 | 休憩する場所くらい探せばあるだろ。
 └────────────v────
                      ________
         rー,         /||:::::::::::::::::::::::::::::::::||\
    ┌──ヽ,, ゙゙       /  ||:::::::::::::::::::::::::::::::::||  \
    │1F ⇒ ゙゙¨ゝ      |   ||:::::::::::::::::::::::::::::::::||  r'  ┌─┐
    └───r`´       |   ||:::::::::::::::::::::::::::::::::||  ゙ゝ   |lii[]゚゚|
                  .| Q. ||:::::::::::::::::::::::::::::::::|| ζ   └─┘
                  .|   ||:::::::::::::::::::::::::::::::::||/´
二二二二二二二二二二二二.|   ||______.||二二二二二二二二二二
                  .|  / /|
                  .|/ / /
                    ./ハ虐ハ
                   /(・∀・ ,|)
                   .と(     )
                     Y 人
                     (__)J

321 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:22:54 ID:rpRU9fPq
24/65)


           ── 数分後 ──

322 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:23:27 ID:V5Nn32ua
(25/65)

                  ┌──┬──┐
             ┌───────────┐
             | とりあえず落ち着いたな。
             └─────────v──
                  └──┴──┘
                  ∧        ∧虐∧
           ハ虐ハ    | |        (_/∀- ,)
          ( ・∀・,,).  | |        /  ⊂/_)
          (つ   ヽ  | |       (/⌒,ヽ ヽ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (⌒) (⌒) )  ̄‖ ̄ ̄ ̄ ̄ (_) (⌒) ̄ ̄ ̄

        ┌──^─
        │ ああ。 │
        └────┘


323 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:23:59 ID:pDRQqojM
26/65)

                  ┌──┬──┐
             ┌─────────────┐
             | で、これからどうするんだ?
             └─────────v───
                  └──┴──┘
                  ∧        ∧虐∧
           ハ虐ハ    | |        (/∀・ )
          ( ・∀・,,).  | |        /  ⊂/_)
          (つ   ヽ  | |       (/⌒,ヽ ヽ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (⌒) (⌒) )  ̄‖ ̄ ̄ ̄ ̄ (_) (⌒) ̄ ̄ ̄

  ┌──────^───────────────┐
  | ん〜・・・ Eチームはこの地区を制圧したから
  | 戦場中央のA・Cチームと合流しているはずだな。
  └─────────────────────


324 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:24:34 ID:re1OimaU
(27/65)

                  ┌──┬──┐
  ┌──────────────┐  |
  | 夜が明けたら,俺らも後を追って
  | 中央の制圧に参加する。
  └──────v────────
                  ∧        ∧虐∧
           ハ虐ハ    | |        (/∀・ )
          ( -∀-,,).  | |        /  ⊂/_)
          (     ヽ  | |       (/⌒,ヽ ヽ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (⌒) (⌒) )  ̄‖ ̄ ̄ ̄ ̄ (_) (⌒) ̄ ̄ ̄

         ┌─────────────^─────────┐
         | しかし、敵も思い切った行動に出たもんだな・・・
         | これだけ大胆に動けば、アジトも割り出せるだろうに。
         └────────────────


325 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:24:59 ID:XC0CV/rB
(28/65)










326 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:26:17 ID:+Kb/xs1b
(29/65)

      ── 『ジャッカル』A・Cチーム野営地 ──

                              |二二|:
                              \_.|:____
                         |二二二二二二二二二二
    :::::::虐__∧              /__________
   :::::::::(  ^ー)             |_____三三___
   :::::::::(  `:´)             |ヘ_ノ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ 
    :::::::人 Y               \ノ○ノ○ノ○ノ○ノ○ノ○ノ
    :::::::し(_)
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ハ虐ハ       ハ虐ハ  ,-‐─lニl──、,,
 ( ・∀)     (∀・ )l二二l: ̄ ̄ ̄l`ll二二lニニニニニニl二二〔
 / つ♀つ    .(⊃⊂\-、__l:     |
./  l ̄`-----l: l ̄l :l王王王l:l:l: ̄ ̄l:`−---、


327 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:26:49 ID:JSGtmO6P
(30/65)

                        [|虐殺|]
                        [:l∩(ニ(0-0)
【モラゼン・モロウ】         /二□二二二二二\         __
 階級:大尉             | F・D TANK\ (_(二二(ニニニニニ〔二(0)
 Dチーム隊長       __  `-_|:___ノ___ノ____  ̄ ̄
   /           |   `l:l:l:l二二二l:l:l:l   \   ∈∋  \
..虐__∧          /__________/ ̄|――――――|\
( ^ー^)         |_____三_____\_\〔□ジャッカル□〕 \
(  `:´)          |ヘ_ノ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ  |}===}|>――――>| ==}
. 人 Y           \0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ/ノ===ノ―――――ノ==ノ
.(_(_)


328 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:28:44 ID:FaHSEteG
(31/65)

                                 ┌───┐
                        [|虐殺|]    │ ん? │
                        [:l∩(ニ(0-0) .└───┘
┌───────┐        /二□二二二二二\         __
│ フリモラ少佐。 |        | F・D TANK\ (_(二二(ニニニニニ〔二(0)
└────v──     __  `-_|:___ノ___ノ____  ̄ ̄
                |   `l:l:l:l二二二l:l:l:l   \   ∈∋  \
      ∧_虐     /__________/ ̄|――――――|\
     (   ^)     |_____三_____\_\〔□ジャッカル□〕 \
     (     )     |ヘ_ノ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ  |}===}|>――――>| ==}
     | | |     \0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ/ノ===ノ―――――ノ==ノ
     (_(__)

329 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:29:12 ID:JGQNJexN
(32/65)

          ┌──────────────
          │ ああ、モラゼン大尉ですか。
          │ Dチームは今到着したところで? |
┌─────. └─────────v─────┘
│ うん、まあね。
│ そのことでいろいろと結果報告をしたいんだけど、
│ ロイ大佐は?
└───v──────────────────┘
                      .[|虐殺|]  ───【フリモラ・ディスタール】
                      (・∀∩(ニ(0=0)   階級:少佐
                    [|二二二二二|]     Cチーム隊長
                    {i _(●)_ i}
                    |_____|
     虐_∧       / ̄三 ̄ ∈ ∋  ̄三 ̄\
    ( ^∀^)      / ̄|─────────| ̄\
    (.  `:´)      |___ノ   〔□ジャッカル□〕   ヽ__|
    | | |      i{====}i<───────>i{====}i
    (__)_)     〈====}i==============i{====ノ

             ┌───────^─────────┐
             │ ロイ大佐なら、今
             │ モルース中佐といっしょに陣営視察
             │ の最中ですよ。
             └─────────

330 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:29:47 ID:ew10dvW0
(33/65)

┌─────────────┌──────────────────┐
│ なるほど。                │ いや、またすぐに戻ってくるはずですよ。
│ つまり今はお取り込み中って │ モラゼンさんが来たところでざっと作戦を
│ ことだね。              [|虐殺|]  伝えると言ってましたし。
└───v───────── .⊂(・∀・(0=0)─────────────┘
                    [|二二二二二|]
                    {i _(●)_ i}
                    |_____|
     虐_∧       / ̄三 ̄ ∈ ∋  ̄三 ̄\
    ( ^∀^)      / ̄|─────────| ̄\
    (.  `:´)      |___ノ   〔□ジャッカル□〕   ヽ__|
    | | |      i{====}i<───────>i{====}i
    (__)_)     〈====}i==============i{====ノ

          ┌──────^───────
          │ ところで、どうでした?
          │ 『ジャスティス』とやらの実力は。
          └───────────────┘

 ┌───^────────────────────────┐
 │ ん〜そうだねぇ。結構少人数だったよ。
 │ やはり主力のほとんどは、この中央に立て籠もっているらしいね。
 └


331 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:30:30 ID:ew10dvW0
(34/65)

   ┌( モラゼン )──
   │ でも思ったより手強かったよ。
   │ 装備も軍に匹敵するものだったし・・・。 |
   └─────────────────┘

          ∧□∧  ドドドドド・・・・
         (,;´Д`)     人/
         ( つ≠∩∃===┯ヾそ
          人 Y      て
          し(__) ))))
                     ∧∧   タンターン!
                    (;゚д゚)y=-て,,;
   □∩    ,           ( つつ そヾ
  (;゚Д゚)              | |
  (つ=∩∃===┯          し´J
 〜(_つノ
   し
  ┌( フリモラ )──
  │ 軍に匹敵する装備?それは気になりますね。 .│
  │ 西側の息がかかっているんでしょうか?    │
  └────────────────────┘
           ┌( モラゼン )─────────────┐
           │ でも、それは考えにくいんじゃないかな?


332 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:30:57 ID:RS/FJwNQ
(35/65)

┌──────────────
│ 国境越しに援助物資なんて送ったら       /二□二二二
│ すぐに察知できるだろう?        │      | F・D TANK
└────v───────────┘ __  `-_|:___
                           |   `l:l:l:l二二二l:l:l:l
      虐_∧     [|虐殺|]      /________
     ( ^ー^)    (-∀- l:]      |_____三___
     ⊂  `:´つ    (    )      |ヘ_ノ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ
     | | |     .| | |       \0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ0ノ
     (__)_)     (_(__)

          ┌───^─────────┐
          │ それもそうですね・・・。
          │ やはり考えすぎでしょうか。


333 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:31:33 ID:Dpx3MRym
(36/65)
                              |二二|:
                              \_.|:____
                         |二二二二二二二二二二
    :::::::∧虐∧              /__________
   ::::::::从 ・∀・)             |_____三三___
   ::::::::(    )             |ヘ_ノ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ 
    :::::::人 Y               \ノ○ノ○ノ○ノ○ノ○ノ○ノ
    :::::::し(_)
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ハ虐ハ       ハ虐ハ  ,-‐─lニl──、,,
 ( ・∀)´)    (∀・ )l二二l: ̄ ̄ ̄l`ll二二lニニニニニニl二二〔
 と  ♀)/     と   つ-、__l:     |
 |  l ̄`-----l: l ̄l :l王王王l:l:l: ̄ ̄l:`−---、 


334 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:32:16 ID:FC2T56XU
(37/65)

 ┌──────────┐
 │ なんだモラゼン。     |
 │ もう到着してたのか。
 │ さすがに速かったな。 .┌──────────
 └──v───────  │ ── モルース中佐。
  【モルース・ウェイ】      .│ 今から大佐のとこへ帰還報告に
  階級:中佐             │ 行こうとしたところだけど、なにか?
  Aチーム副隊長      .└v──────────────
     /
   ∧虐∧          虐_∧     [|虐殺|]
  从 ・∀・)         (^ー^ )    (・∀・ l:]
  (    )         ⊂  `:´つ    (    )
   人 Y          | | |     .| | |
   .し(_)          (__)_)     (_(__)

┌─^───────────────────┐
│ ああ〜そうか。それならちょうどいい。
│ 大佐が今から作戦の説明をするっていうから、
│ 俺と一緒に本部の方についてきてよ。
└────────────────────
              ┌───────^─────────┐
              │ 作戦計画ですか・・・。
              │ それなら私も行かねばなりませんね。
              └────────────────
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


335 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:34:48 ID:QM1PZwnz
(38/65)

  ┌───────────────────┐
  │ ── うむ、これで4人全員そろった訳か。
  └──────────────────


           虐_∧          ∧虐∧
            .( ^∀^)           从 ・∀・)
    __    〔(.  `:´)〕       〔(    )〕
    |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ[|. 虐|]       ____________
     (   ・)      \___________
   [\|   つ\       \             ||
   ||\[|   |\ \       \             ||
   ||\||   ⌒\ \       \
  ┌─────────────────────┐
  │ よし、それではこれから「ジャスティス掃討作戦」
  │ の内容を伝える。
  └──────────

336 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:35:24 ID:5Mf1jwFB
(39/65)

    ┌
    │ まあもっとも、実際に各地の制圧に携わった諸君なら
    | わかると思うが、我々は各個撃破の作戦をとってきた。
    └──────────v──────────────┘
     【ロイ・モラウス】          (
     階級:大佐   ── ∧_∧   )
     Aチーム隊長     <ミ・∀- )━・
                  (    つ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /                               \
    ┌─────────^──
    │ その狙いは何か・・・。
    │ ・・・モラゼン、わかるな?
    └────────────┘


337 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:35:49 ID:HIaoCker
(40/65)

  ┌─────────────────
  │ はい。中央を制圧した敵の主力と、
  │ 各地の敵との連携を断つためでしょう?
  └───────v────

           虐_∧          ∧虐∧
            .( ^∀^)           从 ・∀・)
    __    〔(.  `:´)〕       〔(    )〕
    |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ[|. 虐|]       ____________
     (   ・)      \___________
   [\|   つ\       \             ||
   ||\[|   |\ \       \             ||
   ||\||   ⌒\ \       \
  ┌─( ロイ )───────────────┐
  │ その通りだ。
  │ 各地を押さえ、主力を包囲することによって
  │ 軍と街の被害を極力抑えることが出来る。
  └──────────


338 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:36:20 ID:Y8k4WK2r
(41/65)

   そして狙いどおり各個撃破策が功を成し、
   我らは安心して奴らを包囲できたわけだ。
   降伏勧告を出したが、奴らがこれに応じない場合は
   夜明け・・・今から六時間後に攻撃を開始する。
   これがその場合の作戦だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     ▽・・・東軍 ▼・・・テロ

             l>→ ▼ ▼ ▼ ▼ ←<l
             ↑       ↑
             △   ↑   △
                 △

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   まずは白兵戦をしかける。
   戦闘は形勢的にこちらの有利に進むだろう。


339 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:36:45 ID:mlaBT7pG
(42/65)

   だが、敵は追い込まれたネズミだ。
   必死の抵抗を見せるだろうから、慎重に戦い、
   敵前線が乱れるまで待とう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          凸・・・戦車

             ▼ ▼ ▼ ▼
                 /\
           ▽      |砲|     ▽
           ↓ ▽  |撃|  ▽ ↓
             ↓  凸凸  ↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   敵が乱れ始めたところで、いったん兵を引き上げる。
   そして、前線の割れ目にフリモラ率いる戦車隊を
   突撃させ、さらに敵の混乱と瓦解を狙う。


340 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:37:22 ID:OZWicSIq
(43/65)

   その後再び白兵戦に切り替え、
   敗走する敵を追撃し徹底的に殲滅する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ↑ (敗走) ↑
             ▲ ↑ ↑ ▲
                ▲ ▲
           ↑              ↑
           △ ↑ (追撃) ↑ △
              △ 凸凸 △

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ── 以上が今回の作戦の詳細だ。


341 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:37:51 ID:HfzqYncJ
(44/65)

    ┌─────────────────────┐
    │ だが殲滅するとはいっても、立て籠もっている
    │ 敵の首領は殺さずに捕らえろ。
    │ 西側かレジスタンスか実態のわからない組織だ。
    │ いろいろと聞き出す必要があるからな。
    └──────────v───────

                   ∧_∧
                  <ミ・∀・ )
                  (    )
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /                                \
       ┌────────^──────────
       │ この作戦について、3人とも異議はないな?
       └─────


342 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:38:16 ID:IYoAQrp0
45/65)

  ┌────────────────────┐
  │ まあ、問題はありませんが、私の戦車部隊を
  │ 本格的に投入するのですか・・・。
  │ あれはまだ編成したばかりですよ?
  └─v───────────────
       虐_∧          ∧虐∧
        .( ^∀^)           从 ・∀・)
    __〔(.  `:´)〕       〔(    )〕
    |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ[|. 虐|]       ____________
     (   ・)      \___________
   [\|   つ\       \             ||
   ||\[|   |\ \       \             ||
   ||\||   ⌒\ \       \
    ┌─( ロイ )─────────────┐
    │ まあたしかに作られてからの日は浅い。
    │ だが、いい練習にはなるだろう。
    └──────


343 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:38:51 ID:Qky5zVgT
(46/65)

    ┌─────────────────────┐
    │ では、これで作戦の説明を終わる。
    │ これから自分の隊に各々の役割を伝えておけ。
    └──────────v──────

                   ∧_∧
                  <ミ・∀・ )━・
                  (    つ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /                                \
                ┌────┐
                │ 了解。 │
                └────┘


344 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:39:20 ID:mG4uGV6G
47/65)

┌─────────────┐
│ ── 徹底的に殲滅ですか。
│ なかなか容赦ないっすね。
└────v─────
         ┌───────────────┐
         │ ・・・私もあまり本意ではないが、
         │ 見せしめということも必要なことだ。 |二二|:
         └────v───────      |:___
                         |二二二二二二二二二二
     ∧虐∧      .∧虐∧     /__________
    从 ・∀・)     <ミ-∀-)    |_____三三___
    (    )     /ノ   )     |ヘ_ノ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ 
     人 Y     ん人 Y ゝ     \ノ○ノ○ノ○ノ○ノ○ノ○ノ
     し(_)      し(_)
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    ┌───────^───────
    │ それに、最近ではDDD連隊が
    │ あのモラ・フェイトを落としたそうじゃないか。
    │ 我々もここで手柄の一つでも立てねばなるまい。
    └─────────────────────┘


345 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:39:45 ID:3JkJX3Qo
(48/65)
┌───────────────┐
│ しかし、敵も強情ですね。
│ 死ぬ覚悟、というやつですかね?
└────v─────
         ┌────────────────┐
         │ 人の心というものは行動に表れる。
         │ 実際に戦ってみればわかることだ。
         └──────v───────

        ∧虐∧      ∧虐∧
       ノ∩(ニ(0-0)   .<ミ・∀・)
       (ノ   /     /ノ   )
       | | |     ん| | |ゝ
       (__)_)      (__)_)
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


346 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:40:17 ID:9yiYf2mY
(49/65)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\


             /゙!====l\
             |r'l====l、::\
             |r'l====l、ヾ:、|
             |r'l====l、ヾ:、|
             |r'l====l、ヾ:、|
             |r'l====l、ヾ:、|
             |r'l====l、ヾ:、|
             |r'l====l、ヾ:、|
             |r'l====l、ヾ:、|
             |r'l====l、ヾ:、|
 \_________/\_________/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


347 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:40:51 ID:HhXWh/fl
(50/65)

        _____________
    |  /|:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::|\   \|
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::|\   \|
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::|\   \|
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::‖:::::|\   \|


348 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:41:25 ID:MMH+CwsA
(51/65)

            ┌──────┐
            │ ── ギコイ。
            └──────┘
 __________________________
 :::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖::::::::::::::::
 :::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::〜二二::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖
 :::::::::::::::‖:::::::::::::::‖::::::::::::::::ミ  ゚):::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ( .正. ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 __________ 〜  |_____________
                 し´J
                 
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           /               .\
          f二二二二二二二二二二二二j
           |                 |
           |                 |
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


349 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:41:58 ID:BZHYifpH
(52/65)

 ┌─────────────┐┌────────────────────
 │ ・・・なんだツーリィ。          .│ ジャッカルが援軍到着と同時に、
 │ 何か敵に変化はあったか?   │ 動きが前にも増して大きくなった。
 └─────v───────   .│ 降伏を受け入れなければ攻撃するつもりだろう。
     /  |   |/   |        └────────v────────────┘
   /|   | 〜二二 /
  /  |   | ミ,,゚Д゚)      .______        〈 @  ゝ
/|   |  /  (〕 〔 )    ./        /)       (−゚*ル
  |   |/    |  |〜  ./        //|        |Y´il)
  |  /   / し`J  /        // |       ⊂,,ノ〜
  |/   / /  /        //  /         .`J
./  【ギコイ・フィサリオ】 __//  /          |
   /       |_______)   /      【ツーリィ・トレイル】
  /          |        |  /
/            |______.| /


350 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:42:31 ID:wh3sfynd
(53/65)

┌────────────────────┐
│ やはり動き出したか。
│ どうやら敵は勝ちを決め込んでいるようだな。
│ さっさと戦いを終わらせたいんだろう。
└────v─────────────

   〜二二
    ミ,,^Д)      ______    〈 @  ゝ
     ( 〕 〔)    ./        /)   .(−゚*ル
   〜|  |   ./        //|    |Y´.il)
     し`J  ./        // |    |  |〜
       ./        //  /     .し`J
       /_____//  /
       |_______) .┌───────^───────────┐
       |        |  │ 当然だ。
       |______.| /│ どう見ても私たちの圧倒的敗勢だからな。
.                   └──────────────────


351 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:44:49 ID:wh3sfynd
(54/65)

                 ┌─────────────┐
                 │ それに、元々降伏する気は  │
                 │ ないんでしょう?
                └────────v────
   〜二二
    ミ,,-Д)      ______   .<  @ 〉
     ( 〕 〔)    ./        /)   ル*゚ー゚)
   〜|  |   ./        //|    |Y´.il)
     し`J  ./        // |.    .|  |〜
         /        //  /    し`J
 ┌──^───────────
 │ 聞くまでもない。                   ┌─( ? )────
 │ 降伏など・・・絶対にできんな。       .│ ギコイ隊長。
 └─────────────┘      │    報告が。


352 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:45:16 ID:ejiOCNFx
(55/65)

┌─( ギコイ )──
│ ── フロイトか。
│ どうだ?天候の様子は。
└────────────┘

         ∧□∧  ┌────────────────┐
        ( -∀- )  <  はい。
        ( <V> )  │ 先ほどとなんら変わりはありません。
        <_ハ__>  └────────────────┘
        (_(_)
         /
    【フロイト・モーリア】


353 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:45:50 ID:mGvpybfR
(56/65)

   ┌─( フロイト )────
   │ 予定通り、時間後に雨は降ります。 
   └─────────────────┘
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::          ::::::::::::::::::
   :::::::::::  /゙!====l\   ::::::::::::::
   :::::::::::  |r'l====l、::\  :::::::::::::
   :::::::::::  |r'l====l、ヾ:、|  ::::::::::::
   :::::::   |r'l====l、ヾ:、|  :::::::::::::
   :::::::   |r'l====l、ヾ:、|  :::::::::::::
        |r'l====l、ヾ:、|
        |r'l====l、ヾ:、|
        |r'l====l、ヾ:、|
        |r'l====l、ヾ:、|
        |r'l====l、ヾ:、|
   ┌─( ギコイ )───
   │ そうか。                │
   │ ならば作戦に支障はない。.│
   └────────────┘


354 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:46:19 ID:acHFmpbb
(57/65)

┌──────────────────
│ 奴らは確かに強い。
│ だが、俺たちを甘く見すぎているようだ。〈 @  ゝ
│ 奴らには・・・周りが見えていないな。   (゚ー゚*ル
└──────v──────────  (liY´li)
                             |  |
    .二二〜                   .し`J
    (Д-,彡     .______
     (〕 〔 )    ./        /)     ∧□∧
     |  |〜  ./        //|     (-∀- )
     し`J  ./        // |     (<V>  )
        /        //  /     <__ハ_>
      /_____//  /       (_(__)
      |_______) .  ┌───────^──────┐
        |        |    │ しかし、それは我々にとっては │
        |______.| /  │ 好都合なことです。
           .          └──────────────


355 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:46:49 ID:f5tqTNj0
(58/65)

┌────────────────────────┐
│ 素性のわからない我らを恐れて、東側は
│ ジャッカルに出動を要請する。これも我らには好都合。
│ ── すべて思惑通りに事は運んでいます。
└──────v─────────────────

    ::::::::::::::::∧□∧
    :::::::::::::::( -∀- )
    :::::::::::::::(. <V> つ
    :::::::::::::::<_ハ__>
    :::::::::::::::(_(_)


356 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:47:20 ID:ipPlLM2I
(59/65)

   ┌─────────────────┐
   | そうだったな。
   │ 俺たちの正義のためには
   │ どうあっても奴らに挑まねばならない。
   └─────────────────┘

               〜二二
                ミ,,゚Д゚)
                (〕  〔)
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          /               .\
         f二二二二二二二二二二二二j
          |                 |
          |                 |


357 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:47:45 ID:E57Bheal
(60/65)

┌────────────────────┐
| よし、もうじき夜明けだ。
│ そろそろ準備に取りかかる。            〈 @  ゝ
│ フロイト、レイフーンに待機するよう連絡を取れ。 (゚ー゚*ル
└──────v─────────────  .(liY´il)
     /  |   |/   |                 |  |
   /|   | 〜二二 ./                 .し`J
  /  |   | ミ,,゚Д゚)      ______
/|   |  /  ( 〕 〔つ   ./        /)     ∧□∧  .┌────┐
  |   |/  〜|  |   ./        //|     ( -∀-) │ 了解。
  |  /   / し`J  /        // |     .( <V> ) └────┘
  |/   /     /        //  /      ん人_ゝ
./   /     /_____//  /        .し(_)
   /       |_______)   /
  /          |        |  /
/            |______.| /


358 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:48:20 ID:ED0ZJv2+
(61/65)

 ┌─────────────────┐
 | ツーリィ
 │ 全員に戦闘態勢にはいるよう伝えろ。
 | 敵の攻撃には外で応戦する。
 └───────────────

               〈 @  ゝ  ┌────┐
            (−゚*ル   .│ 了解。 │
            (liY´il)   . └────┘
             |  |〜
             し^J


          / ̄ ̄ .二二〜  ̄ ̄\
         /     (   彡      .\
        f二二二二 .( 正. ) 二二二二二j
         |       | 〜        |
         |       し^J.           .|


359 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:48:44 ID:s+3imVWj
(62/65)

           /  |  |
 ┌───────────┐
 │ ・・・・いよいよ始まるか。
 └──────v─────
     /  |   |/   |
   /|   |  .二二〜/
  /  |   |/(Д-,,彡
/|   |  /  (〕 〔 )    ./
  |   |/    |  |〜  ./
  |  /   / し`J  /
  |/   /     /
./   /     /____
   /       |______
  /          |
/            |______


360 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:49:08 ID:o6RBW11C
(63/65)

          ┌──────────┐
          │ ── 今日この日が
          └──────────┘

 __________________________
 :::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖
 :::::::::::::::‖:::::::::::::::‖::::::::::::〜二二:::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖
 :::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::ミ   )::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖:::::::::::::::‖
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ( .正 ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 __________ 〜  |_____________
                 し´J
                 
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           /               .\
          f二二二二二二二二二二二二j
           |                 |
           |                 |
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


361 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:49:36 ID:D2PICcoh
(64/65)

   ┌─────────────────────┐
   │ 俺たちが「正義」という名の旗を掲げて戦う・・・
   └──────────────

                     (
               ∧虐∧   )
              <ミ, -∀)y━・
              /ノ   ノ
              ん| | |ゝ
              (__)_)
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


362 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:50:15 ID:PEOB8uXr
(65/65)

           ┌───────┐
           │ 最初の日だ。 │
           └───────┘

                  ┌──┬──┐
                  │    │    │
                  ├──┼──┤
                  │    │    │
                  └──┴──┘
                    ∧        ∧虐∧
      Zzz.... ハ虐ハ    | |          (_/A−,)
          ( -д-,,).  | |        /  ⊂/_)
          (つ   ヽ  | |       (/⌒,ヽ ヽ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (⌒) (⌒) )  ̄‖ ̄ ̄ ̄ ̄ (_) (⌒) ̄ ̄ ̄


                          To    be   continued


363 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:50:47 ID:I6XK5TJE
【後書き】
(1/4)
  みなさんはじめまして。作者の白蛇です。
  また新たな作品を書いてしまった上、おまけに結構な
  容量になってしまいました・・・。
  しかし、その分皆様に楽しんでいただければこれ幸いにと存じます。
  ────────v───────────
            ∧白∧
            ( ´ー`)
           [二二二二]
            |_____|


364 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:51:20 ID:8rJBWNmR
(2/4)

  一兵士や将官、テロリスト(?)など、戦争を様々な視点からみた
  物語を作っていきたいと思います。
  ちなみに、この作品の存在は「白騎士氏の用語集」で多様紹介されて
  もらっています。今更ですが、どうもありがとうございました。
  ────────v─────────────
            ∧白∧
            ( ´ー`)
           [二二二二]
            |_____|


365 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:52:41 ID:i4M3HRSf
(3/4)

  出来れば、遠慮なく率直な感想の書き込みがほしいです。
  まわりくどい、AA下手杉、よくわからない、などなど・・・。
  場合によっては、ほかの作品のためにも休止する覚悟です。
  みなさんが楽しめないもので容量を食っていくのは自分も
  本意ではありませんので・・・。
  ────────v───────────────
            ∧白∧
            (;´ー` )
           [二二二二]
            |_____|


366 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:53:15 ID:qfk2/3Nd
(4/4)

  もし続けてもいいような代物であれば、
  今後も作品作りに精進したいと思います。
  最後に乱文乱筆なことをお詫び申し上げます。では。
  ────────v────────────
            ∧白∧
            ( ´ー`,,)´)
           [二二二二]
            |_____|


367 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:53:46 ID:rhLh+DAP
【登場人物紹介】
(1/2)

   ./|
   / /
  ./ハ虐ハ    ライモラ・モライヤ
 /.(|, ・∀・)
 O(   ⊂)    東モララー国の特殊部隊『ジャッカル』のDチーム隊員。
  / /ヽ ヽ    剣術・体術の近接戦闘が得意。
 (__) .(__)   少年時代に戦争を経験している。一応主役。


   .∧虐∧     リモール・モラン
-=y( ,0'∀・)y≡─
  .と≡ ≡つ     ライモラと同じく『ジャッカル』Dチーム配属の隊員。
   [.Y 人      ライモラとは親友で、銃の腕前は一流。
   .(_)J

         (
  ∧虐∧   ) ロイ・モラウス
  <ミ・∀-)y━・
  /ノ   ノ     東モララー国特殊部隊『ジャッカル』のAチーム隊長。
. ん| | |ゝ       リーダーにふさわしく指揮力・半断力に優れる。
  (__)_)     動体視力と反射神経が凄まじい。階級は「大佐」。


   ∧虐∧          モルース・ウェイ
  从 ・∀・)
== ∪====∩======|二二フ 『ジャッカル』のAチーム副隊長。
  /⌒   ヽ          槍術が得意であり、両側に刃のついている
 (__)⌒ゝ_)         特殊な槍を扱う。階級は「中佐」。


  [|虐殺|]    フリモラ・ディスタール
 [:l ・∀・)
 (    )    『ジャッカル』のCチーム隊長。
 | | |     兵器・乗り物・機械などに詳しく、自らも操縦する
 (__)_)    ことができる。階級は「少佐」。


  虐_∧    モラゼン・モロウ
 ( ^∀^)
 (  `:´.)    『ジャッカル』のDチーム隊長。
 | | |     優秀で人がよく、部下から好かれ上からも
 (__)_)    信頼されている。階級は「大尉」。

368 :白蛇 ◆xj19/cdmo6 :2006/04/06(木) 00:54:35 ID:WBUfFtx4
(2/2)

  〜二二    ギコイ・フィサリオ
  ミ,,゚Д゚)
   ( 〕 〔つ    独立武装組織『ジャスティス』のリーダー。
  〜|  |     「正義」という言葉を信義としている。虐殺の考えが
    (/´J     直ることのない東側を滅ぼすことを一番の平和と考える。


  ∧□∧    フロイト・モーリア
  ( -∀-)
  (  <V>)    独立武装組織『ジャスティス』の一員。
 <__ハ_>    天候を読むことができる。作戦司令担当。
  (__)_)


 .<  @ 〉       ツーリィ・トレイル
 ル*゚−゚)r'''≡─ゥ
  (li `Y⊃y ̄ ̄   『ジャスティス』のリーダー、ギコイを直接補佐する。
  |  |        大型の銃を扱い、空間魔法が使える。
  し´J



369 :サエラ ◆UG9tHCiKxk :2006/04/06(木) 07:21:17 ID:aXt6izn5
お疲れ様です。◆xj19/cdmo6氏。

370 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/06(木) 09:52:28 ID:stYSGIHG
おお、これは続きが超期待ですね! GJ!

371 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/06(木) 10:53:30 ID:UsAHWNVI
おもしろかった

おれも、作んないとな

372 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/09(日) 00:32:02 ID:a2SMAAvx
どーも、書くとかいってたくせに結局書いてない2スレ目の>>457です。
しばらく書いてたんですが…コピペすら満足にできないような状態なん
でしばらく修行してきます……OT2

373 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/09(日) 02:59:50 ID:wqE6qt1X
がんばれ
AA(´д`)Edit?

374 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/09(日) 19:20:42 ID:InjnQeQx
スマソ。本編の第五話 25/40と34/40が無断で下のHPに投稿されてました。
http://darkspirit.web.fc2.com/

375 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/11(火) 21:28:51 ID:U4q3Fymr
ほんとだ・・・
たぶんこのスレの住民だろうな・・・
にしてもよく気がついたな。

376 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/11(火) 22:59:12 ID:s6+shEuG
良スレAGE^^

377 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/12(水) 17:20:35 ID:OkFuDVOx
sageておきます(゚д゚)

378 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/13(木) 00:02:54 ID:Hg2V0N8m
Bone編の続きマダ〜?
外伝で白銀さんの次くらいに気になる内容だから
みんなはどうよ?

379 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/13(木) 21:49:41 ID:SZdArNxV
>>378
ほかの職人さんがいい気しないとか紅氏が焦るとか、
いろいろ考えて発言した方がいいと思うよ。

380 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/13(木) 22:04:30 ID:SZdArNxV
てか言い過ぎました。
ごめんなさい。
単に感想言いたかっただけだよね。

381 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:25:03 ID:fpZ6sQs0
        イ⌒⌒⌒ヽ
     (⌒ ^    ⌒ヽ
    (  (⌒       )
    (  (  ロ リ 魂     )   アフロいきまーす!
    (   (         )
    (   (     ノ )
     ヽ(..,) (,゚∀゚), ,)ノ 

382 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:25:39 ID:fpZ6sQs0

ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝ;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ
ゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;  ;;ゝ ヾ;;;;ヽヾゝゞゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;; ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;  ;;ゝ ヾ;;;;ヽヾゝゞゞ;;;;ゝ
 ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;ゝヾヾ; ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;; ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;ゝヾヾ; ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ
  ゝヽ|;il|ヽソ |il| ヽゞ|ilヾ ゝ  ヽ .|;il|ヽソ |il|.ヽゞ|il:ヾ;; ヽゝヽ |;il|ヽソ |il|'ヽゞ|il:ヾ ゝ;;: ヽ|;il|
     .|;il|   |il| ヾ;|il         .|;il|    |il| ヾ:|il        .|;il|   |il| ヾ:|il      .|;il|
     .|;il|   |il| ヾ;|il,,,.      |;il|    |il| ヾ:|il        .|;il|   |il| ヾ:|il      .|;il|
     .|;il|  ((;;;ゝ);;));ヾ;;)     |;il| ) , ;);;;ヾ;;):;:ヽ       |;il| .,,,((;;;ゝ);;));ヾ;;),     |;il
、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ ;))ゝ ;;(...;:::::;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;ゝ;;))))ゝ;;;ミ,,、
ゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;;) ;;;)ヾミゞ(;(     ┌  ヾ ;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒ ;;;ミ,,、,,;;))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;))
:;;;;;ゝヾ;ヽソ;;;)ヾミ;ソ(; ;;;(:ゝゝ);ヽソ;ヾ⌒│あ・あァアあァ・・・          ヾ;))ゝ;ミ;; ;;;;ゝヾ
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''│くるな・・・・・くるなぁーーー!!! '''''''''''''''''''''''''''''
   ○   ∧_∧             └──\l──────────┘
  と⌒⌒つli´W`;;つ,   (\_/)                 ∧_∧'ヽ
  ..;;;;;;;;;;::..     ..;;;;;:.  (,, キ∀)      ∧_∧    と二   ○⌒つ
          ..;;;;;:.    ( ;; ;,:,;)      (Д・ ;,)     `丶(  /´
                人 ;;;Y      _/⌒   つ       (_ノ
               し´(_)     (_(_)、_ノ,ソ
       (:;。;ζ,,,.;;;;;と ̄⌒つ


383 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:26:20 ID:fpZ6sQs0


       ┌
       │うるせぇなぁ〜
       │雑魚のクセに喚くなよ。見苦しいぜ?
       │せめて最後くらいは綺麗に・・・・
       └──────v─────────┘

               (\_/)
               ( キ∀・ )
                  l;; .;;;,:,; ヽ
                   (,|;; ; ,、 i,_)
              ザッ (__)ヽ_,)

384 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:28:15 ID:fpZ6sQs0


                 ’,`、.,.;.
                    ;:;:::



385 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:30:31 ID:fpZ6sQs0


                散れよ



386 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:31:09 ID:fpZ6sQs0

       マターリモララーと虐殺モララーの戦争
               【Bone】編

                 第2話

                 † 化物 †


387 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:31:42 ID:fpZ6sQs0
ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝ;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ
ゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;  ;;ゝ ヾ;;;;ヽヾゝゞゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;; ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;  ;;ゝ ヾ;;;;ヽヾゝゞゞ;;;;ゝ
 ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;ゝヾヾ; ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;; ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;ゝヾヾ; ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ
  ゝヽ|;il|ヽソ |il| ヽゞ|ilヾ ゝ  ヽ .|;il|ヽソ |il|.ヽゞ|il:ヾ;; ヽゝヽ |;il|ヽソ |il|'ヽゞ|il:ヾ ゝ;;: ヽ|;il|
     .|;il|   |il| ヾ;|il         .|;il|    |il| ヾ:|il        .|;il|   |il| ヾ:|il      .|;il|
     .|;il|   |il| ヾ;|il,,,.      |;il|    |il| ヾ:|il        .|;il|   |il| ヾ:|il      .|;il|
     .|;il|  ((;;;ゝ);;));ヾ;;)     |;il| ) , ;);;;ヾ;;):;:ヽ       |;il| .,,,((;;;ゝ);;));ヾ;;),     |;il
、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ ;))ゝ ;;(...;:::::;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;ゝ;;))))ゝ;;;ミ,,、
ゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;;) ;;;)ヾミゞ(;(     ┌  ヾ ;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒ ;;;ミ,,、,,;;))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;))
:;;;;;ゝヾ;ヽソ;;;)ヾミ;ソ(; ;;;(:ゝゝ);ヽソ;ヾ⌒│まったく・・・             ヾ;))ゝ;ミ;; ;;;;ゝヾ
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''│すぐに次の依頼があるとはな・・  '''''''''''''''''''''''''''''
                     └──O──────────┘
            _             0
           (__@)       /∨ヽ°
          ノリ[ ,X]      (´・−・)
           (l;, i';l       (   † )
           く_人l       人 ヽノ
           (_ノヽ_)      (__(__)


388 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:32:18 ID:fpZ6sQs0


           帰って早々で悪いんだが次の仕事が入った。
             最近、マタリ山道に化物が出るらしい
              西国も相当手を焼いてるみたいだ
         おまけに先日、西国に雇われた傭兵が全滅したらしい


                      ∧_∧
                      ( ´_ゝ`) 
                      (  |:| )

389 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:32:55 ID:fpZ6sQs0


              ここまで話せばもうわかるだろ?
                 要求は『化物退治』だ
                   がんばって来い


                         ∧_∧ ホウシュウハ200マソダ
                      ( ´_!_` )
                      と  |:| )

390 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:33:26 ID:fpZ6sQs0


                     ┌
                     │化物・・・か。十分当たりの
                     │可能性があるな・・・
                     └──O─────────┘
            _             0
           (__@)       /∨ヽ°
          ノリ[ ,X]      (´-−-)
           (l;, i';l       (   † )
           く_人l       人 ヽノ
           (_ノヽ_)      (__(__)

391 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:34:51 ID:fpZ6sQs0


              ┌
              │シモン!前!!
              └─y─────┘
            _             
           (__@)       /∨ヽ
          ノリ[ ,X]      (・−・ )
           (l;, i';フつ     (   † )
          く___人l      人 ヽノ
           (_ノヽ_)      (__(__)

                   ┌─^─┐
                   │んぁ?
                   └

392 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:35:30 ID:fpZ6sQs0


                 ┌
                 │おっと!
                 └─v───┘

            _             
           (__@)      /∨ヽ て
          ノリ[ ,X] バッ  (´・−・) そ  
           .i;, ]_il     と\  †と)     ダン!
            l__人l       (⌒ヽ ヽ   从
          (__ノ、_)        `ー'ヽ,_,)       ダン!
                             从,

393 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:36:16 ID:fpZ6sQs0


            \人_人_人_人_人_人_人_人_/
            >               <
            >    何者だ!!!   <
            >               <
            /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

            _ 
           (_@_) カチャ
          ノリ[ ,X]__   /∨ヽ
           .ノ;, ]_j;;r-'  ( ´・−)
           く___人l    / つ  `、
           .(__ノ、_)  と _ (_),_)

394 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:36:47 ID:fpZ6sQs0


                , 、        ┌
               l  `丶,      | やぁ。
         _    |      \    | 久しぶりだねぇ二人とも
        \ `'''ー- |     、ノ   └i/─────────┘
.         \   /:::´ _   ヽ 
           \ _, l::::::: i_,|   l
                ヽ一/   / 
               `7

395 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:38:24 ID:fpZ6sQs0

                              ┌フフフ・・・
                              │まさか、会いに来てくれるとは思わなかったよ
                              │その内こっちから会いに行くつもりだったのに
                    ┌        └───v───────────────┘
                    │ルゥオ・・・
                    │ルゥオ・ミララーか
                    └─y──────┘
            _ 
           (_@_)                   (\_/)
          ノリ[ ,X]__   /∨ヽ          (キ∀・ )
           .ノ;, ]_j;;r-'  ( ´・−)           (    )
           く___人l    / つ  `、          Y   人
           .(__ノ、_)  と _ (_),_)         (_) J

396 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:39:18 ID:fpZ6sQs0


                    ┌
                    │いやね、俺はどうでもいいんだけど
                    │博士たちが君たちに用があるから
                    │つれて来いってうるさいんでね
                    └───\l──────────┘


            _ 
           (_@_)                     (\_/)
          ノリ[ ,X]__   /∨ヽ             (キ∀・ )
           .ノ;, ]_j;;r-'  ( ::::::−)           (    )
           く___人l    / つ  `、          | | |
           .(__ノ、_)  と _ (_),_)         (___(__)

397 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:40:03 ID:fpZ6sQs0


                 ┌
                 │そうか・・・・
                 │俺たちに用があるのか・・・
                 └───y─────────┘

            _ 
           (_@_)                     (\_/)
          ノリ[ ,X]__   /∨ヽ             (キ∀・ )
           .ノ;, ]_j;;r-'  ( ::::::−)           (    )
           く___人l    / つ  `、          | | |
           .(__ノ、_)  と _ (_),_)         (___(__)

398 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:41:00 ID:fpZ6sQs0


                  ┌
                  │ちょうどよかった。
                  │俺たちもあいつらに用が
                  │用があるんだ
                  └───y───────┘


            _ 
           (_@_)      /∨ヽ           (\_/)
          ノリ[ ,X]__    ( ´・−)          (キ∀・ )
           .ノ;, ]_j;;r-'  と ,  †,ヽ          (    )
           く___人l     ,/   丶,)         | | |
           .(__ノ、_)   (__ノ、_) スクッ      (___(__)

399 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:41:33 ID:fpZ6sQs0


                  ┌
                  │ルゥオ、あいつらが
                  │どこにいるか
                  │吐いてもらうぞ
                  └───y────┘



            _ 
           (_@_)      /∨ヽ           (\_/)
          ノリ[ ,X]__    ( ´・−)          (キ∀・ )
           .ノ;, ]_j;;r-'  と ,  †,ヽ          (    )
           く___人l     /   丶,)            | | |
           .(__ノ、_)   (__ノ、_)          (___(__)

400 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:42:04 ID:fpZ6sQs0

                 ┌
                 │へっ、俺を誰だと思ってんだ?
                 │てめーら旧型が二人がかりでも
                 │負けるわけねーy・・
                 └───\l────┤俺一人で十分だ
                                └y───────


            _ 
           (_@_)      /∨ヽ           (\_/)
          ノリ[ ,X]__    ( ´・−)          (キ∀- )
           .ノ;, ]_j;;r-'  と ,  †,ヽ          (    )
           く___人l     /   丶,)            | | |
           .(__ノ、_)   (__ノ、_)          (___(__)

401 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:42:43 ID:fpZ6sQs0

                     ┌
                     │なんだって?
                     │旧式風情が
                     │いきがってんじゃねーぞ!
                     └───\l───────

                   │ティアラ、テリトリー頼む
                   └─v──────────
        │了解
        └─v─

            _ 
           (_@_)      /∨ヽ           (\_/)
          ノリ[ ,X]__    ( ´・−)          (キд・ #)
           .ノ;, ]_j;;r-'  と ,  †,ヽ ヴンッ       (    )
           く___人l l==ii!|ii!i=|il|二二il|iiフ       | | |
           .(__ノ、_)   (__ノ、_)          (___(__)

402 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:43:21 ID:fpZ6sQs0


                     ┌
                     │ゼロ、お前!?
                     │何をするつもりだ!!!
                     └───\l───────

            _                 |i!
           (_@_)      /∨ヽ  i|ll|         (\_/)
          ノリ[ ,X]__    ( ´・−)           (キД・ ;)
           .ノ;, ]_j;;r-'   / ,  †,ヽ            (    )
           く___人l l==(_,_,i=|二二二二フ      | | |
           .(__ノ、_)ii!|ii (__ノ、_)            (___(__)  ii!|ii
                i!|i                      i!|i
               / /:::⌒i:::⌒i;;^:::ヘ::i:::´:`:ヽ::i!::i:ヽ::⌒:::i::ヽ/
                        フィィィィィィィィィィィン

403 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:45:10 ID:fpZ6sQs0


                  │心配はいらないよ。
                  │君たちが全力で戦ってもいいように
                  │外界と隔離するだけだから・・・
                  └─v─────────────

                     _ 
                   (,__@__)
                   リ[ X ]リ
                   .l[:]: :;lヽ
                   く__人__li,_)
                   (__ノ ヽ,_)

404 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:45:53 ID:fpZ6sQs0


           ┌
           │テリトリー発動!!!
           └───y───────
                    │     :;;;   ;;;     ;;;  ;::;
                    │    :::  ;::;    :::     :;;;   ;;;     ;;;  ;::;
                    │  ;::;    :::  ;;;     :;
            _      │ ;    ;  ;::;    :::
           (_@_)   │  ;;;     :;  ;::;    :::  ;;;     :;
          ノリ[ ,X]__   |   ;;;  ;;;  ;;;     :;  ;::;    :::  ;;;     :;
           .ノ;, ]_j;;r-'  |  ;;;  ;::;;    ;  ;::;    :::
           く___人l   │;;   ;;;     ;;;  ;::; ;    ;  ;::;    :::
           .(__ノ、_)    |                       
                 / /:::⌒i:::⌒i;;^:::ヘ::i:::´:`:ヽ::i!::i:ヽ::⌒:::i:::ヘ::i:::´:`:ヽ::i!::::⌒i:::⌒ヽ/
           ズギャギャギャギャギャッ!!

405 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:46:31 ID:fpZ6sQs0


           ┌
           │シモン・・・
           │後は頼んだよ・・・
           └───y───────
                    │     :;;;   ;;;     ;;;  ;::;
                    │    :::  ;::;    :::     :;;;   ;;;     ;;;  ;::;
                    │  ;::;    :::  ;;;     :;
            _      │ ;    ;  ;::;    :::
           (_@_)   │  ;;;     :;  ;::;    :::  ;;;     :;
          ノリ[ ,X]  スッ. |   ;;;  ;;;  ;;;     :;  ;::;    :::  ;;;     :;
           .ノ;, ]_il     |  ;;;  ;::;;    ;  ;::;    :::
           く___人l   │;;   ;;;     ;;;  ;::; ;    ;  ;::;    :::
           .(__ノ、_)    |                       
                 / /:::⌒i:::⌒i;;^:::ヘ::i:::´:`:ヽ::i!::i:ヽ::⌒:::i:::ヘ::i:::´:`:ヽ::i!::::⌒i:::⌒ヽ/


                               † To be continued †


406 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:47:14 ID:fpZ6sQs0


     人物紹介 「 シモン 」

      東国の科学者が生み出したマーダードール
      自分が虐殺の道具として使われるのを嫌い、研究所を脱走している
      彼の東国での正式名称は「プロトB-01(通称Bone)」
      本人はその名で呼ばれるのをひどく嫌っている


                   /∨ヽ
               (−・ ,)
               / , †   つ
              l=(,_ノ    ヽ二二二二フ
               (__,/`、_)

407 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:48:20 ID:fpZ6sQs0


     人物紹介 「 ティアラ 」

      次の段階のMDを目指して作られたが
      シモンたちと一緒に研究所を脱走している
      彼女の正式名称は「Ω-00(通称ゼロ)」
      どうやら量産型のMDを作るためには彼女が必要らしい


               _
              (__@)
              ノリ[ ,X]
            と[i  : i';l
             く__ノ )
              ヽ,_,)

      『テリトリー』 半径5百メートル以内の箱型の空間を作り出し
              その中に人を閉じ込めることができる  

408 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:55:29 ID:fpZ6sQs0

                     なんとか生きてました。
              ( ゚∀゚)ノシ    仕事をするって疲れるね!
                (,, ロリ)                イヤ、マジデ

409 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:56:04 ID:fpZ6sQs0

                     今回の話も内容が飛びすぎてるけど
              ( ゚∀゚)     そこら辺はご容赦を
                (,, ロリ)              ストーリー編成下手でスンマソン

410 :紅の牙 ◆TxdRQFlMYU :2006/04/16(日) 20:57:53 ID:fpZ6sQs0

                     あと、次の話はかなり遅くなってしまうかもです
              ( ゚∀゚)ゝ    ではまた次回お会いしましょう!
                (,, ロリ)                ケイレイ!

411 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/17(月) 01:16:49 ID:iqd7cRN3
待ちに待った第2話GJ!
ロリ魂・・・乙です。

412 : ◆LOfHzYl1Iw :2006/04/18(火) 23:20:25 ID:WmCeXARM
おもなとうじょうきゃらしょうかい

   ∧虐∧、   = ディモラ ・ モーラ =
  (,メ・∀・)l      使用武器 ・・・ 大抵の武器は扱える
  ( っ  ノ       性別 ・・・ 男
   ゝ ⌒)         普通に超強い、いまのところ本編中で最強
  (_ノ´            睡眠時間は平均5時間

          = ヨファイモラン =
  ハ 虐         使用武器 ・・・ 無し(非戦闘員)
  (・∀・ )        性別 ・・・ 女
 .( ..:::;;;;;        本気で気配を隠してるときは誰も見つけられない
  ∪::::;;;           別に作者がロリコンというわけではない

  ∧∧     = シィリーン ・ レイン =
 (゙ー゙*)        使用武器 ・・・ 『 心眼 』(非戦闘員)
  |  ∪        性別 ・・・ 女
  |  |         大事なキャラだがいまんとこストーリーに強く関わらない
  し´J         いまさらだがどう扱おうか悩んでる

  .∧ 虐∧    = ファトーモラ ・ モラガリオン =
 (  ・∀・ )       使用武器 ・・・ 無し(非戦闘員)
 (     )       性別 ・・・ 男
  |  |  |        実は74歳、かなり年を食ってる、定年は無い
 (___)_)        さっさと消してしまいたい

413 :1/35  第8話 『 Insider 』:2006/04/18(火) 23:21:01 ID:WmCeXARM
========================= Morara's War ============================

                 チョン子兵法より抜粋

     「 故曰、知彼知己、百戰不殆。
          不知彼而知己、一勝一負。不知彼、不知己、毎戰必敗 」

====================== Mata-ri VS Genocide =========================


414 :2/35:2006/04/18(火) 23:21:30 ID:WmCeXARM

  ── 執務室 ・ ディモラの部屋 ──

     ./  .|       |       |│              |│    │ l       ヽ.   |
    ./|    |       |       |│              |│    │ .|   _    |.  |
  /  .|    |       |       |│              |│    │ \_ゝ∠--ー'  |
./    |    |       |       |└───────┘|    └───────ー┘
||     |    |       |      [ <l l> [壁掛ケTVダヨ]. ]
||     |    |       |       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
||     |  ./     ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
||     |/   . ∧虐∧     _______                   コン
||   /     (,メ-∀・)  /         /|                    コン
||  /     (入   ⌒\つ       ./ |   ┌─[ シィリーン ]─────┐
||/     ./ .ヾヽ  /\⌒)     ./   |   │ ディモラ様、事務部より
      /    .||/     ̄     ./   ./   │ 書類をお持ちいたしました。
     /     ./_______/   ./     .└
   /       .|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /
  /           |             |  /
/      ┌───^┐
        │ 入れ。

415 :3/35:2006/04/18(火) 23:22:04 ID:goUoYAPX
     ./  .|       |       |│              |│   ┌
    ./|    |       |       |│              |│   │ ─── 失礼します。
  /  .|    |       |       |│              |│   └──────v───┘
./    |    |       |       |└───────┘|
||     |    |       |      [ <l l> [壁掛ケTVダヨ]. ]
||     |    |       |       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
||     |  ./     ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
||     |/   . ∧虐∧     _______                   ∧∧
||   /     (,メ・∀・)  /         /|                   (゙ー゙*)
||  /     (入   ⌒\つ       ./ |                  ヽ)(/|
||/     ./ .ヾヽ  /\⌒)     ./   |                    |  |
      /    .||/     ̄     ./   ./                     .し´J
     /     ./_______/   ./
   /       .|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /
  /      ┌──^──────────────────────┐
/        │ なんの書類だ?読み上げて ─── っと。
          │ 凹凸のある字なら読めるが印字は読めないんだったか。
          └

416 :4/35:2006/04/18(火) 23:22:35 ID:WmCeXARM
     ./  .|       |       |│   ┌
    ./|    |       |       |│   │ 申し訳ありません、ただ ───
  /  .|    |       |       |│   │ 書類は前の戦いの報告書だそうです。
./    |    |       |       |└   └────v────────────┘
||     |    |       |      [ <l l>
||     |    |       |       ̄ ̄
||     |  ./     ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
||     |/   . ∧虐∧     _______    .ハ∧
||   /     (,メ-∀・)  /         /|   (ー゙*)
||  /     (入   ⌒\つ       ./ |    | ∪
||/     ./ .ヾヽ  /\⌒)     ./   |   ⊂,,ノ〜
      /    .||/     ̄     ./   ./     `J
     /     ./_______/   ./
   /       .|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /
  /      ┌──^─────────────┐
/        │ そういえばまだ書いてなかったな。
          └


417 :5/35:2006/04/18(火) 23:23:35 ID:WmCeXARM
 ┌
 │ 1週間以内に提出をしていただきたいとのことです。
 └────────v──────────────┘

             ∧∧
            (゙ー゙*)                       コン
            /, /,                          コン
      ∧虐∧  □ `|____
      ( ,メ・∀)/         ./|         ┌─[ ??? ]──────────┐
      (    つ  .       / |         │ ディモラ大佐、ちょいと失礼するよ。
    ヾヽ.  /          /   |         └────────────────
     ||/         /   /
     /           /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


418 :6/35:2006/04/18(火) 23:24:10 ID:WmCeXARM
                      ┌
                      │ 久しぶりだね、ディモラ大佐。
                      │ また派手な戦果をあげたそうじゃないか。
                      └─────────v─────────┘
            ∧∧
                (*゙ー゙)
              .し  |                     __
      ∧虐∧   |  |____                  ((虐))==)    __β
      (,メ・∀・)/ ̄ ̄      /|                  (・∀・爪   ((虐))==)
      (    つ  .       / |             (<v>::::::)    (・∀・ )
    ヾヽ.  /          /   |              |::::::|::::::|    (<v>::::::)
     ||/         /   /               (_(__)    |:::::|::::::|
     /           /   /                            (_(__)
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
 ┌───^─────────────────┐
 │ これは ─── モランナ少将、お久しぶりです。
 └


419 :7/35:2006/04/18(火) 23:26:25 ID:WmCeXARM
                ┌
                │ ・・・・・・ あのくらい別に僕たちでも出来てましたよ姉上。
                └─────────────v──────────┘
                                         /つ
                                     _______/__)
                                / ̄ヽヽ    ヾ
                                 l 虐  | .|    l
  ===================================     ( ニニニニニニ .)
                                 |     ニ   |
        アモラスィス ・ ララモラン             ヽ △     /
                                  ヽ..   -‐'、
    勝手にディモラをライバルにしている       .//  ヽ::::::::::ヽ
     主要メンバーにするつもりだったが          l::ヽV /::::::::l::::::l
        残念なことに脇役行き              l:::|::::l::::::::::::l::::::l
                                   l:::|::::l::::::::::::l::::::l
  ===================================       l:::|::::l::::::::::::l::::::l


420 :8/35:2006/04/18(火) 23:27:14 ID:WmCeXARM
            ┌
            │ バーカ、変な対抗意識燃やしてんじゃないさね。
            │ 正直あたしらじゃありゃ無理だったよ。
            └───────────────v──────┘

                                     _______
                                / ̄ヽヽ    ヽ
                                 l 虐  | .|    l
  ===================================     (ニニニニニニニ)
                                 | ト--イ ● l | |
        モランナ ・ ララモラン           ヽヽ_/    / l ヽ
                                   ヽ..   -‐'、
    第11師団師団長 モラスィスの姉         //  ヽ::::::::::ヽ
      弟とは20歳近く離れている             /::ヽV /::::::::ヽ:::::ヽ
                                /::::::|::::l::::::::::::::|ヽ:::::ヽ
  ===================================     /::::::/|::::l::::::::::::::|/::::::/


421 :9/35:2006/04/18(火) 23:28:15 ID:goUoYAPX
 ┌
 │ 少将、本日はどのようなご用件で?
 └───v────────────┘
                  │ 前にも持ち出したことがあったろう?
                  │ あたしも年だ ─── 11師団を受け取ってくれんかね。
                  └────────────v───────────┘
            ∧∧
                (*゙ー゙)
              .し  |                     __
      ∧虐∧   |  |____                  ((虐))==)    __β
      (,メ・∀・)/ ̄ ̄      /|                  (・∀・爪   ((虐))==)
      (    つ  .       / |             (<v>::::::)    (・∀・ )
    ヾヽ.  /          /   |              |::::::|::::::|    (<v>::::::)
     ||/         /   /               (_(__)    |:::::|::::::|
     /           /   /                            (_(__)
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
 ┌──^─────────────────────┐
 │ まだ40程度の御身でなにをおっしゃいますか。
 │ ファトーモラ少将なんて74歳ですよ。
 │ それに、そう簡単に師団の受け渡しは出来ますまい。

422 :10/35:2006/04/18(火) 23:28:56 ID:WmCeXARM
          ┌
          │ あたしゃもともと師団を構えるガラじゃないんさね。
          │ それにディモラ大佐がやりたいって言えば上も認めるだろうさ。
          │ 准将なんてぶっ飛ばして中将くらいにまでならすぐなれるんじゃないかい?
          └──────────────────v─────────────┘

            ∧∧
                (*゙ー゙)
              .し  |                     __
      ∧虐∧   |  |____                  ((虐))==)    __β
      (,メ・∀・)/ ̄ ̄      /|                  (・∀-爪   ((虐))==)
      (    つ  .       / |             (<v>::::::)    (・∀・ )
    ヾヽ.  /          /   |              |::::::|::::::|    (<v>::::::)
     ||/         /   /               (_(__)    |:::::|::::::|
     /           /   /                            (_(__)
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
 ┌───^────────────────────────┐
 │ ─── 申し訳ありませんが、私はこの連隊で手一杯ですので。
 └

423 :11/35:2006/04/18(火) 23:29:25 ID:WmCeXARM
           ┌
           │ ─── そうかい、残念さね。明日から当分顔見れないだろうから
           │ 最後と思って持ち出したんだが。ま、仕方ないさね。
           └─────────────────v───────────┘
│ 明日から、ですか?
└────v────┘
            ∧∧
                (*゙ー゙)
              .し  |                     __
      ∧虐∧   |  |____                  ((虐))==)    __β
      (,メ・∀・)/ ̄ ̄      /|                  (・∀・爪   ((虐))==)
      (    つ  .       / |             (<v>::::::)    (・∀・ )
    ヾヽ.  /          /   |              |::::::|::::::|    (<v>::::::)
     ||/         /   /               (_(__)    |:::::|::::::|
     /           /   /                            (_(__)
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
                     ┌────────────────^─┐
                     │ ギヌンガ渓谷に警備の交代に行くのさ。
                     │ 明日の午前中に立つ。


424 :12/35:2006/04/18(火) 23:30:02 ID:goUoYAPX
 ┌
 │ ギヌンガ渓谷 ─── 今に時期に?
 │ それにこの間交代したばかりでは?あそこの任期は3年ほどのはずです。
 └───v────────────────────────────┘
            │ あたしもそこが気がかりさね。でも調べてみたところ
            │ 交代は本当のようだし、実際本当のことだったら行かないのはやばいさね。
            └────────────────v───────────────┘
            ∧∧
                (*゙ー゙)
              .し  |                     __
      ∧虐∧   |  |____                  ((虐))==)    __β
      (,メ・∀・)/ ̄ ̄      /|                  (・∀-爪   ((虐))==)
      (    つ  .       / |             (<v>::::::)    (・∀・ )
    ヾヽ.  /          /   |              |::::::|::::::|    (<v>::::::)
     ||/         /   /               (_(__)    |:::::|::::::|
     /           /   /                            (_(__)
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
 ┌───^─────────────────────────┐
 │ ・・・・・・ 罠かもしれませんね、内部の者もそれほど信用できません。
 │ なんなら私の隊が護衛に付きましょうか?
 └


425 :13/35:2006/04/18(火) 23:30:34 ID:WmCeXARM
                     ┌
                     │ お前らの力なんていらんいらん。
                     │ 大体、そんな仰々しく出来るわけ無いだろう。
                     └────────────────v───┘
                     │ ま、気持ちだけはありがたくもらっとくよ。
                     │ あたしたちも細心の注意は払うさ。
            ∧∧     └───────────v───────┘
                (*゙ー゙)
              .し  |                     __
      ∧虐∧   |  |____                  ((虐))==)    __β
      (,メ・∀・)/ ̄ ̄      /|                  (・∀・爪   ((虐))==)
      (    つ  .       / |             (<v>::::::)    (・∀・ )
    ヾヽ.  /          /   |              |::::::|::::::|    (<v>::::::)
     ||/         /   /               (_(__)    |:::::|::::::|
     /           /   /                            (_(__)
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
 ┌───^──────┐
 │ ・・・・・・ そうですか。
 └


426 :14/35:2006/04/18(火) 23:31:11 ID:goUoYAPX
             ┌
             │ それに、あんたら働きすぎだよ。
             │ DDD連隊が動けないと軍全体が困るんだ、しっかり休んどきな。
             │ ─── じゃ、あたしらはここで失礼するよ。
             └────────────────v──────────┘
            ∧∧
                (*゙ー゙)
              .し  |                     __
      ∧虐∧   |  |____                  ((虐))==)       __β
      (,メ・∀・)/ ̄ ̄      /|                  (・∀・爪        (==((虐))
      (    つ  .       / |             (::::::<v>)       ( ・∀・)
    ヾヽ.  /          /   |              |::::::|::::::|       (::::::<v>)
     ||/         /   /               (__)_)       人::::Y
     /           /   /                           (_(_)
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

427 :15/35:2006/04/18(火) 23:31:43 ID:WmCeXARM

            ∧∧
                (*゙ー゙)
              .し  |                             ガチャ …
      ∧虐∧   |  |____
      (,メ・∀・)/ ̄ ̄      /|
      (    つ  .       / |
    ヾヽ.  /          /   |
     ||/         /   /
     /           /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

428 :16/35:2006/04/18(火) 23:32:14 ID:WmCeXARM
 ┌
 │ ─── ザンモーラか?ディモラだ ───
 │ 兵装の確認をしておけ ─── いや、戦闘命令は出ていない ───
 │ そう ─── そうだ、全隊員に ─── よろしく頼む。
 └───v───────────────────────────┘
            ∧∧
                (*゙ー゙)
    ピッ …      し  |
      ∧虐∧   |  |____
     ∩メ・∀・)/ ̄ ̄      /|
     ヽ     つ           / |
    ヾヽ.  /           /   |
     ||/         /   /
     /           /   /
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /
     |             |  /
     |             |/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

429 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/18(火) 23:33:05 ID:goUoYAPX



                 ∧ ∧
                ヽ(・∀・ )ノ  < バメンテンカン ‐
               (( ノ(  )ヽ ))
                  <  >



.

430 :17/35:2006/04/18(火) 23:33:43 ID:WmCeXARM

  ── モラ ・ フェイト ──

. . .  . . . . .  ..  . . .  .  .  . . .  . .. .  .  . . .  .  .
           ... ...:::.. .......    . . .. ..     .... ...:::.. .......
                                              _____
           .... ...:::.. .......    . . .                . ..:::.. .. /|       |
            :......                            /  | [] [] [] [] |
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\、       ___              |  ..| [] [] [] [] |. ____
         | □□ □□ | |\,   |;;::....     |\          |  ..| [] [] [] [] |::| lll lll lll lll
 _____. | □□ □□ | |  | ̄ ̄ ̄ ̄|\;: . |  |.           |  ..| [] [] [] [] |::| lll lll lll lll
 | пппп::| | □□ □□ | |  |□□□□|  |::...|  |;;: /'   \    |  ..| [] [] [] [] |::| lll lll lll lll
 | пппп::| | □□ □□ | |  |□□□□|  |::...|  |:;:./      \  |  ..| [] [] [] [] |::| lll lll lll lll
 | пппп::| | □□ □□ | |  |□□□□|  |::...|  | /       \|  ..| [] [] [] [] |::| lll lll lll lll
 | пппп::| | □□ □□ |.._|__,,|□□□□|  |::...|  ,/         \  | [] [] [] [] |::| lll lll lll lll
::| ̄ ̄[ニ] ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄\≡\□□□|/::::..| /               \| [] [] [] [] || ̄ ̄三 ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

431 :18/35:2006/04/18(火) 23:34:53 ID:WmCeXARM
  ┌
  │ あ〜〜〜、警備かったりぃなぁ〜〜〜。
  │ 自力で奪ったトコじゃないからやる気も半減だぜ。
  └─────────v────────────┘
                    │ おいおい、そんなこと少将に聞かれたら大変だぜ。
                    └──────────────v───────┘
               ∧虐∧
              ( ・∀・)
              /    つ
             と/( ⌒ヽヽ
     ,.ィニニニニニニニニィ===== し' '===ヽ__
   / | i‐―il|iー‐‐[]||    ||     ||;[j                         ┃
  /__| |___|||__|||゙-r----''------゙ー-,、..              ∧虐∧ []
  |jー‐、| |:  |||:   :||゙^i、ィー-ヘjニlOlijijijijijijlOlニj            (・∀・ ) .|| ||
  ィ'"`ヽi|___|||__|| / ィ'"`ヾヽヘ;;ニニニニ;;/、ヽ.            (    つ]|:||・|
  i 〇 lヘニニニ二二二/__i  〇 ;lll,ィ'ン===ヽヘ) ;lll              | | |/_|.||
  ヽ_.//         ヽ__//    ヽ_.//               (_(__)._.|

432 :19/35:2006/04/18(火) 23:35:32 ID:goUoYAPX
  ┌
  │ あのデブはいま第一施設にいるんだぜ?
  │ 見回りに来る様なタマでもねぇだろ、気にするこたぁねぇよ。
  │ それよりメシ食いに行こうぜ、メシ。
  └────────────v─────────────┘
                             │ だな、俺も腹減ったし。
                             └────────v──┘
                   ∧虐∧
                   ( ・∀・)
     ,.ィニニニニニニニニィ======..(     )
   / | i‐―il|iー‐‐[]||    || |  | |                         ┃
  /__| |___|||__|||゙-r----''(__)_)゙ー-,、..                ∧虐∧ []
  |jー‐、| |:  |||:   :||゙^i、ィー-ヘjニlOlijijijijijijlOlニj            (・∀・ ) .|| ||
  ィ'"`ヽi|___|||__|| / ィ'"`ヾヽヘ;;ニニニニ;;/、ヽ.            (    つ]|:||・|
  i 〇 lヘニニニ二二二/__i  〇 ;lll,ィ'ン===ヽヘ) ;lll              | | |/_|.||
  ヽ_.//         ヽ__//    ヽ_.//               (_(__)._.|


433 :20/35:2006/04/18(火) 23:36:06 ID:WmCeXARM
       ┌
       │ あ〜あ〜、俺ももっとちゃんとした隊に入りたかったぜ。
       │ DDD連隊とかだったら最高だよな〜。
       └───────────────v─────────┘

     ,.ィニニニニニニニニィ===========ヽ__
   / | i‐―il|iー‐‐[]||    ||     ||;[j                           ┃
  /__| |___|||__|||゙-r----''------゙ー-,、.  ∧虐∧                 ∧虐∧ []
  |jー‐、| |:  |||:   :||゙^i、ィー-ヘjニlOlijijijijijijlO('( ・∀・)')           (・∀・ ) .|| ||
  ィ'"`ヽi|___|||__|| / ィ'"`ヾヽヘ;;ニニニニ;;/ ヽ    /            (    つ]|:||・|
  i 〇 lヘニニニ二二二/__i  〇 ;lll,ィ'ン===ヽヘ)   l  | |              人 Y ./_|.||
  ヽ_.//         ヽ__//    ヽ_./ (__)___)            (__(__)_|

                          ┌─────────────^───────┐
                          │ ハハ、お前みたいなサボり魔じゃ絶対無理だね。
                          └

434 :21/35:2006/04/18(火) 23:36:35 ID:WmCeXARM


                       ┌─[ サボり魔一般兵 ]────────────┐
                       │ そうかぁ〜?この頭身だと動きつけづらいけど
                       │ 俺も結構強いらしいぜ?
                       └─────────────────────┘
                                 ┌─[ 一般兵兼作者 ]───────────┐
     ,.ィニニニニニニニニィ===========ヽ__          │ まぁ今後出る機会は無いし名前も無いがな。
   / | i‐―il|iー‐‐[]||    ||     ||;[j            └────────────────────
  /__| |___|||__|||゙-r----''------゙ー-,、..
  |jー‐、| |:  |||:   :||゙^i、ィー-ヘjニlOlijijijijijijlOlニj
  ィ'"`ヽi|___|||__|| / ィ'"`ヾヽヘ;;ニニニニ;;/、ヽ.
  i 〇 lヘニニニ二二二/__i  〇 ;lll,ィ'ン===ヽヘ) ;lll
  ヽ_.//         ヽ__//    ヽ_.//

435 :22/35:2006/04/18(火) 23:37:10 ID:WmCeXARM






     ,.ィニニニニニニニニィ===========ヽ__
   / | i‐―il|iー‐‐[]||    ||     ||;[j
  /__| |___|||__|||゙-r----''------゙ー-,、..
  |jー‐、| |:  |||:   :||゙^i、ィー-ヘjニlOlijijijijijijlOlニj
  ィ'"`ヽi|___|||__|| / ィ'"`ヾヽヘ;;ニニニニ;;/、ヽ.
  i 〇 lヘニニニ二二二/__i  〇 ;lll,ィ'ン===ヽヘ) ;lll
  ヽ_.//         ヽ__//    ヽ_.//

436 :23/35:2006/04/18(火) 23:37:52 ID:goUoYAPX







______,__________
        /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\_
 ̄ ̄ ̄ ̄□| |           | |       | |:]
      ill.| |           | |       | |:]
      ill.| |           | |       | |
      ill.| |_______| |_________| |
____」l.ヾヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ` ̄ ̄ ̄ ̄”ヾヽ____
       .||   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ヽ
       .||イ ̄ヾ───ヘ√l]二l(○)lljijllijljiljijlijlijlljlijlilj(○)
       .||   / ,-‐‐‐‐-、ヾヾ__________ヾ

437 :24/35:2006/04/18(火) 23:38:25 ID:goUoYAPX

               __
                 /
                /\   ツ  ............
                     :::....
                  ;:;::::......
                  /;:;:;:;:::::::....
                    / ;:;:;:;:::::::::...
               |  ;:;:;:;:::::::::..
                    ヽ  ;:;:;:;:;::::::::....
                `ー ;:;:;:;::::::::...
______,_____./   ;:;:;:;::::::....
        /ニニニニニニニ ./  /. ;:;:;:;::::::...._
 ̄ ̄ ̄ ̄□| |        ./  /   ;:;:;:;::::::....
      ill.| |       .ゝ__/|   ;:;:;:;::::::....
      ill.| |           | .|  |  |  ..| |
      ill.| |_______| .|  |  | .___| |
____」l.ヾヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ゝ-´-´ .  ̄”ヾヽ____
       .||   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ヽ
       .||イ ̄ヾ───ヘ√l]二l(○)lljijllijljiljijlijlijlljlijlilj(○)
       .||   / ,-‐‐‐‐-、ヾヾ__________ヾ

438 :25/35:2006/04/18(火) 23:39:01 ID:WmCeXARM
              r'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'ヽ
             (                         )
               )  ・・・・・・ だいいちしせつ ・・・・・・   (
             (                         )
              丶〜'⌒'〇'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'´
                    o
                        ___
                   ヘ /  虐ヽ_
                  /.  ヽ======ゝ
                    /        `l
               |   ● ト-イ  |
                    ヽ     丶'  /
                `ー,-:.  ..イ
______,_____./      |、
        /ニニニニニニニ ./  /.   | ヽ.\_
 ̄ ̄ ̄ ̄□| |        ./  /     .|ヽ/..| |:]
      ill.| |       .ゝ__/|   , |  | |:]
      ill.| |           | .|  |  |  ..| |
      ill.| |_______| .|  |  | .___| |
____」l.ヾヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ゝ-´-´ .  ̄”ヾヽ____
       .||   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ヽ
       .||イ ̄ヾ───ヘ√l]二l(○)lljijllijljiljijlijlijlljlijlilj(○)
       .||   / ,-‐‐‐‐-、ヾヾ__________ヾ

439 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/18(火) 23:39:31 ID:WmCeXARM

           i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
           |:::::::| ,,,,,_  ,,,,,,|
           |r-==( 。);( 。)
           ( ヽ  :::__)..:: }
        ,____/ヽ  ー== ;  ほほう それでそれで?
     r'"ヽ   t、   \___ !
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |              ∧ ∧
    ゝ-,,,_____)--、j               (・∀・ ) ↑ノカクダイハ
    /  \__       /              ノ(  )ヽ   ヨファイモランダカラナ
    |      "'ー‐‐---''                <  >


440 :26/35:2006/04/18(火) 23:40:02 ID:WmCeXARM

  ── 第一施設( 元第3防衛施設 ) 第一執務室 ──

      |
      |                ┌‐─‐┐  ゞヾ;ッ,        コン コン >
      |                |.[__]゙| ,ノノ;;;ソヘゝ
      |                |:: :: :: :: |    ii      ┌─[ ??? ]───────────┐
      |                └‐─‐┘ ┌┴┐.    │ ── ファトーモラ殿、居られますか?
      |______________|_|_|_|__  └─────────────────
.     /        ∧__∧         └‐┘
    /     / (  ・∀・ )               ___/⌒l
  /     /   (      ) _______.     ll/ ,/ |
/      |'⌒l / ゝ、  /      /||    / l⌒l"   :|
        |. └‐.┐/し||  ̄ ̄ ̄ ||/」. ┌‐‐┘ |  /
        |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|     |___|/

   ┌──────^──────────────┐
   │ おお、来たか。今は僕だけだ、入ってくるといい。
   └

441 :27/35:2006/04/18(火) 23:40:35 ID:WmCeXARM

      ┌
      │ 失礼致します。
      └───v────┘


.         ||\_________
            || |l      |      |
            || |l      |      |
            || |l∧∧   |       |
            || |(,゚ー゚,)   .|T     |      シュン
            || と.  |)   |       |  _ _ ..::;;.
 _______..|| |l.|  |   |       |____::;;
         .||/ し´J    ̄ ̄ ̄


442 :28/35:2006/04/18(火) 23:41:16 ID:WmCeXARM

 ┌─[ ファトーモラ ]───────────────────
 │ 鍵はしっかりかけてくれたまえよ、聞かれてはまずいからな。
 └──────────────────────────┘
                ガ チ ャ
.            ________
            |       |       |
            |       |       |
            | ∧∧  |       |
            |(   ゚).T|T     |
                (|  つ  |       |
  _______ . |.|  |   |       |____
               し´J    ̄ ̄ ̄

    ┌──────^──────┐
    │ もちろん、判っておりますよ。
    └

443 :29/35:2006/04/18(火) 23:41:55 ID:WmCeXARM

      |                       ┌
      |                ┌‐─‐┐  .│ さて、作戦は明日となりましたが、
      |                |.[__]゙| ,ノ│ 巧く進行しておりますでしょうか?
      |                |:: :: :: :: |  .└─────────v─────┘
      |                └‐─‐┘ ┌┴┐;;::.._ ヒュン
      |______________|_|_|_|;;::::   ̄
.     /        ∧__∧         └‐┘           ハ∧
    /     / (  ・∀・ )               ___/⌒l    (ー゚ )
  /     /   (      ) _______.     ll/ ,/ |     | ∪
/      |'⌒l / ゝ、  /      /||    / l⌒l"   :|      |  |
        |. └‐.┐/し||  ̄ ̄ ̄ ||/」. ┌‐‐┘ |  /       し´J
        |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|     |___|/

  ┌───────^─────────────────────┐
  │ 僕をなめるな。まぁ君に言われたことをやっただけなんだけどな。
  │ ちゃんと空軍の方のも手を回したし、誰も手助けできるはずが無い。
  └

444 :30/35:2006/04/18(火) 23:42:39 ID:WmCeXARM
 ┌
 │ 目障りな特殊部隊どももいまは作戦中。
 │ DDD連隊もこれに気付くほど頭が回るまい。
 └───────v────────────┘
      |                |:: :: :: :: |    ii
      |                └‐─‐┘ ┌┴┐
      |______________|_|_|_|__
.     /        ∧__∧         └‐┘ ハ∧
    /     / (  ・∀・ )             (ー゚/⌒l
  /     /   (      ) _______.    と/ ,/ |
/      |'⌒l / ゝ、  /      /||     ιl⌒l"   :|
        |. └‐.┐/し||  ̄ ̄ ̄ ||/」. ┌‐‐┘ |  /
        |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|     |___|/

             ┌──────────^─────┐
             │ そうですか、では問題ありませんね。
             └

445 :31/35:2006/04/18(火) 23:43:11 ID:WmCeXARM
    ┌
    │  我々はギヌンガ渓谷を手に入れ。
    │  ファトーモラ殿はここで我々の攻撃を受けることなく、
    │  無事に5年の任期を終える。
    │  貴殿にとっては目障りな奴も消えるのでしょう?
    └──────v─────────────────┘
             ,-、      ,、
            / ::ヽ      /:::ヽ
           /   ::ヽ   /  ::ヽ
          ノ     :::ゝ /    :::ヽ
        /    -─- /       ::ヽ
         /                 ::ヽ
         /          ,--、     ::ヽ
       l              、__ノ        ::|
       |  ____,           :::l
       ヽ                  ::::ノ
       ヽ、              :::::/
         >             ::::::く、
       /             .....:::::::\

446 :32/35:2006/04/18(火) 23:43:42 ID:WmCeXARM
 ┌
 │ その通りだ、あの目障りな女がいるから僕が昇格できないんだ。
 │ それもこれも今回で決まる。5年ここで無事だったという箔がつけば
 │ すぐにでも大将さ。
 └───────v──────────────────────┘
      |                |:: :: :: :: |    ii
      |                └‐─‐┘ ┌┴┐
      |______________|_|_|_|__
.     /        ∧__∧         └‐┘ ハ∧
    /     / (  ・∀・ )             (ー゚/⌒l
  /     /   (      ) _______.    と/ ,/ |
/      |'⌒l / ゝ、  /      /||     ιl⌒l"   :|
        |. └‐.┐/し||  ̄ ̄ ̄ ||/」. ┌‐‐┘ |  /
        |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|     |___|/

     ┌────────────────^────────┐
     │ 素晴らしいことです。どうせ戦争も我々が生きているうちは
     │ 終わるわけもありません。余生をいかに飾るかをお考えの
     │ 貴殿は素晴らしいお方です。
     └

447 :33/35:2006/04/18(火) 23:44:15 ID:WmCeXARM
 ┌
 │ ぐふふふふ、そうだろうね。そうだろうさ。僕は素晴らしいんだ。
 └───────v───────────────────┘
                │ ── では、確認も終えたので私かこれで ──
                └────────v────────────┘
      |                |:: :: :: :: |    ii        ================================
      |                └‐─‐┘ ┌┴┐
      |______________|_|_|_|__       歯車のまわりで起きた異変
.     /        ∧__∧         └‐┘ ハ∧     均衡を崩したのは味方の裏切り
    /     / (  *・∀ )             (ー゚/⌒l
  /     /   (      ) _______.    と/ ,/ | ================================
/      |'⌒l / ゝ、  /      /||     ιl⌒l"   :|
        |. └‐.┐/し||  ̄ ̄ ̄ ||/」. ┌‐‐┘ |  /
        |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|     |___|/

   ┌──────^─────────────┐
   │ おや?もう戻るのかね?
   │ どうせ暇だろう、チェスでもしていかんかね?
   └

448 :34/35:2006/04/18(火) 23:44:56 ID:WmCeXARM

           r'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'ヽ
          (   ── 西とのとり引き?ぐんほーもの ・・・・・・           )
            )  たいちょーにいちおうつたえてかないと ── あ。        (
          (   かぎかけられてちゃ出られないかも。でんわもムリだし ── )
      |      丶〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〇'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'
      |                |.[__]゙| ,ノノ;;;ソヘゝ o   ==========================
      |                |:: :: :: :: |    ii  虐
      |                └‐─‐┘ ┌┴┐∀・::      ─── さぁ ───
      |______________|_|_|_| ;;;:::
.     /        ∧__∧         └‐┘ ハ∧   ==========================
    /     / (, ;・∀・ )             (ー゚/⌒l

            ┌───────────^─────────────┐
            │ あら、チェスですか?いいですね。どうせ暇ですし。
            │ ちなみに私、チェスをやりだすと朝方まで続きますんで。
     ┌───^────────┐
     │ え、マジで?そんなに?
     └

449 :35/35:2006/04/18(火) 23:45:32 ID:goUoYAPX

             r'⌒'[ ヨファイモラン ]'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'ヽ
            (                         )
              ) ── とうぶんれんらくできないかも。 (
            (                         )
             丶〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'´

          ==========================================

               黒い歯車よ   どのように回るのか

          ==========================================

450 :1/5:2006/04/18(火) 23:46:08 ID:WmCeXARM

  ┌
  │       The こんばんは
  └────────v───────┘

      ____              ___β
      (==((虐))            ((虐))==)
      爪,・∀・)           (・∀・ )
     (::::::<v>)    ('A`)      (<v>::::::)
     ( ̄__)__)  ┳━━━┳   (__(__ ̄)

  ┌────────^───────────────┐
  │ どうも〜中途半端に遅くなってゴメンナサイ最近忙しい
  │ んですよいやねそれはもうn(ry 作者です。
  └

451 :2/5:2006/04/18(火) 23:46:40 ID:WmCeXARM
 ┌
 │ 今回はちょっと、いや、かなりぬるいかもしれません。 
 │ 時間関係で矛盾要素が残り気味ですし(どうしても消せなかった)、
 │ もともとこの回は予定していなかった回なので、
 │ 10話へのつなぎみたいな感じにしました。
 │ 第7話を途中で終わらせてしまったのでこのようなことになってます。
 │ なにか問題ありましたら、指摘してください。いやマジで。
 └─────────v────────────────────┘

      ____              ___β
      (==((虐))            ((虐))==)
      爪,・∀・)           (・∀・ )
     (::::::<v>)    ('A`)      (<v>::::::)
     ( ̄__)__)  ┳━━━┳   (__(__ ̄)

 ┌───^─────────────────┐
 │ 第7話をそのまま作り続けてたら半端じゃない
 │ コマ数になってたかもねぇ。
 └
            ┌───────^─────────────┐
            │ 東と西を交互にやるスタイルは崩したくないしな。
            └

452 :3/5:2006/04/18(火) 23:47:15 ID:WmCeXARM

 ┌
 │ あと、この二人、名前ついてますが憶えなくていいと思います。
 │ 10話で出した後使う予定今のところ無いので。
 │ しかも大戦記と絡ませる予定も無いので。
 └─────────v─────────────────┘

      ____              ___β
      (==((虐))            ((虐))==)
      爪,・∀・)           (・∀・ )
     (::::::<v>)    ('A`)      (<v>::::::)
     ( ̄__)__)  ┳━━━┳   (__(__ ̄)

       ┌───────────^────────────┐
       │ 一応僕と西キャラの恋愛系話を考えはしてたけどな。
       │ ─── 見たい?キャラ多くて大変だろ?
       └

453 :4/5:2006/04/18(火) 23:47:55 ID:WmCeXARM

│ ん〜、本当は本編と大戦記を同時に貼ろうと思ってたんですけど
│ あっちの拡大に手間取ってしまって出来ませんでした。
│ 一応ここで今後の予定をば
│ 本編 第9話『 Restart 』 第10話『 Trap 』 第11話『 Cardinal 』
│ 大戦記 第3話『 最強の組み合わせ 』 第4話『 永遠の汚名 不朽の名誉 』
└──────────v──────────────────────┘

      ____              ___β
      (==((虐))            ((虐))==)
      爪,・∀・)           (・∀・ )
     (::::::<v>)    ('A`;)     (<v>::::::)
     ( ̄__)__)  ┳━━━┳   (__(__ ̄)

454 :5/5:2006/04/18(火) 23:48:31 ID:WmCeXARM
 ┌
 │ というわけで、次回は第9話『 Restart 』さね。
 │ 西のストーリーだよ。
 └───v────────────────┘
          │ 遅くなるかもしれないけど、ギブはしない。
          └────────v─────────┘

      ____              ___β
      (==((虐))            ((虐))==)
      爪,・∀・)           (・∀・ )
     (::::::<v>)    ('A`)     (<v>::::::)
     ( ̄__)__)  ┳━━━┳   (__(__ ̄)

  ┌─────────^─────────
  │ と、いうわけで。またお会いしましょう。
  │ さよーーーーーーーーーならーーーーー。
  └

455 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/19(水) 00:12:58 ID:p1OJAZRm
見させていただきました。乙です。
GJですよー!

456 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/19(水) 01:38:09 ID:hD06Pe59
久々に本編キタコレww
乙&GJ
ガンガレ(゚д゚)


457 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/04/19(水) 11:46:35 ID:/gKy0Q3w
◆LOfHzYl1Iw氏キテタ━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
相変わらずwktkする展開GJです!

>一応僕と西キャラの恋愛系話を考えはしてたけどな。
>─── 見たい?キャラ多くて大変だろ?

み、見たい・・・

458 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/05/01(月) 02:08:20 ID:HXPf5qeU
保守

459 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/05/03(水) 16:52:16 ID:AeTJe/ZE
保守

460 : ◆LOfHzYl1Iw :2006/05/03(水) 22:27:12 ID:5sjeBN+U
      ,______________________________,
     |i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|
     li         モラトスはギーファとの会話の後すぐに              il
     |i     三ヶ国の同意書と共に同盟締結及びギコ帝国への        i|
     li    一斉宣戦布告をすることに同意するよう上層に進言した         il
     |i                                              i|
     li    世界が同意しているものに異議を申し立てられる訳も無く       il
     |i  モララー国政府と軍部は3日という短い期間で応諾に踏み切った    i|
     li                                             il
     |i     ─── それから2週間 宣戦布告を3週間後に控えた日      i|
     li 大作戦会議のため各国の軍の代表団がチビ公国に集おうとしていた  il
     |i                                            i|
     li         そこには『 大国の若将軍 』の姿もあった              il
     |i______________________________ i|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

461 :2/74:2006/05/03(水) 22:28:59 ID:5sjeBN+U





================== Morara's War Another story ======================

         マターリモララーと虐殺モララーの戦争   外伝

          大戦記第三話   『 最強の組み合わせ 』

====================== Mata-ri VS Genocide =========================




.

462 :2/74:2006/05/03(水) 22:29:32 ID:5sjeBN+U

  ── チビ公国 東部拠点『 青龍城 』 ──

                      |>
                     /ソヽ
                     |_ |.
               _    /||;|| ̄ヽ     _
              /ロ:ロヽ   |_|_ii_|__|     /ロ:ロヽ
              _| _ _| ,   lロ;;ロ;;ロl     _| _ _| ,
           _ _ i `l´`l´`li  .|`‐―‐-´|   i `l´`l´`li _ _
          i `´‐|-‐―‐- |_|--‐―‐-l__|-‐―‐- |-`´ i
          |ロ _.|_|_ii_|_i_i  |ロ;;ロ;;ロ;;ロ;| i i |_|_ii_|_i_i_  ロ|
          |  | fーr‐‐ョ ir`‐‐‐ 、__|_ゞ-f-f-f-< ,   |
          r┘'='-!.i.|  ^ ̄ i´  ト、__i ノ.;'゙"'' =ゝ=.└l
       ______,|_,r'';';∩、,.,,r'゙';;. ii ! ii | .|     ヾ.,,.;'゙"'';.ノ.{ミトヽ |
  ,.;;'';;.,  }  ,;';;';, ii !,,..!∩.;'゙"'';;;..,,.!__ | .|;:';"':;,/{ミトヽ;..,,.ノミトュミ_´ヽ.;;''
  ;゙::,:';;::;ニ,.,__,.,___,.__.,,,.___};{_,.___,..,...,____`.,.._ヽ ノミトュミ_´ヾ"'lii;; l"゙"' ;゙::,:';;::;
 ;';';';;';;';';';;';';';';';;';';';';';';';';';';';';'{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.`ー-、ー}}ミトヾ .ノii;;::ヽ';';';';;';';';';'';';';';;';';';';'
  '"`' 、,,..,.,     ,.. ''"゙ ̄`''‐― - - - ''"""゙"゙" `゙''"゙`""''"''゙`""''"''゙`""''"''
        ゙"` '''丶,,.,._      ,'゙   ,'゙
              `゙"`''' 、,,.,,.,,,.,,_

463 :3/74:2006/05/03(水) 22:30:08 ID:5sjeBN+U

  ── 城内 大会議室 ──

      ┌
      │ ─── まったく、確かにギコ帝国と戦うとなっては
      │ どの国も手を抜けないのは確かだろうが ───
      └──────────v────────────┘

                     АA
                    (;-д□
           _____ [__(| †  ノ_]_______
        , ‐''´      旦              `''‐ ,
     , ‐''´                           `''‐ ,
  , ‐''´                                  `''‐ ,

464 :4/74:2006/05/03(水) 22:30:43 ID:5sjeBN+U
 ┌
 │ まさか4ヶ国全部がいきなり最強カード切ってくるとはな ・・・・・・
 └────────────v───────────────┘

                  ,     ,
                 / ヽ   / ヽ イヤ、コッチトシテハウレシインダガ
                / ̄ ̄ヽ─ ̄ ̄ヽ     コクボウノホウハイイノカトトイタイ
                 /          i
                  | ,、  ○    ┌──、
                   | (__)    ,-- ノ   __ ノ
               ヽ     _l___(  l´ `l
                >        )__/  /
               /      †    l   l

465 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/05/03(水) 22:31:14 ID:5sjeBN+U







                (,,゚д゚) テイウカアイツラオセェヨ






.

466 :5/74:2006/05/03(水) 22:31:51 ID:5sjeBN+U

  ── 城外 ──

;;:;::: .__ |;:  \  |^~~^~^^;:~.| |;:;:;;;::;:| |;:;;;;ノ/ヾヽ| |~~~.;; ‖~~゙゙| l丿ノ ^^^^^
~~ ~~ |;|^^  .| |       ..| |^^...^.|┌
    ..|;|   | |       | |   || ぐわっはっはっはっは!!!
    ..|;|    | |      | |   |│ ぬわぁ〜んでこんな山奥でやるんだぁ〜?
    ..|;|    | |      | |   ,.|└─────v──────────────┘
 ,,,_  .|;|    | |      | |    |,,|、  ;;'"゙~' ′      """   ゙^゙ヽ
  .゙゙^゙ヽ|;| ,,r゙゙   ^゙^゙ヽ  .r゙    r~゙" ゙ヽ""   """   """   """
      ~゙" ゙ """   ."""  """         ./□ヽ.""
              ∧ ハ               (  ・∀)
"゙゙""゙゙""゙゙""゙゙""゙゙..( ・∀)."゙゙""゙゙""゙゙.∧ ハ..゙゙""゙゙.(/   )  ∧,,ハ .゙゙""゙゙""゙゙""゙゙""゙
    ∧ ハ     (   ) ∧ ハ   ( ゚ー).、、;:...:,:(/ ∪   ミ,, メ∀ミ,:.;:...:,:.:.、、;:...:,:.
    ( ゚ー) ;:...:,:.. .(/ ∪ .( ・∀)  (   )   .;:...:,:.:. ∧£ハ   ミ
    (   )           (   )...:,:.(/ ∪.:,:.      .(  ・∀)'''∪ .;:...:,:.:.、、;:...:,:.
    (/ ∪           .(/ ∪                ミ    ノ
                                (/ ∪
          ┌───────────────^─────────┐
          │ 同感ネ〜、せめて朱雀城でミーティングしたかったワ〜。
          │ モー歩きすぎてミー疲れたなのよネ〜。
          └

467 :6/74:2006/05/03(水) 22:32:34 ID:5sjeBN+U
     ┌
     │ あぁん?ゴッタゴタぬかすんじゃねェよ、国防的にもここが一番なんだよ。
     │ てめぇらアホかァ?なぁ、アホだろなァオイ。
     └───────────────v────────────────┘
                   /⌒                   ___
           ..     />' ̄ ̄l/ヽ,               /|     |\
                   / ヽ──´   ヽ  .ミ、    ,ミ  /  `ー‐‐‐‐‐´ ヽ
              /.           ..ミ   ミ,,,,,,,ミ   ミ. | ● ト--イ ● .|
               l ● ト--イ ● .ミ          ミ.     ヽ__/   ノ
              ヽ、  ヽ__/   ミ メ ト--イ ● ミ`>      イ
               >      イ ミ    ヽ__/   ,ミ /        ヽ
              /        |   ミ       ミ / |        | ヽ
            / ,イ        |  ミ        ミ  .|        |、 ヽ
         =================================================

                     天下三刃の三大将軍

          ブースターを利用した武術でも最強と謳われる天下三刃
           それぞれのトップはチビ公国の誇る三大将軍でもある

            画面中央が 『 音響剣 』 フッサード ・ マドゥギーコ
            画面左が   『 天竜槍 』 ダマリーナ ・ コゾーウィン
            画面右が   『 激山斧 』 オーニニガル ・ イチョワ

         =================================================

468 :7/74:2006/05/03(水) 22:33:08 ID:5sjeBN+U
    ┌
    │ ─── 到着いたしました、
    │ 今回の会議場となるチビ公国東部拠点『 青龍城 』です。
    └────v────────────────────┘
                ─── キ キ ィ ッ
            _______.________________.
          , '"――――‐, '"――、-、_____________ヽ,
         ./ ∧___∧   //'~ ̄ ̄|.| |.i:―――――i|i――――――ii i|
         .i (´<_` )  i !  _,._|.| |.|        |||.           |l l|
       [;].!_っ⌒'と _0[;],l |  f _..┘| | !_____!|!______!!.l|
        ~l!=;:,...二二....,:;=iヨ.'ー''"~ . __ ! | li         |=========    l|
        li..,._.  ̄。 ̄. _.,..!.|   ........~ノ.....!...............................!............................. lll.iヨ
        il_`}≡≡{´_E|..::' /⌒ヽ'ヽ .|...............................|...../ ⌒ ヽ................|i
.        {=i:::::::[二]:::::::i=i::」  |i.(*).i;;;;|_i________i_|ii.(*).i;|___,ノ,!
         ̄ ̄ゞ三ノ  ̄ ̄ ̄ゞ_ノ ̄  ゞゞ三ノ    ̄ゞゞ_ノ~

469 :8/74:2006/05/03(水) 22:34:21 ID:5sjeBN+U
            ┌
            │ ご苦労さん、会議中に通信はよこさないようにな。
            └─────────────v────────┘
            _______.________________.
          , '"――――‐, '"――、-、_____________ヽ,
         ./ ∧___∧   //'~ ̄ ̄|.| |         |i|i――――――ii i|
         .i ( ´_>`)  i !  _,._|.| |.  ▲__∧.  ||||.           |l l|
       [;].!_っ⌒'と _0[;],l |  f _..┘| |  ( ´_ゝ`).. |!|!______!!.l|
        ~l!=;:,...二二....,:;=iヨ.'ー''"~ . __ ! |. (  .∧__▲.|.|=========    l|
        li..,._.  ̄。 ̄. _.,..!.|   ........~ノ.....!  | .(´<_` ).!............................. lll.iヨ
        il_`}≡≡{´_E|..::' /⌒ヽ'ヽ .|_(_.(     つ...../ ⌒ ヽ................|i
.        {=i:::::::[二]:::::::i=i::」  |i.(*).i;;;;|_i__.| |  ||_i_|ii.(*).i;|___,ノ,!
         ̄ ̄ゞ三ノ  ̄ ̄ ̄ゞ_ノ ̄  ゞゞ(__)_)  ̄ゞゞ_ノ~


470 :9/74:2006/05/03(水) 22:34:58 ID:5sjeBN+U
                 ┌
                 │ OK、OK、いい感じに田舎だな、弟者。
                 └──────────v──────┘
      │ たのむから失言だけはよしてくれよ、兄者。
      └────v──────────────┘
                                    ▲
                ▲               /;;;;;;ヽ /ヽ
           /ヽ  /;;;;;;ヽ           [;;;;;;;;;;;;;;;]´  ヽ
          /  -‐[;;;;;;;;;;;;;;;]              |  /   \ |
          |         |             |    、_ / |
          | /    \   |              ヽ       /
          ヽヽ _    ./            `>    <´
            ゝ..   -‐'ヽ            /     , ヽ、
           /        ヽ          /  /    | ヽ
             /  l      ヽ  ヽ        /  /     |)  l
         /   ,|        lヽ  ヽ      /  /l       | /
       ====================================================

                連邦のブレイン リュウセキ兄弟

        比較的軍事力の低いフーン連邦を大戦後期という激戦地で
              生き残らせている連邦の誇る天才兄弟

               画面右が アールドレニジャ ・ リュウセキ
               画面左が オトルバリジャ ・ リュウセキ

       ====================================================

471 :10/74:2006/05/03(水) 22:35:29 ID:5sjeBN+U
  (  :::ヾ      ))    (   )            ----===ニニニニ ___---
     ,,,)⌒))  :::ノ           ----ニニニニ三三        ( ⌒)
   ┌─[ ??? ]───────────┐         (  ⌒)  ::::) γ⌒ヾ
   │ 飛んでぇきたのはぁよいですぅがぁ。        ---===ニニニ三三      ノ
   │ 降りるぅところはぁあるのですかぁ?                    (  ⌒)
 ( .└─────────────────      --====三三    )   :::ノ
 ノ  ノ ..._/| lノ _  ̄ ̄~~''`ヽ ̄tフ .⌒`)  :::`)     ノ  ::)  (  ::: ))
  --- ―<_;__二二[;|〕 ̄二二ヾ;;;コヽ」..( _ ) _)) :::::::  (  ⌒)  )⌒`:::)
    ---ニ'^~ ̄   ~^ー―・'~.)) :::::::               ヽ.._,,.....,,_===ニニニ
             ヽ _ _ノ         ニニ三三三ニ.._/| lノ _  ̄ ̄~~'' )
                     (   )          ―<_;__二二[;|〕 ̄二二ヾ;;;
  ---====  三三        ノ  (( ⌒`)     ___'^~ ̄   ~^ー―・'~
            ̄ . ┌─[ ??? ]──────────────────┐
    ノ    :::)    .│ そうですねぇ ─── あ、あそこなら降りられそうです。 =
   (  ⌒) ----ニニ└────────────────────────
 γ  ノ::: ヾ            (  ⌒)  ).._,,.....,,_     _/  l,三三ニニニ
 (::::  )   )) :::::::      --ニ三ニニ..._/| lノ _  ̄ ̄~~''`ヽ ̄tフ     ::) ::(
  )  ----ニニニニニヽ_       ̄ . ―<_;__二二[;|〕 ̄二二ヾ;;;コヽ」  ./   ノ(
    ̄ ̄ ̄ ̄   ---  )    ---===ニ '^~ ̄   ~^ー―・'~      .ノ::: (  ))
 (   )   ))     ノ   ⌒ヽノ  ( :::  )   ノ ⌒`)  :::`)   (  ⌒`)
        (  :::)   (   ノ   ----ニニ   (:::   (   ) ::::)  ノ γ⌒


472 :11/74:2006/05/03(水) 22:36:00 ID:5sjeBN+U


                          _
                        / |
                       /   |
             _       /    |
           //>") > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ <  ノ⌒ヽ、;);;'~` _ノ
           > ¬ ̄ ̄^| |.|`} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\) \  '~` ;;;;))   )
        ̄==<__)___| |.|__}______))\ヽ--===l
       ∠ニ⊆lニ∠   ̄  ◎ ̄◎∠ニニl ノ⌒ヽ、;;;_ノヽ、_ノ


473 :12/74:2006/05/03(水) 22:36:33 ID:5sjeBN+U
         ┌
         │ わぁたしのところだぁけ
         │ 手ぇ抜きの気がするぅんですがぁ?
         └────────v───────┘

                    ,/ヽ__  /ヽ、
                   ,'^   `^´   '、
                   /ソヽiヽiヽiヽiヾii,  )
                   | ト-イ  \ (l !(
                      ,ヽ丶/     ),、)
                    ^ゝ..   -‐'、
                    l l     /  )
                     | |    /  /l
       ============================================

                  ナイツ( Knights )

              モナー共和国最強の航空部隊

         特に彼 ナイト ・ モナモナド ・ ラ ・ ゴンマエンド
         はエースパイロットで『 竜騎士 』と呼ばれている
                 正直一番描きづらい

       ============================================


474 :13/74:2006/05/03(水) 22:37:13 ID:5sjeBN+U

    ┌─[ モラトス ]───────────────┐
    │ ねぇねぇモラティナさんモラティナさん、
    │ どうして僕らまでここにこなくちゃいけないの?
    └─────────────────────

           ┌─[ モラティナ ]────────────────┐
           │ あれ?聞いてませんか?
           │ 今回の戦いでのわが国の総責任者は隊長ですよ?
           └───────────────────────

475 :14/74:2006/05/03(水) 22:37:43 ID:5sjeBN+U
ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝ;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ
ゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;  ;;ゝ ヾ;;;;ヽヾゝゞゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;; ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;  ;;ゝ ヾ;;;;ヽヾゝゞゞ;;;;ゝ;;
 ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;ゝヾヾ; ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;; ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;ゝヾヾ; ゞヾ;;ゝ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ
 ;ゝヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;ヽゞ|il:ヾ;;;ゝ;;: ヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;ヽゞ|il:ヾ;; ヽゝヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;ヽゞ|il:ヾ;;;ゝ;;: ヽ;;|;il|ゝヽ
    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|
    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|
    |;il| ,,((;;;ゝ);;));ヾ;;)    |;il| ,,((;;;ミ;;:)ゞ;:))ヾ::))   |;il|   |il|(;;;ミ:;ヾ;;;)!,;;)j;ヾ;;),|;il| ,,
、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ)ゝゝ;;;ミ、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ);;;ゝヾ;ヾ⌒;;)ゞ((;;;ゝヾ;ヾ
ゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;)ゞ((;;;ゝヾ; ∧_∧.;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;);;:ヾ;ヾ⌒
:;;;;;ゝヾ;ヽソ;;;) ∩_,,,, .ヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソ (・∀・ ) ;))ゝ;ミ;:;;:...∧_∧)ヾミ;ソ(;;;ゝ
'"''"`"´"''"'' (,;・∀・)   ,ソハヽo "''"''"`"´"''"'.(    ) .`"´"''"'.(・∀・ )"`"´"''"''
          (    )   (∀・ 川         ..Y   .∧_∧   .(    )
           Y 人.    (    )        (_,).(・∀・ )  .Y  人
        .(_,)J     Y  人                 (    )  (_,)J
                  (__)__)               .Y  人
                                      (_,)J
      ┌─^──────────┐
      │ うそん ・・・・・・ マジで?
      └

476 :15/74:2006/05/03(水) 22:38:44 ID:5sjeBN+U
   ┌─[ モラティナ ]────
   │ えらくマジですよ。
   └──────────┘ ______
        __|__|__|_ , ‐''´          `''‐.,__|__|__|__
      __|__|__|__/, ‐'' .┌─[ 門兵 ]────────────
      ___|__|__/;;/    │
      _|__|__|_|;;;|li    │  到着成されたぞ!開門!開門!
       ___|__|__|;;;|li    │
      _|__|__|_|;;;|li    └────────────────┘
       ___|__|__|;;;|li     /   |   \      il|;;;|__|__|__
      _|__|__|_|;;;|li   _|   |    .|_   .il|;;;|_|__|__|_
       ___|__|__|;;;|li       .|        .il|;;;|__|__ .∧
      _|__|__|_|;;;|li       .|        .il|;;;|_|__| <○>
       ___|__|__|;;;|li       .|        .il|;;;|__| ∧∧ ||._
      _|__|__|_|;;;|li       .|        .il|;;;|_|  (・∀・).|.|_
       ._______|;;;|li_____|______il|;;;|__.(   つ
                                       ∪∪ ||


477 :16/74:2006/05/03(水) 22:39:14 ID:5sjeBN+U

  ── 城内 大会議室 ──




                     АА
                         (,゚д゚,)
           _____ [__(| † |)_]_______
        , ‐''´      旦              `''‐ ,
     , ‐''´                           `''‐ ,
  , ‐''´                                  `''‐ ,


478 :17/74:2006/05/03(水) 22:39:44 ID:5sjeBN+U


           ┌
           │ ─── 4国とも来たか。
           │ ・・・・・・ つぅか4国とも遅刻か。
           └──────v───────┘

            お茶、すでに冷えきり
                 ↓
                     АА  ← 一人だけ時間通りに来た
                         (,゚д゚,)
           _____ [__(| † |)_]_______
        , ‐''´      旦              `''‐ ,
     , ‐''´                           `''‐ ,
  , ‐''´                                  `''‐ ,


479 :18/74:2006/05/03(水) 22:40:20 ID:5sjeBN+U
                          │.フーン連邦
                          │ ○...│
                          │ ↓...│
              ┌─────┴[ 北 ]┴─────┐
              │          ○ギーファ.        │
              │      ┌────┐      │
              │      │        │      │
        ───┤      │        │      ├───
    .チビ公国○→ 西        │        │      東  ←○モララー国
        ───┤      │   机   │      ├───
              │      │        │      │
              │      │        │      │
              │      └────┘      │
              │                        │
              └─────┬[ 南 ]┬─────┘
                          │ ↑ │
                          │ ○ │
                          │. モナー共和国


480 :19/74:2006/05/03(水) 22:40:51 ID:5sjeBN+U

             _    _ ┌┬┐
            /  /  |  | └┴┘
               /  /   |  |        ┌─┐
           /  /    |  |           └─┘  /|
             /  /     |  |        ___/ /     ┌┐
           ̄        ̄         |____/       ││
                                            ││
                                            └┘
                                         ○



481 :20/74:2006/05/03(水) 22:41:31 ID:5sjeBN+U
  ┌
  │ 遅れちまったぜェ!すまねぇなァ!
  └────v───────────┘
             │ 申し訳ない、遅刻してしまった。
             └───────v───────┘
                          │ だぁからなぁぜわたしだぁけ手抜きなぁのかぁ!?
                          └────────v─────────────┘

                           ▲       普通に12コマ目からの引用
         ,    ,,    ...     /ヽ    /;;;;;ヽ           ↓
        ミ ミ  ミ ミ    |   . /  `ーー[;;;;;;;;;;;]    |      ,/ヽ__  /ヽ、
     ミ   ミ‐  ミ    |   ./.          ヽ  |    ,'^   `^´   '、
      ミ  ,、      ミ   |   l  /    \ i   |   ./ソヽiヽiヽiヽiヾii,  )
      ミ. (__)、/ ト-イ ミ  |   .l ;    >     i   |    | ト-イ  \ ,、(l !(
     . ミ   /`  丶' .ミ   |   ヽ、   ──   ,ノ   |   ,ヽ丶/   (__)),、)
     `'''',-::.  ..彳    |    `>     イ      |     ^ゝ..   -‐'、

482 :21/74:2006/05/03(水) 22:44:54 ID:5sjeBN+U
              ┌
              │ まったく ・・・・・・ みんな会議に遅刻なんて何を考えてるんだい?
              └───────────────v────────────┘
\ミ#メ∀・ミ(#´_>`)∬#´∀`)WWWWWWWWWWWWW/
≫                               ≪
≫  てめぇもいま入ってきたところだろうが!!!  ≪
≫                     イキアガッテンゾ !!  ≪
/MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\

                     АА
                         (;゚д゚)            ∩_,,,,
           _____ [__(| † |)_]_______   (;-∀・) ゼェゼェ
        , ‐''´      旦              `''‐ ,と    )
     , ‐''´                           `''‐ , |
  , ‐''´                                  `''‐ ,

483 : ◆LOfHzYl1Iw :2006/05/03(水) 22:45:44 ID:5sjeBN+U




         __
        (/。 。ヽ)
         ヽ Д /  <  閑話休題
          ⌒



.

484 :22/74:2006/05/03(水) 22:46:14 ID:5sjeBN+U
 ┌
 │ ─── ったく、おちゃらけたヤロォだなぁおい?
 │ てめぇが『 若将軍 』モラトスかァ?だよなァオイ?
 └─────v────────────────┘
                       │ 若将軍かどうかは分かりませんが、まぁそうですよ。
                       │ 僕がモラトスです。
                       └──────────v────────────┘

   ./□ヽ.                     <
  (  ・∀)                   >              ∩_,,,,
  .(/   )  ∧,,ハ             <           (・∀・ )
   ∪∪   ミ,, メ∀ミ               >             (    )  ソハヽo
     .∧£ハ    ミ             <               |  |  |  (∀・ 川
     .(  ・∀)∪''∪               >             (_(__) .(    )
     ミ    ノ                <                        |  |  |
      ∪∪                  >                 (_(__)

┌───^───────────────────┐
│ ウワサどおりヤングなのネ〜。
│ ミーも若い方ダケドそれでも結構離れてそうだワ〜。



485 :23/74:2006/05/03(水) 22:46:44 ID:5sjeBN+U
  ┌
  │ だっはっはっはっは!!!
  │ 面白そうでいいやつじゃ〜ないかぁ〜〜〜!!!
  └───────v──────────────┘

             ./□ヽ.
            (  ^∀)
            .(/   )  ∧,,ハ
             ∪∪   ミ,, メ∀ミ
               ∧£ハ    ミ
                  .(  ・∀)∪''∪
               ミ    ノ
                ∪∪


486 :24/74:2006/05/03(水) 22:47:14 ID:5sjeBN+U
   ┌
   │ それに確か ──────
   └──────v──────┘

                   __ ヽヽ     ヽヽ
                     /    /  ヽ
              !        /\   /    ヽ    ツ
             li !
             i li !
            从、, j    ∧,,ハ
            ),r^ 从;;^)てミ,, メ∀ミ
               ∧£ハ    ミ
                  .(  ・∀)∪''∪
               ミ    ノ
                ∪∪


487 :25/74:2006/05/03(水) 22:47:44 ID:5sjeBN+U


  ┌
  │ すごく強いんだったよな〜〜〜ぁ。
  └─────────v──────┘
                    ヒュン
      , ‐''´ ̄`''‐ = ‐
    - = .l ̄ ̄l /  /□ = -
      `='=='=='===lヽ ・∀・)
             - =   ノ              oソハヽo
             ι ´ソ´    ∩_,,,,      リ ・∀・ リ
                     ( ・∀・ )    (    )
                     (    )     |  |  |
                        |  |  |     .(_人_)
                      (_人_)


488 :26/74:2006/05/03(水) 22:48:19 ID:5sjeBN+U
   ┌
   │                      ____  ┌┬┐
   │  なっ! ─── たいちょ|___  | └┴┘
   │                     / /     ┌─┐ _
   └──────v─────   /  ヽ、      └─┘ / /
                      / /\_l    ┌──´ /
                       ̄         └───´

             ,-''~ ̄ ̄~~丶
            (〇),       ヾ
           丿  ソソヽiヽiヽi,'ヾ|
           /   l  , ● ┌‐|、
          l     ヾ( )    .ノ__/ !
           ヽiヽヽi`ー,-:.  ..イヽヽi
                 /     | ̄ ̄ ̄ )
                 /  /    | ̄ ̄ ̄


489 :27/74:2006/05/03(水) 22:48:48 ID:5sjeBN+U
                       /ヽ、
              /`''‐  ヽ、 .ヽ、
             /    `''‐ヽ、 ヽ、__
                 |         ヽ、 .ヽ、ヽ
                 l        / ヽ、 .ヽ、ヽ
                 |        /    ヽ、 .ヽ、ヽ
                 l       \       ヽ、 .ヽ、ヽ
                |          \       ヽ、 .ヽ、ヽ
             ヽ、        \     ヽ、 .ヽ´
                 ヽ、           \    ./ヽ、 .ヽ、
               ヽ___          \/    ヽ、 .ヽ、
               /   ヽ,、                ヽ、 .ヽ、
               l     l              / ヽ、 .ヽ、
               ヽ    ノ、           /    ヽ、 .ヽ、
                /   /  .ヽ、_____/      ヽ、 .ヽ、
                  /    /                   ヽ、 .ヽ、
              /   /                     ヽ、 .ヽ


490 :28/74:2006/05/03(水) 22:49:19 ID:5sjeBN+U





                    ,、
                 /.,‐''´l         ソハヽo
                    //  /.∩_,,,,    (・д・;川
                 //  ,(`( ・∀・ )   と と  )
           ./□ヽ // ヽ/ ヽ    )   ( (  (
           ( ・∀・)つ       |  |  |    (_(__)
           (,し―、つ       (_人_)

491 :29/74:2006/05/03(水) 22:49:50 ID:5sjeBN+U

          ┌
          │ 力試しなのでしたらよしてくださいよ。
          │ ここはそういう場所じゃないよね?
          └────────v────────┘

                    ,、             ツゥカドコニオノモッテタンダ
                 /.,‐''´l         ソハヽo
                    //  /.∩_,,,,    (・д・;川
                 //  ,(`( ・∀・ )   と と  )
           ./□ヽ // ヽ/ ヽ    )   ( (  (
           ( ・∀・)つ       |  |  |    (_(__)
           (,し―、つ       (_人_)


492 :30/74:2006/05/03(水) 22:50:24 ID:5sjeBN+U

       ┌
       │ ( うおっ!?いきなりまずい展開か ── !? )
       │
       │ おいお前ら!なにを ───
       └─────────v────────────┘

                     АА
                         (;゚д゚)
           _____ [__(| † つ]_______
        , ‐''´      旦              `''‐ ,
     , ‐''´                           `''‐ ,
  , ‐''´                                  `''‐ ,


493 :31/74:2006/05/03(水) 22:50:54 ID:5sjeBN+U


       ┌
       │ ─── してぇいるんですかぁ?まぁったく。
       └─────────v──────────┘


       ∧_∧                     ∧_∧
       ( ´∀` )          ∧_∧       ( ´∀` )
       (    )         (´∀` ∬.      .(    )
         .|  |  |_____ [(___)]______.|  |  |
       (_, ‐''´                      `''‐ ,__)
     , ‐''´                           `''‐ ,
  , ‐''´                                  `''‐ ,


494 :32/74:2006/05/03(水) 22:51:25 ID:5sjeBN+U

    ┌
    │ OK、OK、さっさと座れよ厨b.┌
    └────────v────│ 頼むから焚きつけるな兄者。
                            │ ・・・・・・ 早く会議を始めよう。
                            └────v────────┘


                  ▲__∧          ∧_▲
                   ( ´,_ゝ)          (´<_`;)
     _______[(____)]_____[(___)]________
   /
  /


495 :33/74:2006/05/03(水) 22:51:56 ID:5sjeBN+U


  ┌
  │ なんだよ 〜〜〜、僕は悪くないと思うよ?
  └───────v───────────┘


              スッ ...     ソハヽo                      ∧_∧
              ∩_,,,,.       (∀・;川                     (∀`  ,)
              (・∀・;,).     (    )                  (    )
_______[(____.)]____|_|_|___________.| | |
                                          \__(__)
                                           \
                                             \


496 :34/74:2006/05/03(水) 22:52:29 ID:5sjeBN+U

  ┌
  │ そうネ〜。今のはカンペキに
  │ オーニニガルが悪い感じなのよネ〜〜〜。
  └───────v───────────┘
               ┌
               │ ハッ!なんともなかったんだからいいじゃねェか。
               │ オラ!!さっさとこっち来て座りやがれ!!!
               └──────v───────────────┘


                ∧£∧        ∧,,,,∧
               ( ・∀・ )        ..ミメ∀・ミ
  ______[(____)]____[ミ____ミ]_____[____]____



497 :35/74:2006/05/03(水) 22:52:59 ID:5sjeBN+U
 ┌─[ ダマリーナ ]──────────────
 │ それより喉渇いたネ〜、紅茶プリーズ〜〜〜。
 └─────────┬─[ フッサード ]─────┴──┐
                     │ オレ緑茶な、さっさと持って来い。
      ┌─[[ リュウセキ兄弟 ]]─────┬──────
      │ OK、間を取ってウーロン茶で。
      └─────────┬──[ モナモナド ]────────┐
                          │ アールグレイはぁありますかぁ?
                          └────────────────
             r'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'ヽ
            (  ・・・・・・ 心配しすぎだったか、     )
              )  流石に有能な奴らとなると違うな。(
            (  さっきのも本気ではないだろうし。  )
             丶〜'⌒'〇'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'´
                   O
                    o
                     АА
                         (;゚д゚,)
           _____ [__(| † |)_]_______
        , ‐''´      旦              `''‐ ,


498 :36/74:2006/05/03(水) 22:53:29 ID:5sjeBN+U

 ┌
 │ じゃあ僕はヴァンタがいいな。
 └───────v──────┘
              │ なぜ一人だけジュースなんですか。
              └──────v─────────┘

                 .     ソハヽo
              ∩_,,,,.       (・∀・川
              (・∀・ ).     (    )
_______[(____.)]____|_|_|_________



499 :37/74:2006/05/03(水) 22:53:59 ID:5sjeBN+U
    ┌
    │ え〜〜〜、別にいいじゃん清涼飲料水でも。
    └────────v───────────┘

                            ・・・・・・ それにしても ───
             /⌒ヽ
             |   |--''''''''ヽ、
            /         |
             |   ● ト-イ ●|
            ヽ    丶'   /
              `ー,-:.  ..イ
                /     ヽ、
             /  /    ト、丶
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


500 :38/74:2006/05/03(水) 22:54:29 ID:5sjeBN+U

       ┌
       │ 漢字使ってもダメです、会議の場でジュース飲む人が居ますか。
       │ 適当にこちらもお茶でお願いします。
       └──────────v─────────────────┘

  ─── 調子に乗って片手で止めるんじゃなかったなぁ。
          ・・・・・・ まだ右手しびれてるや ・・・・・・

                 .     ソハヽo
              ∩_,,,,.       (・∀・川
              (∀・  ,).     (    )
_______[(____.)]____|_|_|_________



501 :39/74:2006/05/03(水) 22:54:59 ID:5sjeBN+U

                      ┌
                      │ ぐわっはっはっは!
                      │ じゃ〜あわても茶を頼むぞぉ〜〜〜!
                      └────────────v────┘


             ∧,,,,∧
            .ミメ∀・ミ                        /□\ トテトテ
  _____[ミ____ミ]_____[____]______(∀・  )
                                      \    )
                                        \∪
                                         \


502 :40/74:2006/05/03(水) 22:55:29 ID:5sjeBN+U

  ┌
  │ ─── なさけねぇヤロォだなァオイ?
  └──────v──────────┘
             │ がはははは ・・・・・・ まぁそんなこというなぁ。
             │ しかぁしまぁ、まさか全力の一撃がとめられるとはなぁ。
             └─────────v──────────────┘


             ∧,,,,∧               /□\ ピョコン
            .ミメ∀・ミ           .( ・∀・ )    ← 実は高いいすを使っている
  _____[ミ____ミ]______[(____)]______


503 :41/74:2006/05/03(水) 22:56:03 ID:5sjeBN+U


  ┌
  │ それにしてモ、ミーたちが作ったブーストシステムを
  │ 使いこなされてるってのは、癪なのネ〜。
  └───────v───────────────┘
               │ あぁん?ブーストシステムだァ?
               └──────v────────┘


                ∧£∧        ∧,,,,∧           /□\
               ( ・∀・)         ..ミメ∀・ミ           ( ・∀・ )
  ______[(____)]____[ミ____ミ]_____[(____)]____


504 :42/74:2006/05/03(水) 22:56:34 ID:5sjeBN+U

  ┌─[ フッサード ]────────────────────
  │ あのガキからはブースターの『 リズム 』が聞こえねぇがなァ。
  └──────────────────────────┘
                 ┌─[ ダマリーナ ]──────┐
                 │ Hum?それはつまり ───
                 └─────────────
        ┌
        │ さて、もうそろそろ作戦会議を始めようか。
        │ 始める前になにか発言のある奴はいるか?
        └────────v───────────┘

                     АА
                         (,゚д゚,)
           _____ [__(| † |)_]_______
        , ‐''´      旦              `''‐ ,


505 :43/74:2006/05/03(水) 22:57:09 ID:5sjeBN+U

           ┌
           │ 一つよろしいかな?枢機卿。
           └──────v──────┘
                                 ┌─[ ギーファ ]──────────┐
                  スッ ・・・       │ おっと、どうぞ、アールドレニジャ殿。
                 __             └───────────────
                /  ヽ                 ┌
               l  l⌒l  ▲   、           │ 実は ───
               ヽ   / /;;;;;;ヽ ./ ヽ         └y──────┘
                |  |[;;;;;;;;;;;;;;/     ヽ
                 |  |.l          |
                |   |  /   \   |
                ヽ  ヽ ヽ _    /
                 ヽ  ゝ     -‐',
                  ヽ         ヽ


506 :44/74:2006/05/03(水) 22:57:39 ID:5sjeBN+U



      ┌─[ アールドレニジャ ]─────────────┐
      │ 我々フーン連邦は、この戦いから降りようと思う。
      └──────────────────────



.

507 :45/74:2006/05/03(水) 22:58:09 ID:5sjeBN+U




                 /ヽ    /ヽ
                 / ̄.ヽ_/ ̄.ヽ
               /         ヽ
               |  二    二  |
                |     _      .|
               ヽ    /_ヽ   /
                \_    _/

508 :46/74:2006/05/03(水) 22:58:39 ID:5sjeBN+U

  ┌─[ ギーファ ]──────────
  │ な ・・・・・・ なにをいまさら ───
  └───────────────┘
                 ┌
                 │ 違う違う違う!言い方おかしいだろ兄者!
                 │ 我々は対ギコ帝国戦には参加する!
                 │ 今言ってるのは ───
                 └─────────v─────────┘
              プッ
                  ▲__∧          ∧_▲
                   ( ´,_ゝ)          (<_`; )
     _______[(____)]_____[(___)]________
   /
  /

509 :47/74:2006/05/03(水) 22:59:10 ID:5sjeBN+U


      ┌─[ オトルバリジャ ]──────────┐
      │ 我々はこの作戦が終了しだい、
      │    『 大戦 』から降りる。と言ってるんだ。
      └───────────────────

                     ll  ゙̄lll,,,lllllllllli,、
           ,ill,,,          ゚゙゙llll,,,、    !i,、
          ,i! .゙!i           `ll フーン゙゙lii、
         ,ll゙° ll,,,,              ll   連邦.!,,,,,,
         .ll`   ゙゙l,,,,,,,,,,,,,,lll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,l___/ ̄ ̄lllllll,,,,
      .,,,,,,,ll゙\          ̄^        |      ゙'゙l,,
      ll゙゙′   \     チビ公国      /           ゙ll,

510 :48/74:2006/05/03(水) 22:59:44 ID:5sjeBN+U


                    はぁ?



          А_А    ∩_,,,,     ∧,,∧    ∧_∧
          (゚ д ゚ )   (・∀・ )   ミメ∀・ ミ   (´∀`∬
         .ノ(  )ヽ   ノ(  )ヽ  ノミ  ミヽ   ノ(  )ヽ
           <  >     <  >     <  >       <  >

511 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/05/03(水) 23:00:21 ID:5sjeBN+U
             作品の途中ですが次スレにいきます
       http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1146662629/


          А_А    ∩_,,,,     ∧,,∧    ∧_∧
             (゚ д ゚)   ( ・∀・ )   ミ メ∀・ ミ  .∫´∀`∫
         .ノ(  )ヽ   ノ(  )ヽ  ノミ  ミヽ   ノ(  )ヽ
           <  >     <  >     <  >       <  >

512 : ◆LOfHzYl1Iw :2006/05/03(水) 23:10:03 ID:5sjeBN+U
次スレに書き込んでも反映されないです('A`)
間違ってsageでスレ立てたのがダメだったのかな?とりあえず一旦停止さてもらいます。
というか、誰か原因教えてください('A`)

513 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/05/03(水) 23:30:34 ID:fzjASxSk
◆作品投稿中に書き込んだはずなのに書き込みが反映されていない場合

WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

上のようなWの連続を含むコマ(※叫び声のフキダシなどに注意)等のNGワードを含むコマを何回か貼ると、
NGワードを含むコマの書き込みが反映されなくなります。
これを回避するにはNGワードを別の文字に置き換えてください。
--------------------------------------------------------------------------
これじゃね?

514 : ◆LOfHzYl1Iw :2006/05/03(水) 23:33:08 ID:5sjeBN+U
>>513
どこにNGワードあったのか解りませんがたぶんそうかもしれません。
レスありがとうございました。

515 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/05/04(木) 23:18:54 ID:pQkhLHZ+
おつおつ

516 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/05/05(金) 16:42:21 ID:YYtbEVjI
       〈 ̄ヽ
 ,、____|  |____,、
〈  _________ ヽ,
 | |             | |
 ヽ'  〈^ー―――^ 〉   |/
    ,、二二二二二_、
   〈__  _  __〉
      |  |  |  |
     / /  |  |    |\
 ___/ /  |  |___| ヽ
 \__/   ヽ_____)


517 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/05/06(土) 16:48:57 ID:k8EPDixM



































518 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2006/05/06(土) 16:49:28 ID:k8EPDixM





















































501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)